HOME 国内

2024.05.16

サニブラウン パリ五輪で「メダルを取りたい」セイコーゴールデンGPで内定狙う
サニブラウン パリ五輪で「メダルを取りたい」セイコーゴールデンGPで内定狙う

東レとのウエア共同開発会見に臨んだサニブラウン・アブデル・ハキーム

男子100mで世界選手権2大会連続入賞を果たしているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が都内で会見を開いた。

この日はサポートを受ける東レとプーマがサニブラウンの意見を取り入れながら共同開発したウエアを発表。会見の後には今季のこれまでの振り返りと、パリ五輪に向けて意気込みを語った。

今年は5年ぶりに室内60mから出場。「100mを見据えてレースを組み立てていけるように」というテーマで臨み、自己タイ(6秒54)をマークするなど好調ぶりを見せていた。

屋外シーズンでも2レース連続で10秒0台。昨年のブダペスト世界選手権入賞のため参加標準記録(10秒00)を突破すれば代表に即内定するが、そこにはわずか届かず。それでも、「うまくいっている部分も、まだまだな部分もありますが、今年は例年に比べても調子が上がっていますし、練習の手応えがつかめています」と感触は良好だ。

参加標準記録は「遅かれ早かれ出ると思う」と焦りはないが、週末(5月19日)には昨年の日本選手権以来の国内レースとなるセイコーゴールデングランプリ(国立競技場)に出場予定で、「(参加標準記録を)突破したい」と見据えている。

22年オレゴン、23年ブダペストと世界選手権100mでファイナルに残ったものの、「22年は身体的に限界、23年はメンタル面で不完全燃焼。本当に悔しかった」と振り返り、「満足した結果で終えたり。メダルを取りたい」と気持ちを高めている。

心強いアイテムとなるのが高機能素材を採用したウエアの「HSB DAWN コレクション」だ。通気性などはもちろん、サニブラウンがこだわりのUVカットも実現し、「デザインも何度もプーマさんと話し合いながら作っていただいた。動いた時に制限がないですし、毎日、集中して練習できています」と満足した様子だった。

男子100mで世界選手権2大会連続入賞を果たしているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が都内で会見を開いた。 この日はサポートを受ける東レとプーマがサニブラウンの意見を取り入れながら共同開発したウエアを発表。会見の後には今季のこれまでの振り返りと、パリ五輪に向けて意気込みを語った。 今年は5年ぶりに室内60mから出場。「100mを見据えてレースを組み立てていけるように」というテーマで臨み、自己タイ(6秒54)をマークするなど好調ぶりを見せていた。 屋外シーズンでも2レース連続で10秒0台。昨年のブダペスト世界選手権入賞のため参加標準記録(10秒00)を突破すれば代表に即内定するが、そこにはわずか届かず。それでも、「うまくいっている部分も、まだまだな部分もありますが、今年は例年に比べても調子が上がっていますし、練習の手応えがつかめています」と感触は良好だ。 参加標準記録は「遅かれ早かれ出ると思う」と焦りはないが、週末(5月19日)には昨年の日本選手権以来の国内レースとなるセイコーゴールデングランプリ(国立競技場)に出場予定で、「(参加標準記録を)突破したい」と見据えている。 22年オレゴン、23年ブダペストと世界選手権100mでファイナルに残ったものの、「22年は身体的に限界、23年はメンタル面で不完全燃焼。本当に悔しかった」と振り返り、「満足した結果で終えたり。メダルを取りたい」と気持ちを高めている。 心強いアイテムとなるのが高機能素材を採用したウエアの「HSB DAWN コレクション」だ。通気性などはもちろん、サニブラウンがこだわりのUVカットも実現し、「デザインも何度もプーマさんと話し合いながら作っていただいた。動いた時に制限がないですし、毎日、集中して練習できています」と満足した様子だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top