HOME 高校・中学

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国
円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

円盤投の田窪一翔

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。

インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。

男子の注目種目は円盤投。田窪一翔(FC今治明徳3愛媛)が4月に県高校記録となる50m25を投げており、今季ランキングトップに立っている。昨年の国体少年Bで5位入賞している樋笠翔真(四学香川西2香川)も県大会で46m78を記録しており、ハイレベルな戦いとなりそうだ。

100mでは10秒50の記録を持つ畠中寧樹(済美3愛媛)と10秒51のマルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西3香川)が直接対決。決勝では10秒4以上の決着になるかもしれない。マルティネスは200mでも21秒17の自己記録を持っており、2年連続の個人2冠を狙う。

400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が県大会で51秒48をマーク。400mも47秒86のタイムを持っており、こちらも2年連続の2冠達成に期待が懸かる。

棒高跳は県大会で4m92を跳んだ井上直哉(阿南光2徳島)と昨年のU16大会で優勝した大西亮暉(観音寺一1香川)の一騎打ちか。走高跳では2m06の自己記録を持つ藤井優作(城南3徳島)に注目。走幅跳は7m48の自己記録を持つ大西晄正(四学香川西3香川)がどこまで記録を伸ばすか。

女子は短距離の大石夕月(安芸3高知)に注目。県大会では100mが自己タイの11秒91(+0.2)、200mは県高校新記録となる24秒26(+0.1)をマークしている。11秒77と24秒23の四国高校記録の更新にも視野に入ってきそうだ。400mでは徳島県大会で55秒32の県高校新記録を樹立した長町碧泉(鳴門3徳島)が連覇を狙う。

長距離は穂岐山芽衣(山田3高知)が2年連続で1500mと3000mの2冠を目指す。県大会の1500mでマークした4分17秒92は今季日本人トップ。3000mでも昨年の国体少年A3000mで6位の実績がある。5000m競歩では昨年のU18大会3000m競歩5位の岡田佳乃(川之石3愛媛)が優勝候補だ。

跳躍では走幅跳でインターハイ4位、国体少年共通3位の実績がある山﨑りりや(鳴門渦潮3徳島)に注目。三段跳でも追い風参考ながら県大会で三段跳でも12m25(+3.2)をマークしており、2種目で全国上位を狙える。棒高跳では昨年に中学歴代9位タイの3m71を跳んだ新延愛子(藤井1香川)が1年生優勝なるか。

投てきでは山口嘉夢(生光学園3徳島)が県大会で13m10を投げており、5位入賞した一昨年のインターハイでプットした13m24の自己ベストを上回ってきそう。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/馬場遼

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一翔(FC今治明徳3愛媛)が4月に県高校記録となる50m25を投げており、今季ランキングトップに立っている。昨年の国体少年Bで5位入賞している樋笠翔真(四学香川西2香川)も県大会で46m78を記録しており、ハイレベルな戦いとなりそうだ。 100mでは10秒50の記録を持つ畠中寧樹(済美3愛媛)と10秒51のマルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西3香川)が直接対決。決勝では10秒4以上の決着になるかもしれない。マルティネスは200mでも21秒17の自己記録を持っており、2年連続の個人2冠を狙う。 400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が県大会で51秒48をマーク。400mも47秒86のタイムを持っており、こちらも2年連続の2冠達成に期待が懸かる。 棒高跳は県大会で4m92を跳んだ井上直哉(阿南光2徳島)と昨年のU16大会で優勝した大西亮暉(観音寺一1香川)の一騎打ちか。走高跳では2m06の自己記録を持つ藤井優作(城南3徳島)に注目。走幅跳は7m48の自己記録を持つ大西晄正(四学香川西3香川)がどこまで記録を伸ばすか。 女子は短距離の大石夕月(安芸3高知)に注目。県大会では100mが自己タイの11秒91(+0.2)、200mは県高校新記録となる24秒26(+0.1)をマークしている。11秒77と24秒23の四国高校記録の更新にも視野に入ってきそうだ。400mでは徳島県大会で55秒32の県高校新記録を樹立した長町碧泉(鳴門3徳島)が連覇を狙う。 長距離は穂岐山芽衣(山田3高知)が2年連続で1500mと3000mの2冠を目指す。県大会の1500mでマークした4分17秒92は今季日本人トップ。3000mでも昨年の国体少年A3000mで6位の実績がある。5000m競歩では昨年のU18大会3000m競歩5位の岡田佳乃(川之石3愛媛)が優勝候補だ。 跳躍では走幅跳でインターハイ4位、国体少年共通3位の実績がある山﨑りりや(鳴門渦潮3徳島)に注目。三段跳でも追い風参考ながら県大会で三段跳でも12m25(+3.2)をマークしており、2種目で全国上位を狙える。棒高跳では昨年に中学歴代9位タイの3m71を跳んだ新延愛子(藤井1香川)が1年生優勝なるか。 投てきでは山口嘉夢(生光学園3徳島)が県大会で13m10を投げており、5位入賞した一昨年のインターハイでプットした13m24の自己ベストを上回ってきそう。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/馬場遼

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top