HOME 海外

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に
ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

23年世界選手権800m銀メダルのワニョニイ

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。

19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト。ダイヤモンドリーグ・ファイナルでは自己記録(当時)の1分42秒80で1位に輝き、すでに世界のトップの仲間入りを果たしている。

レースでは200mから先頭を引っ張るフロントランで、1周を50秒あたりで通過すると、そのままスピードを緩めることなくフィニッシュした。また2位のW.キニャマルが1分42秒50で2位。K.キダリも1分42秒66で3位と1分42秒台で続き、五輪代表に決まった。

一方、東京五輪、22年世界選手権で金メダルを獲得しているE.コリルは、ケガからの回復が思わしくなく予選6着で敗退している。

女子1500mでは世界記録保持者のF.キピエゴンが今大会でシーズンイン。1500mは3分53秒98、5000mは14分46秒28で両種目を制した。5000mはオレゴン世界選手権銀、ブダペスト世界選手権銅メダルのB.チェベトが14分52秒55で2位、ドーハ世界選手権銀メダルのM.C.キプケンボイが14分59秒39で3位となった。

男子100mはブダペスト世界選手権7位のF.オマニャラが今季世界最高、自身2度目の9秒7台となる9秒79(+1.5)で圧勝した。女子800mはL.オディラが1分59秒27で、ブダペスト世界選手権金メダルのM.モラーを破って優勝。モラーは1分59秒35で2位だった。

男子1500mは19歳のR.K.チェルイヨットが3分35秒63で1位。同5000mはかつて小森コーポレーションに所属していたR.ケモイが13分27秒20で制して、16年リオ以来の代表に内定したほか、GMOインターネット所属のJ.クロップが13分27秒54で2位に入った。

また、10000mについては5月のプレフォンテーン・クラシック(米国)をトライアルとして実施し、6月13日に五輪代表をケニア陸連が発表。男子はD.マテイコ、N.キプコリル、九電工所属のB.コエチ、女子は世界記録を樹立したB.チェベト、L.K.レンゲルク、M.C.キプケンボイの各3選手が選出された。

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト。ダイヤモンドリーグ・ファイナルでは自己記録(当時)の1分42秒80で1位に輝き、すでに世界のトップの仲間入りを果たしている。 レースでは200mから先頭を引っ張るフロントランで、1周を50秒あたりで通過すると、そのままスピードを緩めることなくフィニッシュした。また2位のW.キニャマルが1分42秒50で2位。K.キダリも1分42秒66で3位と1分42秒台で続き、五輪代表に決まった。 一方、東京五輪、22年世界選手権で金メダルを獲得しているE.コリルは、ケガからの回復が思わしくなく予選6着で敗退している。 女子1500mでは世界記録保持者のF.キピエゴンが今大会でシーズンイン。1500mは3分53秒98、5000mは14分46秒28で両種目を制した。5000mはオレゴン世界選手権銀、ブダペスト世界選手権銅メダルのB.チェベトが14分52秒55で2位、ドーハ世界選手権銀メダルのM.C.キプケンボイが14分59秒39で3位となった。 男子100mはブダペスト世界選手権7位のF.オマニャラが今季世界最高、自身2度目の9秒7台となる9秒79(+1.5)で圧勝した。女子800mはL.オディラが1分59秒27で、ブダペスト世界選手権金メダルのM.モラーを破って優勝。モラーは1分59秒35で2位だった。 男子1500mは19歳のR.K.チェルイヨットが3分35秒63で1位。同5000mはかつて小森コーポレーションに所属していたR.ケモイが13分27秒20で制して、16年リオ以来の代表に内定したほか、GMOインターネット所属のJ.クロップが13分27秒54で2位に入った。 また、10000mについては5月のプレフォンテーン・クラシック(米国)をトライアルとして実施し、6月13日に五輪代表をケニア陸連が発表。男子はD.マテイコ、N.キプコリル、九電工所属のB.コエチ、女子は世界記録を樹立したB.チェベト、L.K.レンゲルク、M.C.キプケンボイの各3選手が選出された。

【動画】世界歴代3位! ワニョニイの走りをチェック!

男子800m世界歴代10傑

1.40.91 D.ルディシャ(ケニア)   2012. 8. 9 1.41.11 W.キプケテール(デンマーク)1997. 8.24 1.41.70 E.ワニョニイ(ケニア)   2024. 6.15 1.41.73 S.コー(英国)       1981. 6.10 1.41.73 N.アモス(ボツワナ)    2012. 8. 9 1.41.77 J.クルス(ブラジル)    1984. 8.26 1.42.05 E.コリル(ケニア)     2018. 7.22 1.42.23 A.カキ(スーダン)     2010. 6. 4 1.42.28 S.コスケイ(ケニア)    1984. 8.26 1.42.34 W.ブンゲイ(ケニア)    2002. 9. 8 1.42.34 D.ブレイジャー(米国)   2019.10. 1

【動画】オマニャラ9秒79で圧勝!

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top