月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【リレー】兒玉、鶴田が初タッグの女子4継日本選抜44秒00/木南記念


◇木南道孝記念(10月24日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

木南道孝記念が10月24日に行われ、女子4×100mリレーでは日本選抜チームが編成され、44秒00をマークした。日本は1走・湯淺佳那子(三重県スポーツ協会)、2走・兒玉芽生(福岡大)、3走・齋藤愛美(大阪成蹊大)、4走・鶴田玲美(南九州ファミリーマート)のオーダー。

10月上旬の日本選手権で快走を見せた兒玉、鶴田が初めて顔をそろえた4継。冷え込むコンディションの中でも、湯淺が持ち前のスタートで飛び出すと、兒玉が圧巻の走りで一気に加速する。同学年の齋藤とのバトンパスは少し詰まったものの、齋藤もコーナーをスムーズに走り、鶴田も中盤以降の走りでグングンと後続と差を広げた。

2016年以来となる44秒切りはならなかったものの、世界リレー選手権、そして東京五輪へと少し光が見える好タイム。女子短距離新世代を担う兒玉・鶴田を中心に、世界への挑戦は続く。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com