月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【三段跳】廣田麟太郎が高校歴代4位タイの15m84で完勝「支えてもらった人のために跳ぶ」/全国高校

◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)2日目

高校日本一を決める全国高校大会の2日目に行われた男子三段跳は、廣田麟太郎(長崎日大3長崎)が15m84(+0.7)を跳んで優勝した。

「とにかく痛くかったですが、先生や仲間、運営役員の方々の顔を見て痛いなんて言っていられない、と」。3週間前に左脚を痛めた廣田。「気合を入れて跳んだ」という1回目に自己ベストとなる15m84(+0.7)。高校歴代4位タイの好記録だった。ケガをしたことで、「痛くない跳び方を意識したのですが、それは良いフォーム」と収穫をつかんだという。2回目で痛みに耐えられず、3、4回目はパスしたが、そのまま逃げ切ってタイトルを獲得した。

廣田は高校1年で14m77を跳んで注目を集めた逸材。恩師である佐伯直也先生の下で「人間的に成長できました。今は支えてもらった人のために跳ぼうと思えます。今回、佐伯先生に恩返しできてよかった」と話した。今後も「人間力を磨けば、競技力が伸びていくと思っています。先生のような人間になれるように、当たり前のことを当たり前にできるように成長していきたいです」と、まっすぐな視線を向けていた。

■男子三段跳
廣田麟太郎(長崎日大3)15m84(0.7)
末盛  巧(修道2広島)15m26(-0.2)
常泉 光佑(市船橋2千葉)15m22(0.9)※セカンド記録の差で3位
イベル・ブランドン(洛南3京都)15m21(0.4)
北川  凱(東海大翔洋2静岡) 15m10(-1.2)
吉岡 悠輝(四学香川西3香川) 15m08(-1.6)
中村 勇斗(鹿児島3鹿児島)  15m04(+1.7)
宮尾 真仁(洛南1京都)    14m78(-1.3)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com