HOME 高校

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国
400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

24年インターハイ四国大会の400mHを制した川上大智(観音寺総合3香川)

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目

福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連続で400mとの2冠を達成した。

前日の400mでは大会新記録の47秒21をマーク。400mハードルでも51秒65の大会記録更新を目指していたが、自身が望んでいた結果ではなく、フィニッシュ後は悔しさをにじませた。

「ちょっと焦って、いつも通りのハードリングができなかったです」と川上。8レーンを走った川上の隣の9レーンには前日の110mハードルで14秒34の大会記録を樹立した酒井大輔(四学香川西2香川)がいた。

酒井と競る際は「中間点付近で前に出る」ことが多いそうだが、「いつもより遅れた」ことで精神的に動揺。それが原因で「第3コーナー付近でうまく走ることができなかった」とレースを振り返る。

それでも「51秒台で安定したのは成果」と胸を張る。3月の全国高体連強化合宿に参加したことでハードリング技術の未熟さを実感。そこから課題の克服に努め、6月2日の県大会で51秒48をマークしていた。

インターハイに向けては、「優勝を狙いたい。県高校記録の50秒71は絶対に更新したいです」。四国高校記録でもある50秒71は高松北で顧問を務める河北尚広先生が1998年に記録したもの。学校こそ違うが、河北先生にアドバイスをもらうこともあるそうで、結果で恩返しを誓っている。

男子円盤投は50m25の自己記録を持つ田窪一翔(FC今治明徳3愛媛)が47m86で優勝。同砲丸投ではU18大会3位の実績を野中豊仁(生光学園3徳島)が15m57で制した。

走高跳では藤井優作(城南3徳島)が自己記録を4cm更新する2m10でV。100mでは畠中寧樹(済美3愛媛)とマルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西3香川)の競り合いに。10秒78(-1.5)の同タイムだが、1000分の5秒(10秒774/10秒779)で畠中が制した。

女子では100mで大石夕月(安芸3高知)が11秒97(+0.1)でトップ。岡林沙季(高知農2高知)が12秒00で続いた。棒高跳では3m30で3人が並び、無効試技数が最も少なかった野田愛莉(観音寺一3香川)が優勝を飾った。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文・撮影/馬場 遼

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連続で400mとの2冠を達成した。 前日の400mでは大会新記録の47秒21をマーク。400mハードルでも51秒65の大会記録更新を目指していたが、自身が望んでいた結果ではなく、フィニッシュ後は悔しさをにじませた。 「ちょっと焦って、いつも通りのハードリングができなかったです」と川上。8レーンを走った川上の隣の9レーンには前日の110mハードルで14秒34の大会記録を樹立した酒井大輔(四学香川西2香川)がいた。 酒井と競る際は「中間点付近で前に出る」ことが多いそうだが、「いつもより遅れた」ことで精神的に動揺。それが原因で「第3コーナー付近でうまく走ることができなかった」とレースを振り返る。 それでも「51秒台で安定したのは成果」と胸を張る。3月の全国高体連強化合宿に参加したことでハードリング技術の未熟さを実感。そこから課題の克服に努め、6月2日の県大会で51秒48をマークしていた。 インターハイに向けては、「優勝を狙いたい。県高校記録の50秒71は絶対に更新したいです」。四国高校記録でもある50秒71は高松北で顧問を務める河北尚広先生が1998年に記録したもの。学校こそ違うが、河北先生にアドバイスをもらうこともあるそうで、結果で恩返しを誓っている。 男子円盤投は50m25の自己記録を持つ田窪一翔(FC今治明徳3愛媛)が47m86で優勝。同砲丸投ではU18大会3位の実績を野中豊仁(生光学園3徳島)が15m57で制した。 走高跳では藤井優作(城南3徳島)が自己記録を4cm更新する2m10でV。100mでは畠中寧樹(済美3愛媛)とマルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西3香川)の競り合いに。10秒78(-1.5)の同タイムだが、1000分の5秒(10秒774/10秒779)で畠中が制した。 女子では100mで大石夕月(安芸3高知)が11秒97(+0.1)でトップ。岡林沙季(高知農2高知)が12秒00で続いた。棒高跳では3m30で3人が並び、無効試技数が最も少なかった野田愛莉(観音寺一3香川)が優勝を飾った。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文・撮影/馬場 遼

インターハイ四国大会の優勝者一覧をチェック!

●男子 100m 畠中寧樹(済美3愛媛) 10秒78(-1.5) 400m 川上大智(観音寺総合3香川) 47秒21=大会新 800m 二宮大響(八幡浜3愛媛) 1分54秒54 1500m 植田快晴(小豆島中央3香川) 3分51秒94 110mH 酒井大輔(四学香川西2香川) 14秒34(±0)=大会新 400mH 川上大智(観音寺総合3香川) 51秒95 3000m障害 西内祐仁(高知工3高知) 9分25秒12 5000m競歩 若本琉惺(小豆島中央3香川) 22分09秒21 4×100mR 四学香川西(香川) 40秒23=大会新 走高跳 藤井優作(城南3徳島) 2m10 棒高跳 井上直哉(阿南光2徳島) 5m00 走幅跳 中西奏輔(高松商3香川) 7m18(-0.4) 砲丸投 野中豊仁(生光学園3徳島) 15m57 円盤投 田窪一翔(FC今治明徳3愛媛) 47m86 ハンマー投 三好是聞(FC今治里山3愛媛) 58m64 [adinserter block="4"] ●女子 100m 大石夕月(安芸3高知) 11秒97(+0.1) 400m 長町碧泉(鳴門3徳島) 54秒56=大会新 800m 谷渕結夏(山田2高知) 2分13秒38 1500m 穗岐山芽衣(山田3高知) 4分24秒52=大会新 400mH 河野由愛(済美3愛媛) 61秒43 5000m競歩 岡田佳乃(川之石3愛媛) 24分29秒07 4×100mR 済美(愛媛) 47秒26 走高跳 泉彩花(鳴門3徳島) 1m62 棒高跳 野田愛莉(観音寺一3香川) 3m30 走幅跳 鶴井結莉(済美3愛媛) 5m81(±0) 円盤投 八木美都(四学香川西3香川) 40m11 ハンマー投 永田陽菜乃(四学香川西2香川) 46m27 やり投 坂井杏月(松山西中等2愛媛) 43m39 七種競技 芝﨑美琵亜(済美3愛媛) 4031点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top