HOME 国内

2024.05.03

ハンマー投・福田翔大が73m00!!室伏親子、土井に続く日本人4人目の到達「かなり良いスタート」/静岡国際
ハンマー投・福田翔大が73m00!!室伏親子、土井に続く日本人4人目の到達「かなり良いスタート」/静岡国際

24年静岡国際男子ハンマー投で優勝した福田翔大

◇静岡国際陸上(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

日本グランプリシリーズG1の静岡国際が5月3日に行われ、男子ハンマー投は福田翔大(住友電工)が73m00の自己新で優勝した。この記録は日本歴代4位で、日本歴代では日本記録を持つ室伏広治、その父である室伏重信、そして土井宏昭に続く、4人目の73mへの到達だった。

福田は1回目に67m62で滑り出すと、2回目にビッグスロー。ただ、その後はファウルや失敗が続く。それでも6回目にもこれまでの自己記録(72m18)を上回る72m72を投げて締めくくった。「かなり良いスタートが切れました」と納得の表情を浮かべる。

「73mは手応えがあるというより、8割くらいの感覚で投げています」と福田。「力もついているので、もっとスピードを上げたいのですが、本気で投げるとまだ形が崩れてしまう」というのがその理由で、今は「それが正解なのかな」と言う。実際、「67mやファウルの投げはその悪い癖が出てしまいました」と反省する。

日大時代に日本選手権も制し、昨年はアジア選手権で銅メダルを獲得。アジア大会にも出場した。日本インカレでは室伏広治の大会記録を27年ぶりに更新するなど、ハンマー投のホープとして期待を集める。今春、住友電工に加入し、「意識の高い環境に身を置くことで、日常生活のふとした瞬間でも甘えができなくて、追い込めているので楽しいです」と笑顔を見せる。

パリ五輪の参加標準記録(78m20)は遠いが、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)32も見える41位にランクインしている。「まずはしっかり74mを投げられるようになっていきたい。アジア投てき選手権や日本選手権でしっかりポイントを積み上げていきたいです」と福田。そして、記録面では大学時代に指導を受け、今もアドバイスをもらう室伏重信氏の記録75m96を「超えたい」と“師匠超え”を目指していく。

◇静岡国際陸上(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム) 日本グランプリシリーズG1の静岡国際が5月3日に行われ、男子ハンマー投は福田翔大(住友電工)が73m00の自己新で優勝した。この記録は日本歴代4位で、日本歴代では日本記録を持つ室伏広治、その父である室伏重信、そして土井宏昭に続く、4人目の73mへの到達だった。 福田は1回目に67m62で滑り出すと、2回目にビッグスロー。ただ、その後はファウルや失敗が続く。それでも6回目にもこれまでの自己記録(72m18)を上回る72m72を投げて締めくくった。「かなり良いスタートが切れました」と納得の表情を浮かべる。 「73mは手応えがあるというより、8割くらいの感覚で投げています」と福田。「力もついているので、もっとスピードを上げたいのですが、本気で投げるとまだ形が崩れてしまう」というのがその理由で、今は「それが正解なのかな」と言う。実際、「67mやファウルの投げはその悪い癖が出てしまいました」と反省する。 日大時代に日本選手権も制し、昨年はアジア選手権で銅メダルを獲得。アジア大会にも出場した。日本インカレでは室伏広治の大会記録を27年ぶりに更新するなど、ハンマー投のホープとして期待を集める。今春、住友電工に加入し、「意識の高い環境に身を置くことで、日常生活のふとした瞬間でも甘えができなくて、追い込めているので楽しいです」と笑顔を見せる。 パリ五輪の参加標準記録(78m20)は遠いが、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)32も見える41位にランクインしている。「まずはしっかり74mを投げられるようになっていきたい。アジア投てき選手権や日本選手権でしっかりポイントを積み上げていきたいです」と福田。そして、記録面では大学時代に指導を受け、今もアドバイスをもらう室伏重信氏の記録75m96を「超えたい」と“師匠超え”を目指していく。

男子ハンマー投日本歴代10傑

84.86 室伏広治(ミズノ)    2003. 6.29 75.96 室伏重信(中京大教)   1984. 7.15 74.08 土井宏昭(ファイテン)  2007. 6.16 73.00 福田翔大(住友電工)   2024. 5. 3 72.92 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 2023. 5. 3 72.47 海老原亘(三英社)    2000. 6.25 72.43 野口裕史(群馬綜合ガードシステム) 2013.10. 7 71.39 中川達斗(九州共立大M2) 2022. 9. 9 71.34 古旗崇裕(BUAC)     2022. 6.10 71.22 墨訓煕(小林クリエイト) 2022. 7.17

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top