HOME 国内、大学

2024.05.12

大会フィナーレ飾る男子1部マイルは法大16年ぶりV!アンカー木下祐一「思い入れのあるチームで結果出せて良かった」/関東IC
大会フィナーレ飾る男子1部マイルは法大16年ぶりV!アンカー木下祐一「思い入れのあるチームで結果出せて良かった」/関東IC

16年ぶりに関東インカレ男子4×400mRを制した法大

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレの最終日が行われ、大会最終種目の男子1部4×400mリレーは法大が3分07秒81で16年ぶりの優勝を飾った。2日目の400mで2位に入ったアンカーの木下祐一が東洋大、早大らとの接戦を制し、「思い入れのあるチームで結果を出すことができて良かったです」と喜びを語った。

前日の予選は3分09秒54で4着となり、プラス通過での決勝進出。そのオーダーから2走に400mハードルを48秒91で制した井之上駿太(4年)を配し、予選は1走だった万木大夢(3走)、同3走だった1年生の植田壮太を1走にチェンジ。アンカー・木下に勢いをつけてバトンをつなぐオーダーで臨んだ。

1走の植田は「楽しい先輩と一緒だったので心強かった。持ち味の前半から突っ込むことができました」と上位が見える位置でつなぎ、井之上がヨンパーの疲れからか「納得のいく走りはできませんでした」と言いつつ、混戦の上位争いをキープ。3走の万木は「前と近い位置で自分の好きな展開」と、400m予選敗退の悔しさを晴らす力走でアンカー・木下へバトンを託した。

木下は「自分の走りをしよう」と冷静にスタート。自身の持ち味であるバックストレートで、ライバルとの勢いの差を確認し、この冬季に磨いたラストの強さを発揮。力強く抜け出した、Vフィニッシュを果たした。

法大としては2008年以来、6回目のの関東インカレ制覇。井之上と木下は、京都・洛南高時代にインターハイのこの種目でともに優勝を経験している。その時も同じ走順で、「木下なら絶対に差し切ってくれると思っていました」(井之上)、「井之上はずっと戦ってきたメンバー。ヨンパーがあって難しい日程の中でも走ってくれてうれしかった」。互いに最後の関東インカレへの想いを乗せた力走だった。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目 関東インカレの最終日が行われ、大会最終種目の男子1部4×400mリレーは法大が3分07秒81で16年ぶりの優勝を飾った。2日目の400mで2位に入ったアンカーの木下祐一が東洋大、早大らとの接戦を制し、「思い入れのあるチームで結果を出すことができて良かったです」と喜びを語った。 前日の予選は3分09秒54で4着となり、プラス通過での決勝進出。そのオーダーから2走に400mハードルを48秒91で制した井之上駿太(4年)を配し、予選は1走だった万木大夢(3走)、同3走だった1年生の植田壮太を1走にチェンジ。アンカー・木下に勢いをつけてバトンをつなぐオーダーで臨んだ。 1走の植田は「楽しい先輩と一緒だったので心強かった。持ち味の前半から突っ込むことができました」と上位が見える位置でつなぎ、井之上がヨンパーの疲れからか「納得のいく走りはできませんでした」と言いつつ、混戦の上位争いをキープ。3走の万木は「前と近い位置で自分の好きな展開」と、400m予選敗退の悔しさを晴らす力走でアンカー・木下へバトンを託した。 木下は「自分の走りをしよう」と冷静にスタート。自身の持ち味であるバックストレートで、ライバルとの勢いの差を確認し、この冬季に磨いたラストの強さを発揮。力強く抜け出した、Vフィニッシュを果たした。 法大としては2008年以来、6回目のの関東インカレ制覇。井之上と木下は、京都・洛南高時代にインターハイのこの種目でともに優勝を経験している。その時も同じ走順で、「木下なら絶対に差し切ってくれると思っていました」(井之上)、「井之上はずっと戦ってきたメンバー。ヨンパーがあって難しい日程の中でも走ってくれてうれしかった」。互いに最後の関東インカレへの想いを乗せた力走だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top