HOME 駅伝

2024.06.24

日体大は3大会ぶりの伊勢路行き決める 5人の3年生中心で確実にレース進める/全日本大学駅伝関東選考会
日体大は3大会ぶりの伊勢路行き決める 5人の3年生中心で確実にレース進める/全日本大学駅伝関東選考会

最終組でレース後に喜び合う日体大の山崎丞(右)と平島龍斗

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)

第56回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、日体大がトータル3時間55分55秒62で4位に入り、2021年以来3大会ぶり44回目の伊勢路行きを決めた。

3組終了時点で総合4位につけていた日体大。最終4組で平島龍斗(3年)が28分56秒14で9位、山崎丞(同)が28分59秒96で13位。ゴールした2人は通過を確信したかのように2人でハイタッチし、笑顔で抱き合って健闘を称えあった。

腕に『伊勢路へ!』と力強くペンで書きレースに挑んだ平島は「日本人集団で上位を狙っていました。3組目までいい走りをしてくれていたので力になった」。山崎も「今日に状態をしっかり合わせられた。確実にレースを進めるという指示を体現できました」。3年生がエントリー8人中5人を占める中、トップの東海大との差はわずか27秒41。堂々たる4位通過を2人が締めくくった。

今年1月の箱根駅伝では往路21位、復路11位、総合16位に沈んだが、半年でチームを立て直した。玉城良二駅伝監督は「故障者なく現時点でのチームのベストメンバーが組めた。駅伝の区間配置に例えて、1組で遅れると流れが来ない。うちは最後に大エースとか留学生を持っているわけではないので、確実に各組2人で10番前後を狙った」。組が進むごとにその都度状況を指示し、選手たちがうまく走り切った。

関東インカレ1部10000mでは住原聡太(4年)が28分41秒88の自己新で9位、分須尊紀(同)も28分55秒20の自己新で14位と、4年生が存在感を示した。しかし、この日の選考会は「3年生たちがここにかけていました」(玉城監督)。箱根は体調不良で欠場していた山崎は「昨季は上級生に頼り切りな面もありました。3年生中心で今回通過できる所まできた。これを箱根まで継続したいです」と語る。

4位通過の発表にも引き締まった表情で会場を後にした日体大。今後は箱根予選会に向け強化に入る。玉城監督は「ここで浮ついた気持ちになってはいけません。10000mでこれだけ走れたので、今度は20kmで勝負できるというところへ持っていきます」。梅雨の激戦を乗り越えた日体大。夏から秋、そして正月のリベンジへ動き出す。

文/荒井寛太

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第56回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、日体大がトータル3時間55分55秒62で4位に入り、2021年以来3大会ぶり44回目の伊勢路行きを決めた。 3組終了時点で総合4位につけていた日体大。最終4組で平島龍斗(3年)が28分56秒14で9位、山崎丞(同)が28分59秒96で13位。ゴールした2人は通過を確信したかのように2人でハイタッチし、笑顔で抱き合って健闘を称えあった。 腕に『伊勢路へ!』と力強くペンで書きレースに挑んだ平島は「日本人集団で上位を狙っていました。3組目までいい走りをしてくれていたので力になった」。山崎も「今日に状態をしっかり合わせられた。確実にレースを進めるという指示を体現できました」。3年生がエントリー8人中5人を占める中、トップの東海大との差はわずか27秒41。堂々たる4位通過を2人が締めくくった。 今年1月の箱根駅伝では往路21位、復路11位、総合16位に沈んだが、半年でチームを立て直した。玉城良二駅伝監督は「故障者なく現時点でのチームのベストメンバーが組めた。駅伝の区間配置に例えて、1組で遅れると流れが来ない。うちは最後に大エースとか留学生を持っているわけではないので、確実に各組2人で10番前後を狙った」。組が進むごとにその都度状況を指示し、選手たちがうまく走り切った。 関東インカレ1部10000mでは住原聡太(4年)が28分41秒88の自己新で9位、分須尊紀(同)も28分55秒20の自己新で14位と、4年生が存在感を示した。しかし、この日の選考会は「3年生たちがここにかけていました」(玉城監督)。箱根は体調不良で欠場していた山崎は「昨季は上級生に頼り切りな面もありました。3年生中心で今回通過できる所まできた。これを箱根まで継続したいです」と語る。 4位通過の発表にも引き締まった表情で会場を後にした日体大。今後は箱根予選会に向け強化に入る。玉城監督は「ここで浮ついた気持ちになってはいけません。10000mでこれだけ走れたので、今度は20kmで勝負できるというところへ持っていきます」。梅雨の激戦を乗り越えた日体大。夏から秋、そして正月のリベンジへ動き出す。 文/荒井寛太

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top