HOME 高校

2020.10.24

【三段跳】廣田麟太郎が高校歴代4位タイの15m84で完勝「支えてもらった人のために跳ぶ」/全国高校
【三段跳】廣田麟太郎が高校歴代4位タイの15m84で完勝「支えてもらった人のために跳ぶ」/全国高校

◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)2日目

高校日本一を決める全国高校大会の2日目に行われた男子三段跳は、廣田麟太郎(長崎日大3長崎)が15m84(+0.7)を跳んで優勝した。

「とにかく痛くかったですが、先生や仲間、運営役員の方々の顔を見て痛いなんて言っていられない、と」。3週間前に左脚を痛めた廣田。「気合を入れて跳んだ」という1回目に自己ベストとなる15m84(+0.7)。高校歴代4位タイの好記録だった。ケガをしたことで、「痛くない跳び方を意識したのですが、それは良いフォーム」と収穫をつかんだという。2回目で痛みに耐えられず、3、4回目はパスしたが、そのまま逃げ切ってタイトルを獲得した。

廣田は高校1年で14m77を跳んで注目を集めた逸材。恩師である佐伯直也先生の下で「人間的に成長できました。今は支えてもらった人のために跳ぼうと思えます。今回、佐伯先生に恩返しできてよかった」と話した。今後も「人間力を磨けば、競技力が伸びていくと思っています。先生のような人間になれるように、当たり前のことを当たり前にできるように成長していきたいです」と、まっすぐな視線を向けていた。

■男子三段跳
廣田麟太郎(長崎日大3)15m84(0.7)
末盛  巧(修道2広島)15m26(-0.2)
常泉 光佑(市船橋2千葉)15m22(0.9)※セカンド記録の差で3位
イベル・ブランドン(洛南3京都)15m21(0.4)
北川  凱(東海大翔洋2静岡) 15m10(-1.2)
吉岡 悠輝(四学香川西3香川) 15m08(-1.6)
中村 勇斗(鹿児島3鹿児島)  15m04(+1.7)
宮尾 真仁(洛南1京都)    14m78(-1.3)

◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)2日目 高校日本一を決める全国高校大会の2日目に行われた男子三段跳は、廣田麟太郎(長崎日大3長崎)が15m84(+0.7)を跳んで優勝した。 「とにかく痛くかったですが、先生や仲間、運営役員の方々の顔を見て痛いなんて言っていられない、と」。3週間前に左脚を痛めた廣田。「気合を入れて跳んだ」という1回目に自己ベストとなる15m84(+0.7)。高校歴代4位タイの好記録だった。ケガをしたことで、「痛くない跳び方を意識したのですが、それは良いフォーム」と収穫をつかんだという。2回目で痛みに耐えられず、3、4回目はパスしたが、そのまま逃げ切ってタイトルを獲得した。 廣田は高校1年で14m77を跳んで注目を集めた逸材。恩師である佐伯直也先生の下で「人間的に成長できました。今は支えてもらった人のために跳ぼうと思えます。今回、佐伯先生に恩返しできてよかった」と話した。今後も「人間力を磨けば、競技力が伸びていくと思っています。先生のような人間になれるように、当たり前のことを当たり前にできるように成長していきたいです」と、まっすぐな視線を向けていた。 ■男子三段跳 廣田麟太郎(長崎日大3)15m84(0.7) 末盛  巧(修道2広島)15m26(-0.2) 常泉 光佑(市船橋2千葉)15m22(0.9)※セカンド記録の差で3位 イベル・ブランドン(洛南3京都)15m21(0.4) 北川  凱(東海大翔洋2静岡) 15m10(-1.2) 吉岡 悠輝(四学香川西3香川) 15m08(-1.6) 中村 勇斗(鹿児島3鹿児島)  15m04(+1.7) 宮尾 真仁(洛南1京都)    14m78(-1.3)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top