HOME 特集

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人
五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

学生個人にエントリーした栁田大輝、山形愛羽、清川裕哉

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。

何と言っても大注目は男子100mに出場する栁田大輝(東洋大)。昨年はアジア選手権を制し、個人で初めて出場したブダペスト世界選手権でも準決勝に進んだ。今季はすでに10秒02の自己タイで走り、セイコーゴールデングランプリでも優勝している。

これが日本選手権前のラストレース。現状の仕上がり具合を確認するようだ。会場の平塚は相性が良く、昨年の実業団・学生対抗では当時自己新の10秒10をマークしている。平塚の“風”があれば、10秒00のパリ五輪参加標準記録や、9秒台の可能性もある。

学生のレベルも上がっているのが男子110mハードル。ランキングトップは小池綾(法大)で13秒57のべストを持つ。今季は関東インカレ2位。ケガでレースから遠ざかっている早大主将の池田海、今年13秒67と自己新を出している西徹朗(早大)も力がある。また、樋口隼人(筑波大)、廣冨葵士(国武大)にも注目だ。

男子400mハードルには48秒91のベストを持つ小川大輝(東洋大)と井之上駿太(法大)がそろってエントリーしたが、日本選手権前で出場なるか。関西実業団(オープン)で49秒65と一気に自己新を出した栁田聖人(東洋大)はさらに記録更新なるか。

男子走高跳は関西インカレ4連覇の山中駿(京大)と関東インカレVの原口颯太(順大)が激突。同棒高跳はブダペスト世界選手権代表の柄澤智哉(日体大)、同学年のライバルである古澤一生(筑波大)、関西インカレ覇者の原口篤志(東大阪大)、関東インカレVの北田琉偉(日体大)でハイレベルになりそうだ。

80mスロワーが2人いる男子やり投も見逃せない。昨年、80m09を放った巖雄作(筑波大)、今年81m67のビッグアーチをかけた清川裕哉(東海大)がどんな投げを見せるか。

女子短距離には世界リレー代表の山形愛羽(福岡大)が出場を予定している。100m、200mとにもエントリーした。100mは11秒46のベストを持つ。関東インカレ覇者で復活を遂げた石川優(青学大)、奥野由萌ら甲南大勢との直接対決も見応えがありそうだ。

ハイレベルなのが女子100mハードル。関東インカレで200mと2冠した髙橋亜珠(筑波大)、13秒25がベストで前回Vの伊藤彩香(福岡大)がエントリー。インターハイ連覇の実績を誇るスーパールーキーの林美希(早大)、日本インカレ2度優勝の島野真生(日体大院)らがそろう。

女子400mハードルにはブダペスト世界選手権代表の山本亜美(立命大)がエントリー。関東インカレワンツーの松岡萌絵、益子芽里の中大コンビ、千葉史織・大川寿美香の早大コンビが挑む。

女子棒高跳は関東インカレ連覇の小林美月(日体大)、関西インカレVの大坂谷明里(園田学園女大)、高校記録保持者の村田蒼空(筑波大)らに好記録の予感。三段跳・船田茜理(武庫川女大院)、ハンマー投・村上来花(九州共立大)と、学生記録保持者2人には“記録”の期待が集まる。関東インカレ女子やり投復活Vの倉田紗優加(慶大)は58mオーバーなるか。

オリンピックイヤーに開かれる熱き学生ナンバーワン決定戦。どんなパフォーマンスが見られるか。

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 何と言っても大注目は男子100mに出場する栁田大輝(東洋大)。昨年はアジア選手権を制し、個人で初めて出場したブダペスト世界選手権でも準決勝に進んだ。今季はすでに10秒02の自己タイで走り、セイコーゴールデングランプリでも優勝している。 これが日本選手権前のラストレース。現状の仕上がり具合を確認するようだ。会場の平塚は相性が良く、昨年の実業団・学生対抗では当時自己新の10秒10をマークしている。平塚の“風”があれば、10秒00のパリ五輪参加標準記録や、9秒台の可能性もある。 学生のレベルも上がっているのが男子110mハードル。ランキングトップは小池綾(法大)で13秒57のべストを持つ。今季は関東インカレ2位。ケガでレースから遠ざかっている早大主将の池田海、今年13秒67と自己新を出している西徹朗(早大)も力がある。また、樋口隼人(筑波大)、廣冨葵士(国武大)にも注目だ。 男子400mハードルには48秒91のベストを持つ小川大輝(東洋大)と井之上駿太(法大)がそろってエントリーしたが、日本選手権前で出場なるか。関西実業団(オープン)で49秒65と一気に自己新を出した栁田聖人(東洋大)はさらに記録更新なるか。 男子走高跳は関西インカレ4連覇の山中駿(京大)と関東インカレVの原口颯太(順大)が激突。同棒高跳はブダペスト世界選手権代表の柄澤智哉(日体大)、同学年のライバルである古澤一生(筑波大)、関西インカレ覇者の原口篤志(東大阪大)、関東インカレVの北田琉偉(日体大)でハイレベルになりそうだ。 80mスロワーが2人いる男子やり投も見逃せない。昨年、80m09を放った巖雄作(筑波大)、今年81m67のビッグアーチをかけた清川裕哉(東海大)がどんな投げを見せるか。 女子短距離には世界リレー代表の山形愛羽(福岡大)が出場を予定している。100m、200mとにもエントリーした。100mは11秒46のベストを持つ。関東インカレ覇者で復活を遂げた石川優(青学大)、奥野由萌ら甲南大勢との直接対決も見応えがありそうだ。 ハイレベルなのが女子100mハードル。関東インカレで200mと2冠した髙橋亜珠(筑波大)、13秒25がベストで前回Vの伊藤彩香(福岡大)がエントリー。インターハイ連覇の実績を誇るスーパールーキーの林美希(早大)、日本インカレ2度優勝の島野真生(日体大院)らがそろう。 女子400mハードルにはブダペスト世界選手権代表の山本亜美(立命大)がエントリー。関東インカレワンツーの松岡萌絵、益子芽里の中大コンビ、千葉史織・大川寿美香の早大コンビが挑む。 女子棒高跳は関東インカレ連覇の小林美月(日体大)、関西インカレVの大坂谷明里(園田学園女大)、高校記録保持者の村田蒼空(筑波大)らに好記録の予感。三段跳・船田茜理(武庫川女大院)、ハンマー投・村上来花(九州共立大)と、学生記録保持者2人には“記録”の期待が集まる。関東インカレ女子やり投復活Vの倉田紗優加(慶大)は58mオーバーなるか。 オリンピックイヤーに開かれる熱き学生ナンバーワン決定戦。どんなパフォーマンスが見られるか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top