HOME 国内、大学

2024.05.13

筑波大・髙橋亜珠が200mで快勝! 100mHと2冠達成 男子400mH・井之上駿太が48秒91 鵜澤飛羽は200m2年ぶりV/関東IC
筑波大・髙橋亜珠が200mで快勝! 100mHと2冠達成 男子400mH・井之上駿太が48秒91 鵜澤飛羽は200m2年ぶりV/関東IC

24年関東インカレ女子1部200mで優勝し、100mハードルとの2冠を果たした髙橋亜珠

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレの最終日が行われ、女子1部200mは髙橋亜珠(筑波大2)が23秒87で快勝し、100mハードルとの2冠を達成した。

女子100mハードルをU20日本歴代2位の好記録で制していた髙橋が、200mでも快走。大会MVPにも選ばれた。

100mハードルの決勝直後に腰を痛めた影響を感じさせず、準決勝で髙橋萌木子が持っていた大会記録を0.02秒更新。決勝の走りも期待されていた。しかし、決勝は「(マイル)リレーのことや腰の事で不安があったり、考え過ぎてしまいました」とスタートでやや出遅れる。

コーナー出口で先頭に立ち、直線で抜け出したものの「残り20~30mで硬い走りになってしまいました」と腰の痛みの影響から思うように走れず。さらに記録を伸ばすことはできなかった。

あくまでハードルが本職で、200mは走力強化の一環だ。冬場の練習で思った以上に走れたために出場を決め、「どっちも優勝することを目標にしていました」と自信を持って関東インカレに臨んでいた。

100mハードルと200mの組み合わせで出場する選手は珍しく、2冠達成者に限れば1959年の福田晶子さん以来、65年ぶりとなる。走力アップに手応えを得つつ、「走力が上がった分、ちゃんと(ハードルの)インターバルを刻んでいけるようになりたいです」とさらなる成長を誓った。

このほか、男子1部400mハードルは井之上駿太(法大4)が48秒91の好記録で快勝し、男子1部200mは23年ブダペスト世界選手権代表の鵜澤飛羽(筑波大4)は20秒71で貫禄勝ちした。

男子ハーフマラソンは1部はB.キピエゴ(山梨学大2)が1時間1分38秒の大会新記録で2連覇を飾り、梅崎蓮(東洋大4)が1時間3分19秒で日本人トップの2位。2部はK.パトリック(上武大3)が制し、太田蒼生(青学大4)が2位に続いた。女子5000mはS.ワンジル(大東大2)が15分44秒85で優勝し、10000mとの2冠を果たした。

4×400mリレーは男子1部は法大が16年ぶり、女子1部は中大が2年ぶりに優勝を飾った。男子1部総合は順大が2連覇し、女子1部総合は日体大が4連覇。男子2部総合は国武大が制し、2位の東学大とともに1部昇格を決めた。大東大と流経大が2部に降格となった。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目 関東インカレの最終日が行われ、女子1部200mは髙橋亜珠(筑波大2)が23秒87で快勝し、100mハードルとの2冠を達成した。 女子100mハードルをU20日本歴代2位の好記録で制していた髙橋が、200mでも快走。大会MVPにも選ばれた。 100mハードルの決勝直後に腰を痛めた影響を感じさせず、準決勝で髙橋萌木子が持っていた大会記録を0.02秒更新。決勝の走りも期待されていた。しかし、決勝は「(マイル)リレーのことや腰の事で不安があったり、考え過ぎてしまいました」とスタートでやや出遅れる。 コーナー出口で先頭に立ち、直線で抜け出したものの「残り20~30mで硬い走りになってしまいました」と腰の痛みの影響から思うように走れず。さらに記録を伸ばすことはできなかった。 あくまでハードルが本職で、200mは走力強化の一環だ。冬場の練習で思った以上に走れたために出場を決め、「どっちも優勝することを目標にしていました」と自信を持って関東インカレに臨んでいた。 100mハードルと200mの組み合わせで出場する選手は珍しく、2冠達成者に限れば1959年の福田晶子さん以来、65年ぶりとなる。走力アップに手応えを得つつ、「走力が上がった分、ちゃんと(ハードルの)インターバルを刻んでいけるようになりたいです」とさらなる成長を誓った。 このほか、男子1部400mハードルは井之上駿太(法大4)が48秒91の好記録で快勝し、男子1部200mは23年ブダペスト世界選手権代表の鵜澤飛羽(筑波大4)は20秒71で貫禄勝ちした。 男子ハーフマラソンは1部はB.キピエゴ(山梨学大2)が1時間1分38秒の大会新記録で2連覇を飾り、梅崎蓮(東洋大4)が1時間3分19秒で日本人トップの2位。2部はK.パトリック(上武大3)が制し、太田蒼生(青学大4)が2位に続いた。女子5000mはS.ワンジル(大東大2)が15分44秒85で優勝し、10000mとの2冠を果たした。 4×400mリレーは男子1部は法大が16年ぶり、女子1部は中大が2年ぶりに優勝を飾った。男子1部総合は順大が2連覇し、女子1部総合は日体大が4連覇。男子2部総合は国武大が制し、2位の東学大とともに1部昇格を決めた。大東大と流経大が2部に降格となった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top