HOME 編集部コラム

2024.05.04

編集部コラム「Road To FUKUOKA」

★月陸編集部★

攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第243回「Road To FUKUOKA(井上 敦)


2024年のインターハイ都府県大会がいよいよ始まります。各大会の日程はこちらへ!

新年度が始まって1ヵ月ほどですが、高校生は早くも躍動しています。5月3日の静岡国際800mは、男女ともに高校生が優勝しました。記録も素晴らしく、男子は落合晃選手(滋賀学園3)が1分46秒54をマークして、5年ぶりに高校記録とU20日本記録を更新しました。女子は久保凛選手(東大阪大敬愛2)が高校歴代3位、U18日本新の2分03秒57で出しました。

5月上旬に好記録が出て、シーズンが本格化する今後がさらに楽しみです。どこまでタイムを短縮するのやら。ちなみに2人は今年に入って月陸Onlineでインタビューに登場しました。こちらもどうそ。

【高校生FOCUS】落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す
【高校生FOCUS】久保凛(東大阪大敬愛高)ターゲットはインターハイ連覇と日本選手権V

先日のU20アジア選手権(4月24日~27日/UAE・ドバイ)では、29名の日本代表のうち、高校生は6人出場。金4、銀2と全員がメダルを持ち帰ってきました。

また、都府県大会が始まるということは、地域によってはすでに支部大会が行われているということにもなります。都府県大会出場を懸けて必死に走って、跳んで、投げたという人もいるはず。

その中に上位大会出場権を獲得した選手もいれば、涙を流した選手もいるでしょう。もう引退という人は、競技を止めた後も陸上競技場に足を運んで陸上を見に行ってほしいです。

そんな高校アスリートが目指すインターハイ。今年は福岡で開催されます。福岡県開催は1974年以来、ちょうど50年ぶり2度目。会場は県庁所在地の福岡市内ではなく、久留米市の県立久留米スポーツセンター。その前年に完成したばかりの新しい競技場で行われました。

その大会で輝いた1人が、お馴染みの瀬古利彦さん(四日市工・三重)。2年生だった前年の地元・三重インターハイで800mと1500mの2冠を達成し、3年生で迎えた福岡インターハイは、5000mも加えた3種目Vを狙いました。結果は800mと1500mはいずれも2連覇を達成しましたが、5000mは2位。のちにエスビー食品でチームメイトとなる中村孝生さん(前橋工・群馬)に敗れて3冠こそ逃しましたが、2年連続中距離2冠も十分過ぎる偉業です。

女子走高跳では、1年生の八木たまみさん(太田商・群馬/現・市太田)が優勝。八木さんはインターハイを3連覇したあと、1978年には日本女子初の1m90に成功。八木さんの身長は1m64で、記録と身長の差26cmは、当時の女子世界最高。ギネスブックにも載ったというのは知られた話です。

それから半世紀。今回は福岡市内に会場を移し、博多の森競技場(1990年竣工)でどんなドラマが生まれるのでしょうか。今から楽しみです。50年前と同じで中距離種目からスター登場かも?

いよいよ高校陸上界も本格化します。福岡を目指してハイパフォーマンスが楽しみなのはもちろんですが、都府県大会(北海道は支部大会)に出場したみなさんが、それぞれ立てた目標を達成できるように願っています。

井上 敦(いのうえ あつし)
1978年8月生まれ。新潟市江南区出身。横越中→新潟明訓高→某大学(陸上では有名だが、陸上部に入っていないので匿名)。月刊陸上競技編集部には2015年6月中旬から在籍。中学で陸上部に入部して最初は100mを始めたものの、夏には400mに転向する。結果的には中学3年間で県大会に進めなかった。しかし、3年秋の駅伝で区間賞獲得やチームの県大会出場をきっかけにまたまた転向を決意。高校は中距離をメインに、2年の県新人戦1500mで6位に入ったのが最高成績だった。

過去の編集部コラムはこちら

★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第243回「Road To FUKUOKA(井上 敦)

2024年のインターハイ都府県大会がいよいよ始まります。各大会の日程はこちらへ! 新年度が始まって1ヵ月ほどですが、高校生は早くも躍動しています。5月3日の静岡国際800mは、男女ともに高校生が優勝しました。記録も素晴らしく、男子は落合晃選手(滋賀学園3)が1分46秒54をマークして、5年ぶりに高校記録とU20日本記録を更新しました。女子は久保凛選手(東大阪大敬愛2)が高校歴代3位、U18日本新の2分03秒57で出しました。 5月上旬に好記録が出て、シーズンが本格化する今後がさらに楽しみです。どこまでタイムを短縮するのやら。ちなみに2人は今年に入って月陸Onlineでインタビューに登場しました。こちらもどうそ。 【高校生FOCUS】落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す 【高校生FOCUS】久保凛(東大阪大敬愛高)ターゲットはインターハイ連覇と日本選手権V 先日のU20アジア選手権(4月24日~27日/UAE・ドバイ)では、29名の日本代表のうち、高校生は6人出場。金4、銀2と全員がメダルを持ち帰ってきました。 また、都府県大会が始まるということは、地域によってはすでに支部大会が行われているということにもなります。都府県大会出場を懸けて必死に走って、跳んで、投げたという人もいるはず。 その中に上位大会出場権を獲得した選手もいれば、涙を流した選手もいるでしょう。もう引退という人は、競技を止めた後も陸上競技場に足を運んで陸上を見に行ってほしいです。 そんな高校アスリートが目指すインターハイ。今年は福岡で開催されます。福岡県開催は1974年以来、ちょうど50年ぶり2度目。会場は県庁所在地の福岡市内ではなく、久留米市の県立久留米スポーツセンター。その前年に完成したばかりの新しい競技場で行われました。 その大会で輝いた1人が、お馴染みの瀬古利彦さん(四日市工・三重)。2年生だった前年の地元・三重インターハイで800mと1500mの2冠を達成し、3年生で迎えた福岡インターハイは、5000mも加えた3種目Vを狙いました。結果は800mと1500mはいずれも2連覇を達成しましたが、5000mは2位。のちにエスビー食品でチームメイトとなる中村孝生さん(前橋工・群馬)に敗れて3冠こそ逃しましたが、2年連続中距離2冠も十分過ぎる偉業です。 女子走高跳では、1年生の八木たまみさん(太田商・群馬/現・市太田)が優勝。八木さんはインターハイを3連覇したあと、1978年には日本女子初の1m90に成功。八木さんの身長は1m64で、記録と身長の差26cmは、当時の女子世界最高。ギネスブックにも載ったというのは知られた話です。 それから半世紀。今回は福岡市内に会場を移し、博多の森競技場(1990年竣工)でどんなドラマが生まれるのでしょうか。今から楽しみです。50年前と同じで中距離種目からスター登場かも? いよいよ高校陸上界も本格化します。福岡を目指してハイパフォーマンスが楽しみなのはもちろんですが、都府県大会(北海道は支部大会)に出場したみなさんが、それぞれ立てた目標を達成できるように願っています。
井上 敦(いのうえ あつし) 1978年8月生まれ。新潟市江南区出身。横越中→新潟明訓高→某大学(陸上では有名だが、陸上部に入っていないので匿名)。月刊陸上競技編集部には2015年6月中旬から在籍。中学で陸上部に入部して最初は100mを始めたものの、夏には400mに転向する。結果的には中学3年間で県大会に進めなかった。しかし、3年秋の駅伝で区間賞獲得やチームの県大会出場をきっかけにまたまた転向を決意。高校は中距離をメインに、2年の県新人戦1500mで6位に入ったのが最高成績だった。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top