HOME 国内

2024.05.14

円盤投・湯上剛輝がセカンドベストの61m18!6年ぶりに大台突破「諦めずに続けてきてよかった」
円盤投・湯上剛輝がセカンドベストの61m18!6年ぶりに大台突破「諦めずに続けてきてよかった」

男子円盤投の湯上剛輝

5月13日、スウェーデン中部のファールンで行われた「DSAエリート」に男子円盤投の湯上剛輝(トヨタ自動車)が出場し、61m18をマーク。62m16の日本記録(当時)を出した2018年以来、6年ぶりに60mを超える投てきを披露した。

湯上は25歳だった18年日本選手権の3投目に自身初の60m台、そして日本記録となる61m02を投げると、4投目に62m03、5投目に62m16と3投連続で日本記録を更新する快挙で優勝。7月にも60m16をスローするなど、円盤投を担うホープとして期待された。

しかし、19年以降は60mが壁となり、シーズンベストは56m~59m台で推移し、思うように記録を伸ばせなかった。それでも、コロナ禍が落ち着いた21年以降は世界選手権で入賞経験のあるベン・ハラディン氏の指導の下、海外の競技会にも積極的に参加。昨年はスウェーデンで59m98と60mにあと1歩のとろこまで迫っていた。

今季は冬場に南半球でトレーニングを続け、4月には兵庫リレーカーニバルに58m22で優勝。その後、欧州に渡り、スペインやドイツで連戦を重ねていた。

この日は1投目に59m37、2投目に59m54を投げると5投目に61m18をスロー。湯上は試合後にSNSで「もう2度と投げられないのかと思ったこともあった。続けている意味があるのかと思うこともあった」と、この6年を振り返り、「諦めずに続けてきてよかった。自己ベストでもないし、この記録じゃまったく世界と戦えないのは分かっているけど、1つのきっかけとなる素晴らしい日になったと思う」と喜びを語った。

生まれつき両耳の聴力がほとんどなく、デフアスリートとしても戦う湯上。来年は東京で世界選手権とデフリンピックが開催されることが決まっており、両大会での活躍を目指す。

5月13日、スウェーデン中部のファールンで行われた「DSAエリート」に男子円盤投の湯上剛輝(トヨタ自動車)が出場し、61m18をマーク。62m16の日本記録(当時)を出した2018年以来、6年ぶりに60mを超える投てきを披露した。 湯上は25歳だった18年日本選手権の3投目に自身初の60m台、そして日本記録となる61m02を投げると、4投目に62m03、5投目に62m16と3投連続で日本記録を更新する快挙で優勝。7月にも60m16をスローするなど、円盤投を担うホープとして期待された。 しかし、19年以降は60mが壁となり、シーズンベストは56m~59m台で推移し、思うように記録を伸ばせなかった。それでも、コロナ禍が落ち着いた21年以降は世界選手権で入賞経験のあるベン・ハラディン氏の指導の下、海外の競技会にも積極的に参加。昨年はスウェーデンで59m98と60mにあと1歩のとろこまで迫っていた。 今季は冬場に南半球でトレーニングを続け、4月には兵庫リレーカーニバルに58m22で優勝。その後、欧州に渡り、スペインやドイツで連戦を重ねていた。 この日は1投目に59m37、2投目に59m54を投げると5投目に61m18をスロー。湯上は試合後にSNSで「もう2度と投げられないのかと思ったこともあった。続けている意味があるのかと思うこともあった」と、この6年を振り返り、「諦めずに続けてきてよかった。自己ベストでもないし、この記録じゃまったく世界と戦えないのは分かっているけど、1つのきっかけとなる素晴らしい日になったと思う」と喜びを語った。 生まれつき両耳の聴力がほとんどなく、デフアスリートとしても戦う湯上。来年は東京で世界選手権とデフリンピックが開催されることが決まっており、両大会での活躍を目指す。

【動画】湯上剛輝の61mスロー

【画像】6年ぶりの大台突破に笑顔を見せる湯上剛輝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top