HOME 高校・中学

2024.06.13

【高校生FOCUS】男子走幅跳・成川倭士(東海大翔洋高)インターハイに出場して狙うは大台到達
【高校生FOCUS】男子走幅跳・成川倭士(東海大翔洋高)インターハイに出場して狙うは大台到達

男子走幅跳で8mを狙う成川選手

FOCUS! 高校生INTERVIEW
成川 倭士 Narukawa Wakushi
東海大翔洋高3静岡
注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は成川倭士選手(東海大翔洋高3)です。昨年6月のインターハイ東海大会では、男子200mで20秒87、走幅跳で7m50をマーク。しかし、その後は故障して苦しいシーズンを送りました。今季は昨年の分を込めた飛躍を誓い、明日からの東海大会(6月14日~16日/岐阜)に臨みます。

“最後”は勝ちたい

――5月の静岡県大会を振り返っていかがですか。
成川 初日の走幅跳の1本目(7m36/±0)で脚を痛めてしまい、ケガ自体はそれほどひどくありませんでしたが、この先のことを考えて、ほかにエントリーしていた種目(200mと4×100mリレー)は棄権することになりました。ただ、チームの総合得点争いで負けてしまい、悔しかったです。200mは出たほうが良かったかもしれません。

――それでも、走幅跳は1回だけの跳躍で2位。記録も7m30台です。
成川 自分は通過するだけだと思っていたので、1本目で記録を残せて良かったです。7m30台後半まで出るとは思っていませんでした。脚の状態や仕上がり具合からすれば良い跳躍ができました。

――東海大会に向けての意気込みを教えてください。
成川 インターハイに向けて、しっかり通過できればいいかなと思っています。

――今シーズンは走幅跳の技術面でどういうことを意識していますか。
成川 4月の静岡県中部支部大会から助走を2歩伸ばして、4mぐらい助走距離が伸びて、スピードを乗りやすくした状態でやりました。また、支部大会では跳び方も反り跳びからシザースに変えたんですけど、県大会は練習があまりできていなかったので、シザースではなく反り跳びが出てしまいました。

――シザースの練習はいつから始めましたか。
成川 今年の冬季の終わりぐらいです。時間があった時はシザースをやるようにしていました。1年生のシーズンが終わった後にシザースをやってみようかなと思いながら結局取り組んでこなかったので、「できたらいいな」くらいの気持ちで、遊び感覚でチャレンジしました。

――今季はシザースが固まれば、それで行きたいと考えていますか。
成川 はい、そうです。

――助走を伸ばしたというのは、きっかけは。
成川 日によって調子が違うので、多少変えますが、35~36mだったのが、39~40mになりました。17歩の35mで出た昨年の東海大会が終わって、もう2歩伸ばせばもっとスピードに乗るかなという話はありましたが、ケガがあってできなかったので、4月の中部大会が終わってから19歩の助走を始めました。

――万全な状態であれば、かなり良い記録が期待できそうですね。今季の目標を教えてください。
成川 昨年までは3種目あったので疲労のことも考えて、幅跳びは7m70ぐらいと思っていました。でも、2種目なくなって1種目に専念できるということで、やっぱり8m付近を狙っていきたいです。

――自己ベストは昨年の7m50。大幅な更新になりますね。
成川 しっかり助走ができれば、昨年よりスピードも乗ると思うので、行けるという感じはあります。あとは風や会場の雰囲気、その日の調子次第。インターハイでは8mを跳んで優勝したいです。

――県大会では、まだそこまで助走スピードを上げなかったのですか。
成川 そうですね。筋肉がまだ速い動きに慣れていないこともありますし、脚に違和感もあったので抑え気味で行きました。それでも記録は良い方でした。

――昨年は7月に右ハムストリングをケガして、以後は試合を欠場しました。
成川 昨年のシーズンは何回か再発していたのもあって、ビビって出なかったというのはあったかもしれません。

――冬季練習はいかがでしたか。
成川 違和感程度は何回かありましたが、12月25~28日までの冬季合宿からは結構練習に参加できていました。

――冬季は特にどんなことを取り組んできましたか?
成川 走れない時期が2ヵ月ぐらいあったので、体力面をまず戻すことがメインで、あとは走り方を思い出すような意識で練習しました。

――インターハイへの思いを教えてください。
成川 昨年はケガで出られませんでした。3年間で今年しかチャンスがないので、東海大会を通過して全国を決めたいし、最後は勝って終わりたいです。

――今年はインターハイ後にU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)が開かれます。
成川 U20もかなり大事な試合。まずは代表に選ばれるようにU20日本選手権(6月27日~30日/新潟)でがんばりたいです。インターハイ路線を1種目にしたのもU20を踏まえた上での決断でした。200mと走幅跳に出場する予定です。

FOCUS! 高校生INTERVIEW 成川 倭士 Narukawa Wakushi 東海大翔洋高3静岡 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は成川倭士選手(東海大翔洋高3)です。昨年6月のインターハイ東海大会では、男子200mで20秒87、走幅跳で7m50をマーク。しかし、その後は故障して苦しいシーズンを送りました。今季は昨年の分を込めた飛躍を誓い、明日からの東海大会(6月14日~16日/岐阜)に臨みます。

“最後”は勝ちたい

――5月の静岡県大会を振り返っていかがですか。 成川 初日の走幅跳の1本目(7m36/±0)で脚を痛めてしまい、ケガ自体はそれほどひどくありませんでしたが、この先のことを考えて、ほかにエントリーしていた種目(200mと4×100mリレー)は棄権することになりました。ただ、チームの総合得点争いで負けてしまい、悔しかったです。200mは出たほうが良かったかもしれません。 ――それでも、走幅跳は1回だけの跳躍で2位。記録も7m30台です。 成川 自分は通過するだけだと思っていたので、1本目で記録を残せて良かったです。7m30台後半まで出るとは思っていませんでした。脚の状態や仕上がり具合からすれば良い跳躍ができました。 ――東海大会に向けての意気込みを教えてください。 成川 インターハイに向けて、しっかり通過できればいいかなと思っています。 ――今シーズンは走幅跳の技術面でどういうことを意識していますか。 成川 4月の静岡県中部支部大会から助走を2歩伸ばして、4mぐらい助走距離が伸びて、スピードを乗りやすくした状態でやりました。また、支部大会では跳び方も反り跳びからシザースに変えたんですけど、県大会は練習があまりできていなかったので、シザースではなく反り跳びが出てしまいました。 ――シザースの練習はいつから始めましたか。 成川 今年の冬季の終わりぐらいです。時間があった時はシザースをやるようにしていました。1年生のシーズンが終わった後にシザースをやってみようかなと思いながら結局取り組んでこなかったので、「できたらいいな」くらいの気持ちで、遊び感覚でチャレンジしました。 ――今季はシザースが固まれば、それで行きたいと考えていますか。 成川 はい、そうです。 ――助走を伸ばしたというのは、きっかけは。 成川 日によって調子が違うので、多少変えますが、35~36mだったのが、39~40mになりました。17歩の35mで出た昨年の東海大会が終わって、もう2歩伸ばせばもっとスピードに乗るかなという話はありましたが、ケガがあってできなかったので、4月の中部大会が終わってから19歩の助走を始めました。 ――万全な状態であれば、かなり良い記録が期待できそうですね。今季の目標を教えてください。 成川 昨年までは3種目あったので疲労のことも考えて、幅跳びは7m70ぐらいと思っていました。でも、2種目なくなって1種目に専念できるということで、やっぱり8m付近を狙っていきたいです。 ――自己ベストは昨年の7m50。大幅な更新になりますね。 成川 しっかり助走ができれば、昨年よりスピードも乗ると思うので、行けるという感じはあります。あとは風や会場の雰囲気、その日の調子次第。インターハイでは8mを跳んで優勝したいです。 ――県大会では、まだそこまで助走スピードを上げなかったのですか。 成川 そうですね。筋肉がまだ速い動きに慣れていないこともありますし、脚に違和感もあったので抑え気味で行きました。それでも記録は良い方でした。 ――昨年は7月に右ハムストリングをケガして、以後は試合を欠場しました。 成川 昨年のシーズンは何回か再発していたのもあって、ビビって出なかったというのはあったかもしれません。 ――冬季練習はいかがでしたか。 成川 違和感程度は何回かありましたが、12月25~28日までの冬季合宿からは結構練習に参加できていました。 ――冬季は特にどんなことを取り組んできましたか? 成川 走れない時期が2ヵ月ぐらいあったので、体力面をまず戻すことがメインで、あとは走り方を思い出すような意識で練習しました。 ――インターハイへの思いを教えてください。 成川 昨年はケガで出られませんでした。3年間で今年しかチャンスがないので、東海大会を通過して全国を決めたいし、最後は勝って終わりたいです。 ――今年はインターハイ後にU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)が開かれます。 成川 U20もかなり大事な試合。まずは代表に選ばれるようにU20日本選手権(6月27日~30日/新潟)でがんばりたいです。インターハイ路線を1種目にしたのもU20を踏まえた上での決断でした。200mと走幅跳に出場する予定です。

静岡にいる同学年のライバル

――陸上競技を始めたきっかけは。 成川 脚が速いほうだったので友達が誘ってくれたことと、もっと脚が速くなりたかったので、小学3年生の夏前から千代田ACという地元の陸上クラブで始めました。 ――ほかのスポーツ経験はありますか。 成川 小学1年生からサッカーをやっていましたが、楽しい思い出はあまりありませんでした。 ――ご家族で陸上経験者はいらっしゃいますか。 成川 自分だけです。母や祖母はバレーボールをやっていて、弟はサッカーをやっています。 ――チームメイトの浅井惺流選手(3年)も同じ千代田ACですね。 成川 自分より少し前に入っていたと思います。クラブは一緒でしたが、小学校も中学校も別々でした。 ――クラブではどんな種目に取り組みましたか。 成川 最初は100mや走幅跳など、いろいろやっていましたが、走幅跳になりました。多分楽しかったんだと思います。当時から目標は高くて、「県(学童)記録を更新したい」とずっと言っていて、それなりに良い記録は出せたけれど県記録までは届かなかったので、中学でも陸上を続けようと思いました。 ――中学時代の思い出を教えてください。 成川 小学校の時はランキングでずっと県1位でしたが、中学に入ってからは2位や3位ばかりで、ずっと負けていた思い出があります。 ――その相手は5月の県大会でも優勝した奥澤真選手(浜松西3)ですか? 成川 そうです。奥澤選手にずっと勝ちたかったですが、全中以外(成川選手4位、奥澤選手13位)ではなかなか勝てなかったです。 ――今でも7m50を超えるような選手が同じ県にいるというのは? 成川 ずっと上にいる存在なので、変わらず追いかける立場かなと。今季も記録で負けているので、自分が上という感覚はありません。 ――東海大会でも奥澤選手と争うことになります。 成川 インターハイでは絶対に勝ちたいですが、東海大会は「勝てたらいいな」ぐらいの気持ちです。 ――高校を東海大翔洋に選んだ理由は。 成川 誘っていただいたことと、当時はインターハイでワン・ツーを取ることになる北川凱先輩や深沢瑞樹先輩がいたからです。2人の先輩や、1学年上の土屋充慶先輩にはあこがれています。後輩として格好いいと感じます。 ――昨シーズンに走幅跳だけでなく、スプリントで一気に飛躍した要因は。 成川 高校1年生でも10秒77で走っていましたが、走りが変わってから全然違う走りで速く走れているという感じがしています。中学の頃はまだかなりやせていましたが、高1の冬季が終わってから体重がすごく増えました。また、走りの面で言うと、ストライドが10cmぐらい伸びたのが大きいと思います。 [caption id="attachment_137826" align="alignnone" width="800"] 昨年の東海大会で7m50をマーク[/caption] ――練習が休みの日はどう過ごしていますか。 成川 週2回休みで、木曜日は治療に行ったりして、日曜日は自宅でのんびりしています。土曜日は電車を使って他の競技場で練習することもあるので、練習後にみんなでご飯を食べに行ったりします。 ――みんなで何を食べますか。 成川 うどんやインドカレーを食べに行くことが多いです。ナンをよく食べています。 ――学校の授業で得意な教科や好きな教科は。 成川 自分は理系なんですけど、数学と理科がめちゃくちゃ苦手で、美術はすごく好きです。今はマンガの模写をやっています。 ――理系をに進んだのは。 成川 陸上部はみんな理系で、菅間先生にも理系を勧められたからです。陸上部のみんな、頭良くてびっくりしました。 ――卒業後のことはどう考えていますか。 成川 競技は続けるつもりですが、大学はどこにするか迷っています。 ――高校卒業後の競技面での目標を教えてください。 成川 世界選手権とかオリンピックを目指せるような選手になりたいです。種目は短距離も跳躍もどちらもやっていくつもりです。 ――競技以外を含めて将来の夢はありますか。 成川 まだ全然考えていません。今は大学を考えるので精いっぱいです。 構成/小野哲史

成川倭士 PROFILE

◎なるかわ・わくし/2006年4月6日生まれ。静岡県出身。静岡東中-東海大翔洋高。小3から陸上を始め、中3では全中走幅跳で4位。U16大会では三段跳で優勝している。高1では走幅跳では国体少年Bで2位、U18大会では4位に入った。高2の昨シーズンはインターハイ東海大会で200mと走幅跳に2走を務めた4×100mリレーも含めた3冠を獲得したが、翌月の大会で故障し、その後は治療に専念した。走幅跳だけでなく、100mや200mでもトップレベルのスプリンターでもある。主な自己ベストは100m10秒41(23年)、200m20秒87(23年)、走幅跳7m50(23年)、三段跳13m70(21年) [caption id="attachment_137827" align="alignnone" width="800"] 最高のコンディションで栄冠を目指す成川選手[/caption]

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top