HOME 国内、大学

2024.05.11

棒高跳・小林美月が4m00で連覇!「雰囲気で楽しみながらできた」/関東IC
棒高跳・小林美月が4m00で連覇!「雰囲気で楽しみながらできた」/関東IC

関東インカレ棒高跳を制した小林美月

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)3日目

関東インカレの3日目に女子棒高跳が行われ、小林美月(日体大2)が4m00を跳んで大会連覇を達成。4連覇への資格を得た。

3m60からスタートし、3m80、90と1回でクリア。「その流れはすごく良かったです」。4m00を2回目に跳んで優勝を決めた。続く4m10は失敗に終わったが、強い横風が吹き荒れるなか、“女王”としての貫禄を示した。

「プレッシャーもあって、一昨日からなかなか寝られなくて、今日も4時間しか寝られなかったんです」と明かす。それでも、「会場に入ったら応援がすごく響いて、雰囲気が良くて楽しみながら試合をできました」と仲間のエールを力に変えた。初日には同期・北田琉偉が自己新で初優勝。「男女優勝するぞという気持ちで臨んだ」と気合を入れた。

昨年は関東インカレを制し、4m13(U20歴代3位タイ)も持つ。だが、その関東インカレの後から腰に痛みがあったという。しばらくしてMRIを取ると「亀裂が入っていた」。春前はジョグをするのも痛む時もあり、兵庫リレーカーニバルでも3m84の5位止まり。ただ、走り方や土台を作ることで徐々に改善してきた。

冬場は北田らと米国や台湾遠征も敢行。世界トップ選手の試技を間近で見て「レベルの差を感じましたし、助走のスピードやポールの長さが違った」と体感したと同時に「自分ならいけると信じたい」と覚悟を持つきっかけにもなった。

4m10は惜しくも届かなかったが、「今日は走れていたので2回目に、フレックスの硬いポールを使えたのも収穫です」と手応えをつかみ、「4m20はいける。台信(愛)さんの持つ日体大記録(4m20)を塗り替えたいです」と力強く語った。

これで関東インカレこの種目5人目の連覇。今季は日本学生個人、日本インカレの優勝を目標に、6月には連覇しているU20日本選手権ではなく、シニアの日本選手権で日本記録保持者の諸田実咲(アットホーム)らに挑戦する。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)3日目 関東インカレの3日目に女子棒高跳が行われ、小林美月(日体大2)が4m00を跳んで大会連覇を達成。4連覇への資格を得た。 3m60からスタートし、3m80、90と1回でクリア。「その流れはすごく良かったです」。4m00を2回目に跳んで優勝を決めた。続く4m10は失敗に終わったが、強い横風が吹き荒れるなか、“女王”としての貫禄を示した。 「プレッシャーもあって、一昨日からなかなか寝られなくて、今日も4時間しか寝られなかったんです」と明かす。それでも、「会場に入ったら応援がすごく響いて、雰囲気が良くて楽しみながら試合をできました」と仲間のエールを力に変えた。初日には同期・北田琉偉が自己新で初優勝。「男女優勝するぞという気持ちで臨んだ」と気合を入れた。 昨年は関東インカレを制し、4m13(U20歴代3位タイ)も持つ。だが、その関東インカレの後から腰に痛みがあったという。しばらくしてMRIを取ると「亀裂が入っていた」。春前はジョグをするのも痛む時もあり、兵庫リレーカーニバルでも3m84の5位止まり。ただ、走り方や土台を作ることで徐々に改善してきた。 冬場は北田らと米国や台湾遠征も敢行。世界トップ選手の試技を間近で見て「レベルの差を感じましたし、助走のスピードやポールの長さが違った」と体感したと同時に「自分ならいけると信じたい」と覚悟を持つきっかけにもなった。 4m10は惜しくも届かなかったが、「今日は走れていたので2回目に、フレックスの硬いポールを使えたのも収穫です」と手応えをつかみ、「4m20はいける。台信(愛)さんの持つ日体大記録(4m20)を塗り替えたいです」と力強く語った。 これで関東インカレこの種目5人目の連覇。今季は日本学生個人、日本インカレの優勝を目標に、6月には連覇しているU20日本選手権ではなく、シニアの日本選手権で日本記録保持者の諸田実咲(アットホーム)らに挑戦する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top