HOME 国内、大学

2024.06.02

100mは鈴木涼太が10秒06wで制す!!「狙っていたくらいのタイム」2位・山本匠真は予選で10秒16の自己新/布勢スプリント
100mは鈴木涼太が10秒06wで制す!!「狙っていたくらいのタイム」2位・山本匠真は予選で10秒16の自己新/布勢スプリント

24年布勢スプリント男子100mを制した鈴木涼太

◇布勢スプリント2024(6月2日/鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場)

日本グランプリシリーズG2の布勢スプリントが行われ、男子100mは鈴木涼太(スズキ)が10秒06(+2.8)と追い風参考ながら好タイムで優勝した。

フィニッシュ後、「よっしゃ!」と雄叫びを上げた鈴木。「タイムを見て叫んだのですが、風(追い風参考)を見て、マジか…となりました」と苦笑いを浮かべる。自己記録(10秒17)を大きく上回る記録にも「狙っていたくらいのタイム。(10秒0台は)もともと出せる実力はあると思っていますし、やっと噛み合ってきた。風も強かったので、勝ち切れたことがうれしいです」と淡々と振り返る。

予選は「浮いてしまった」そうで、「そこを修正すれば優勝できると思っていました。中盤以降、すごく動きも良かった」と内容を評価した。

城西大時代に日本インカレで21年に100m2位、200m優勝。日本選手権の決勝も常連で、100mでは22年5位、昨年は6位。22年にはオレゴン世界選手権の4×100mリレー代表にもなった。しかし、「今年は個人で狙わないと、(リレーで)代表になっても意味がないと思ったので、個人の走力という部分をつけようとやっています」と、並々ならぬ思いを持つ。

「まだベストは10秒1台。課題をクリアしていき、まずは10秒0台。最終的に9秒台をいつか出したい」と鈴木。さらなる飛躍を感じさせる快走だった。

2位には10秒08で世界リレー代表となった広島大の山本匠真が入った。予選で10秒16(+1.7)の自己新をマーク。今季は一躍トップスプリンターの仲間入りを果たしたが、「大学に入って、自分でしっかり考えて練習ができたことで成長できています。今年だけ(の成長)ではありません」と言う。

予選の自己新も「風を考えれば実力的にはこのくらいは出るかな」と想定内。決勝は「しっかり調整できたので、その中で2位になったことが悔しい」と唇を噛んだ。日本選手権で「優勝して、リレーでパリ五輪を目指していきたい」と一気に“頂点”を狙っていく。

◇布勢スプリント2024(6月2日/鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場) 日本グランプリシリーズG2の布勢スプリントが行われ、男子100mは鈴木涼太(スズキ)が10秒06(+2.8)と追い風参考ながら好タイムで優勝した。 フィニッシュ後、「よっしゃ!」と雄叫びを上げた鈴木。「タイムを見て叫んだのですが、風(追い風参考)を見て、マジか…となりました」と苦笑いを浮かべる。自己記録(10秒17)を大きく上回る記録にも「狙っていたくらいのタイム。(10秒0台は)もともと出せる実力はあると思っていますし、やっと噛み合ってきた。風も強かったので、勝ち切れたことがうれしいです」と淡々と振り返る。 予選は「浮いてしまった」そうで、「そこを修正すれば優勝できると思っていました。中盤以降、すごく動きも良かった」と内容を評価した。 城西大時代に日本インカレで21年に100m2位、200m優勝。日本選手権の決勝も常連で、100mでは22年5位、昨年は6位。22年にはオレゴン世界選手権の4×100mリレー代表にもなった。しかし、「今年は個人で狙わないと、(リレーで)代表になっても意味がないと思ったので、個人の走力という部分をつけようとやっています」と、並々ならぬ思いを持つ。 「まだベストは10秒1台。課題をクリアしていき、まずは10秒0台。最終的に9秒台をいつか出したい」と鈴木。さらなる飛躍を感じさせる快走だった。 2位には10秒08で世界リレー代表となった広島大の山本匠真が入った。予選で10秒16(+1.7)の自己新をマーク。今季は一躍トップスプリンターの仲間入りを果たしたが、「大学に入って、自分でしっかり考えて練習ができたことで成長できています。今年だけ(の成長)ではありません」と言う。 予選の自己新も「風を考えれば実力的にはこのくらいは出るかな」と想定内。決勝は「しっかり調整できたので、その中で2位になったことが悔しい」と唇を噛んだ。日本選手権で「優勝して、リレーでパリ五輪を目指していきたい」と一気に“頂点”を狙っていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top