HOME アイテム

2024.05.16

極限まで速さを追求!サニブラウンの“思い”込めたユニフォームを東レとPUMAで開発
極限まで速さを追求!サニブラウンの“思い”込めたユニフォームを東レとPUMAで開発

東レと共同開発したウエアをお披露目したサニブラウン・アブデル・ハキーム

東レは5月16日、所属契約を結ぶサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と高機能ウエアを共同開発したと発表した。同日、都内で会見を開き、サニブラウン、東レ、プーマの三者が登壇し、ユニフォームをお披露目した。

今回の特別開発商品は、昨年夏に構想が持ち上がった。シーズン終了後の10月に、サニブラウンが実際に滋賀・瀬田工場へ赴いたという。その際にすでにサンプルを用意。人口気候室で拠点とするフロリダの気候を“完全再現”。「同じ気候の中でトレッドミルを使って走って感覚をフィードバックしました」(サニブラウン)。

その後も何度も意見交換しながら、サニブラウンの意向を素材に落とし込んでいった。東レのスポーツ・衣料資材事業部、大塚潤部長は「5ヵ月くらいで開発した」と説明し、サニブラウンは「ビックリするほどのスピード。さすが極限を追求する東レさん」と舌を巻いた。

普段からアスリートの意見を取り入れて開発しているとはいえ、「UVカットなど、ウエアがトレーニングやレースでアスリートのメンタル面に影響するというのを聞いて驚いた」と大塚部長。特に難しかったのは「速乾性と軽量の融合」。シャツには吸水速乾素材や熱、紫外線、透けに対応した素材など、特殊な原資はあるものの、「素材は完全にオリジナル」だという。加えて、汗染みも目立たなくなるような工夫も施されている。

試作品の段階からトレーニングで着用しており、サニブラウン「スタート練習など速い動きなどで、軽さや着心地がわかりますし、(動きに)制限がないほうが良い練習ができる」と太鼓判。「満足してもらえるものが開発できて良かった」と大塚部長もニッコリ笑う。

今後は通常商品での連携や、「シューズ開発」などでも連携を図っていく構えを見せた。

インパクト抜群のユニフォームには、サニブラウンの思いが込められている。胸元のグラデーションは「夜明け」をイメージ。サニブラウンが昨年立ち上げた「DAWN GAMES」から連想されたものだ。

「大会や子どもたちへのメッセージといった意味をデザインに落とし込んでいただきました」とし、「僕が出したのはしっかりしたデザインではなかったですが、少しずつヒントを提示して再現してくださったので完成した時はうれしかったです」。

プーマキャットはゴールド。さらに、「DAWN」のロゴが2パターン新たに作成された。プーマ担当者の安藤悠哉さんは「サニブラウン選手の好みだというシンプルなデザインかつ、インパクトのあるデザインになった」と胸を張り、カットなどは「普段から使っていただいているものの中から、使いやすいもの」をセレクトしたという。

ウエアはタイツも含めて上下各4パターンずつ展開。6月15日より、プーマストアやプーマ公式オンラインストアなどで販売される予定だ。

東レは5月16日、所属契約を結ぶサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と高機能ウエアを共同開発したと発表した。同日、都内で会見を開き、サニブラウン、東レ、プーマの三者が登壇し、ユニフォームをお披露目した。 今回の特別開発商品は、昨年夏に構想が持ち上がった。シーズン終了後の10月に、サニブラウンが実際に滋賀・瀬田工場へ赴いたという。その際にすでにサンプルを用意。人口気候室で拠点とするフロリダの気候を“完全再現”。「同じ気候の中でトレッドミルを使って走って感覚をフィードバックしました」(サニブラウン)。 その後も何度も意見交換しながら、サニブラウンの意向を素材に落とし込んでいった。東レのスポーツ・衣料資材事業部、大塚潤部長は「5ヵ月くらいで開発した」と説明し、サニブラウンは「ビックリするほどのスピード。さすが極限を追求する東レさん」と舌を巻いた。 普段からアスリートの意見を取り入れて開発しているとはいえ、「UVカットなど、ウエアがトレーニングやレースでアスリートのメンタル面に影響するというのを聞いて驚いた」と大塚部長。特に難しかったのは「速乾性と軽量の融合」。シャツには吸水速乾素材や熱、紫外線、透けに対応した素材など、特殊な原資はあるものの、「素材は完全にオリジナル」だという。加えて、汗染みも目立たなくなるような工夫も施されている。 試作品の段階からトレーニングで着用しており、サニブラウン「スタート練習など速い動きなどで、軽さや着心地がわかりますし、(動きに)制限がないほうが良い練習ができる」と太鼓判。「満足してもらえるものが開発できて良かった」と大塚部長もニッコリ笑う。 今後は通常商品での連携や、「シューズ開発」などでも連携を図っていく構えを見せた。 インパクト抜群のユニフォームには、サニブラウンの思いが込められている。胸元のグラデーションは「夜明け」をイメージ。サニブラウンが昨年立ち上げた「DAWN GAMES」から連想されたものだ。 「大会や子どもたちへのメッセージといった意味をデザインに落とし込んでいただきました」とし、「僕が出したのはしっかりしたデザインではなかったですが、少しずつヒントを提示して再現してくださったので完成した時はうれしかったです」。 プーマキャットはゴールド。さらに、「DAWN」のロゴが2パターン新たに作成された。プーマ担当者の安藤悠哉さんは「サニブラウン選手の好みだというシンプルなデザインかつ、インパクトのあるデザインになった」と胸を張り、カットなどは「普段から使っていただいているものの中から、使いやすいもの」をセレクトしたという。 ウエアはタイツも含めて上下各4パターンずつ展開。6月15日より、プーマストアやプーマ公式オンラインストアなどで販売される予定だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

NEWS 宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.30

宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

5月27日から29日かけ、中国・重慶市でWAコンチネンタルツアー・ブロンズの第2回一帯一路招待競技会が行われ、男子200mで宇野勝翔(オリコ)が20秒78(-0.5)で優勝を飾った。 宇野は昨年のアジア大会代表。3月に順 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top