HOME 国内

2024.05.14

円盤投・湯上剛輝がセカンドベストの61m18!6年ぶりに大台突破「諦めずに続けてきてよかった」
円盤投・湯上剛輝がセカンドベストの61m18!6年ぶりに大台突破「諦めずに続けてきてよかった」

男子円盤投の湯上剛輝

【動画】湯上剛輝の61mスロー

【画像】6年ぶりの大台突破に笑顔を見せる湯上剛輝

5月13日、スウェーデン中部のファールンで行われた「DSAエリート」に男子円盤投の湯上剛輝(トヨタ自動車)が出場し、61m18をマーク。62m16の日本記録(当時)を出した2018年以来、6年ぶりに60mを超える投てきを披露した。 湯上は25歳だった18年日本選手権の3投目に自身初の60m台、そして日本記録となる61m02を投げると、4投目に62m03、5投目に62m16と3投連続で日本記録を更新する快挙で優勝。7月にも60m16をスローするなど、円盤投を担うホープとして期待された。 しかし、19年以降は60mが壁となり、シーズンベストは56m~59m台で推移し、思うように記録を伸ばせなかった。それでも、コロナ禍が落ち着いた21年以降は世界選手権で入賞経験のあるベン・ハラディン氏の指導の下、海外の競技会にも積極的に参加。昨年はスウェーデンで59m98と60mにあと1歩のとろこまで迫っていた。 今季は冬場に南半球でトレーニングを続け、4月には兵庫リレーカーニバルに58m22で優勝。その後、欧州に渡り、スペインやドイツで連戦を重ねていた。 この日は1投目に59m37、2投目に59m54を投げると5投目に61m18をスロー。湯上は試合後にSNSで「もう2度と投げられないのかと思ったこともあった。続けている意味があるのかと思うこともあった」と、この6年を振り返り、「諦めずに続けてきてよかった。自己ベストでもないし、この記録じゃまったく世界と戦えないのは分かっているけど、1つのきっかけとなる素晴らしい日になったと思う」と喜びを語った。 生まれつき両耳の聴力がほとんどなく、デフアスリートとしても戦う湯上。来年は東京で世界選手権とデフリンピックが開催されることが決まっており、両大会での活躍を目指す。

【動画】湯上剛輝の61mスロー

【画像】6年ぶりの大台突破に笑顔を見せる湯上剛輝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

2024出雲全日本大学選抜駅伝出場校

出場チーム 北海道学連選抜   33回目 東北学連選抜    35回目 青山学院大学    14回目 駒澤大学      30回目 城西大学      6回目 東洋大学      24回目 國學院大學     7回目 法 […]

NEWS 2024全日本大学駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学駅伝出場校

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学    29大会連続31回目 青山学院大学  12大会連続14回目 國學院大學   10大会連続12回目 中央大学     4大会連続31回目 城西大学     2大会連続11 […]

NEWS 2024全日本大学女子駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学女子駅伝出場校

シード校(前回上位8校) 名城大学     26年連続26回目 大東文化大学   14年連続14回目 立命館大学    35年連続35回目 城西大学     30年連続31回目 日本体育大学   13年連続36回目 大阪 […]

NEWS 2025箱根駅伝出場チーム

2024.06.14

2025箱根駅伝出場チーム

出場校 青山学院大学   17年連続30回目 駒澤大学     59年連続59回目 城西大学     3年連続19回目 東洋大学     23年連続83回目 國學院大学    9年連続18回目 法政大学     10年連 […]

NEWS ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

2024.06.14

ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

【動画】福田翔大の自己新スローをチェック! 男子ハンマー投日本歴代10傑 84.86 室伏広治(ミズノ)    2003. 6.29 75.96 室伏重信(中京大教)   1984. 7.15 74.08 土井宏昭(ファ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top