HOME 高校

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東
男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

24年インターハイ南関東大会男子走高跳を制した清水怜修(明星学園1)

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目

夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人が同記録、同じ失敗試技数となり2つの決定戦が同時に行われた。

男子走高跳の優勝争いは、実績ある1年生と、急成長中の3年生による異色のマッチレースが白熱する。昨年の全中優勝者である清水怜修(明星学園1東京)は1m90を皮切りに、1m95をパスして1m98、2m01を軽やかにクリア。谷垣雄大(駒場3東京)は東京都大会を3位(1m98)で通過していた選手。こちらも1m90から4度の試技を無傷で進み、自己タイの2m01を鮮やかに越えた。

2m04に清水と谷垣、星海成(板橋1東京)の3人が挑戦。星は1m98を3回目に、2m01を2回目にバーを揺らしながら成功させて食い下がったが、ここで力尽きる。東京都勢は1~4位を占めた。

清水がこの2m04で2回の失敗を経るも、いずれも十分な高さを出してきた。踏み切りに頼っていた跳躍を、持ち味のスピードを生かしたものに改良。遠ざけた踏み切り位置から幅の大きなジャンプを生み出す。失敗を経て踏み切り位置を調整。3回目になって、バーに触れないクリアランスを決めた。

対して、谷垣による2m04の1、2回目。上から落ちたお尻でバーを落としていた。絶対絶命と思われた3回目、リズムで弾む助走から、持ち味の踏み切りで183cmの長身に上昇力を生む。起死回生のジャンプで清水に並んだ。

2m07を2人とも失敗し、同失敗試技数でジャンプオフ(1位決定戦)へ。2人とも「陸上人生の中で初めて」。清水は「1回でも失敗したらいけない」と身構え、谷垣は「驚きましたが、また2m07に挑戦できるのか! と思いました」とますます身体を弾ませた。

ジャンプオフは最後に設定した高さである2m07からスタート。両者が成功すれば2cm上げ、両者が失敗したら2cm下げて続行。成功と失敗に明暗が分かれるまで、エンドレスの攻防戦だ。疲れが見える中で、2人は2m07と2m05に失敗。2m03で清水が成功、谷垣が失敗して決着がついた。

清水はジャンプオフに入ってから手拍子を誘導。スタンドも呼応してショーアップ。ただ内心は緊張していて、「仲間の大応援に励まされました」と感謝した。高1歴代最高の2m15を目標に掲げている。

谷垣は「実績ある彼に引っ張ってもらえました。楽しかったです」と、敗れてもすがすがしい表情。高1の時に腰椎分離症を、高2の12月には椎間板ヘルニアを患い、長い間痛みと付き合いながら「その中でもできることに取り組んできました」。5月に入ってからこれまでの痛みが劇的に改善し、短期間で跳躍を作ってきた。今回の自己新をステップに、2m10の大台を望む。

もう1つのドラマが、全国大会出場者決定戦。通常の地区は1位決定戦を終えた後に行うのだが、北関東の熱戦を終えた後の隣のピットを有効活用。足合わせを行い、隣で白熱中の1位決定戦からやや遅れてスタートした。朝岡光輝(八千代松陰2千葉)とが浅野敦哉(旭丘3神奈川)が切符1枚を争った。

こちらは、1m98を両者が失敗。続いて1m96を両者とも成功。そして再び戻った1m98で決着。後攻の朝岡が「5度目の挑戦」で成功させた。全国出場者決定戦に敗れても6位であることは変わらない。

このほか、男子200mは山﨑天心(城西3東京)が21秒15(-1.2)で制し、100mとの2冠を達成。男子800mではフェリックス・ムティアニ(山梨学院2山梨)が1分48秒95の大会新記録で1500mと2種目優勝を飾った。女子200mはバログン・ハル(市川1千葉)と、ロス瑚花アディア(城西3東京)が24秒10(-2.8)の同タイムで2人が1位となり、女子800mで優勝した田村遥香(法政二3神奈川)は1500mとの2冠を果たしている。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/奥村 崇

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人が同記録、同じ失敗試技数となり2つの決定戦が同時に行われた。 男子走高跳の優勝争いは、実績ある1年生と、急成長中の3年生による異色のマッチレースが白熱する。昨年の全中優勝者である清水怜修(明星学園1東京)は1m90を皮切りに、1m95をパスして1m98、2m01を軽やかにクリア。谷垣雄大(駒場3東京)は東京都大会を3位(1m98)で通過していた選手。こちらも1m90から4度の試技を無傷で進み、自己タイの2m01を鮮やかに越えた。 2m04に清水と谷垣、星海成(板橋1東京)の3人が挑戦。星は1m98を3回目に、2m01を2回目にバーを揺らしながら成功させて食い下がったが、ここで力尽きる。東京都勢は1~4位を占めた。 清水がこの2m04で2回の失敗を経るも、いずれも十分な高さを出してきた。踏み切りに頼っていた跳躍を、持ち味のスピードを生かしたものに改良。遠ざけた踏み切り位置から幅の大きなジャンプを生み出す。失敗を経て踏み切り位置を調整。3回目になって、バーに触れないクリアランスを決めた。 対して、谷垣による2m04の1、2回目。上から落ちたお尻でバーを落としていた。絶対絶命と思われた3回目、リズムで弾む助走から、持ち味の踏み切りで183cmの長身に上昇力を生む。起死回生のジャンプで清水に並んだ。 2m07を2人とも失敗し、同失敗試技数でジャンプオフ(1位決定戦)へ。2人とも「陸上人生の中で初めて」。清水は「1回でも失敗したらいけない」と身構え、谷垣は「驚きましたが、また2m07に挑戦できるのか! と思いました」とますます身体を弾ませた。 ジャンプオフは最後に設定した高さである2m07からスタート。両者が成功すれば2cm上げ、両者が失敗したら2cm下げて続行。成功と失敗に明暗が分かれるまで、エンドレスの攻防戦だ。疲れが見える中で、2人は2m07と2m05に失敗。2m03で清水が成功、谷垣が失敗して決着がついた。 清水はジャンプオフに入ってから手拍子を誘導。スタンドも呼応してショーアップ。ただ内心は緊張していて、「仲間の大応援に励まされました」と感謝した。高1歴代最高の2m15を目標に掲げている。 谷垣は「実績ある彼に引っ張ってもらえました。楽しかったです」と、敗れてもすがすがしい表情。高1の時に腰椎分離症を、高2の12月には椎間板ヘルニアを患い、長い間痛みと付き合いながら「その中でもできることに取り組んできました」。5月に入ってからこれまでの痛みが劇的に改善し、短期間で跳躍を作ってきた。今回の自己新をステップに、2m10の大台を望む。 もう1つのドラマが、全国大会出場者決定戦。通常の地区は1位決定戦を終えた後に行うのだが、北関東の熱戦を終えた後の隣のピットを有効活用。足合わせを行い、隣で白熱中の1位決定戦からやや遅れてスタートした。朝岡光輝(八千代松陰2千葉)とが浅野敦哉(旭丘3神奈川)が切符1枚を争った。 こちらは、1m98を両者が失敗。続いて1m96を両者とも成功。そして再び戻った1m98で決着。後攻の朝岡が「5度目の挑戦」で成功させた。全国出場者決定戦に敗れても6位であることは変わらない。 このほか、男子200mは山﨑天心(城西3東京)が21秒15(-1.2)で制し、100mとの2冠を達成。男子800mではフェリックス・ムティアニ(山梨学院2山梨)が1分48秒95の大会新記録で1500mと2種目優勝を飾った。女子200mはバログン・ハル(市川1千葉)と、ロス瑚花アディア(城西3東京)が24秒10(-2.8)の同タイムで2人が1位となり、女子800mで優勝した田村遥香(法政二3神奈川)は1500mとの2冠を果たしている。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/奥村 崇

インターハイ南関東大会優勝者一覧をチェック!

●男子 100m 山﨑天心(城西3東京) 10秒55(-1.0) 200m 山﨑天心(城西3東京) 21秒15(-1.2) 400m 菊田響生(法政二3神奈川) 46秒61=大会新 800m フェリックス・ムティアニ(山梨学院2山梨) 1分48秒95=大会新 1500m フェリックス・ムティア二(山梨学院2山梨) 3分41秒93=大会新 5000m 鈴木琉胤(八千代松陰3千葉) 13分52秒28=大会新 400mH 菊田響生(法政二3神奈川) 50秒56 5000mW 及川集雅(保土ヶ谷2神奈川) 21分53秒77 4×100mR 市船橋(千葉) 40秒12 棒高跳 鈴木悠聖(成田3千葉) 5m03 走高跳 清水怜修(明星学園1東京) 2m04 走幅跳 淡路亮介(荏田3神奈川) 7m59(+4.1) 砲丸投 菅野颯輝(東京3東京) 16m37 ハンマー投 鈴木駿星(長生3千葉玉) 63m12 やり投 福田樹人(川崎橘3神奈川)60m43 八種競技 宮下輝一(市船橋2千葉) 5768点 [adinserter block="4"] ●女子 100m ロス瑚花アディア(城西3東京)11秒77(-2.6)=大会新(準決勝11秒67/-0.7) 200m バログン・ハル(市川1千葉)、ロス瑚花アディア(城西3東京) 24秒10(-2.8) 400m ヌワエメ・グレース(城西3東京)) 56秒71 800m 田村遥香(法政二3神奈川) 2分11秒80 1500m 田村遥香(法政二3神奈川) 4分24秒81 400mH 加藤充悟(成田3千葉) 59秒78 5000mW 早川愛花(錦城3東京) 24分43秒75 4×100mR 城西(東京) 45秒77 棒高跳 加藤優空(明星学園3東京)3m70 走高跳 手島花奈(明星学園3東京) 1m70 走幅跳 近藤いおん(城西3東京) 6m12(+0.8)=大会タイ 円盤投 大竹莉美子(東京3東京) 38m35 ハンマー投 栗原莉央(木更津総合3千葉) 49m66 やり投 吉田さくら(相模原弥栄3神奈川) 48m33

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top