HOME 国内、日本代表

2024.04.20

東京の再来を!女子4×100mR鶴田玲美と君嶋愛梨沙を軸にパリ五輪出場権狙う
東京の再来を!女子4×100mR鶴田玲美と君嶋愛梨沙を軸にパリ五輪出場権狙う

世界リレー女子4×100mRメンバー(公開練習時)

日本陸連は4月20日、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界リレー(バハマ・ナッソー)に向けた男女4×100mリレーの代表合宿を公開した。

女子4×100mリレーは、東京五輪のリレーメンバーでもある鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、22年オレゴン世界選手権リレー代表の君嶋愛梨沙(土木管理総合)の2人、そして2017年世界リレー代表・青野朱李(NDソフト)、初代表の三浦愛華(愛媛競技力本部)と山形愛羽(福岡大)という編成となった。

この日初めて集まったが、信岡沙希重コーチ(福岡大)が「フレッシュなメンバーもいたのでドキドキでしたが、想定より良い形でできました」と言うように、バトン練習でもコミュニケーションを取りながら進めるなど、雰囲気の良さを感じさせた。

チームの軸になるのは鶴田と君嶋だ。昨年は個人の200mでもブダペスト世界選手権に出場した鶴田。ジャージに袖を通し、「代表に選ばれたんだなと気が引き締まります」と言う。

今季は世界リレーも踏まえて早めにシーズンインし、100mで11秒44のベスト、自己記録23秒17(日本歴代3位タイ)を持つ得意の200mでも2月に追い風参考ながら23秒06(+3.3)を出すなど好調で、「冬の間、スピードの質を保って練習ができました」と話す。

2021年には、世界リレーの出場権がなかったところから、辞退した国があったことで出場にこぎ着けると、決勝に進出して東京五輪とオレゴン世界選手権の出場権をもぎ取った。その経験を知るただ1人のメンバーで「本当に崖っぷちから自分たちでつかみ取りましたし、自分の人生においても転機でした。そういう経験を新しい選手に伝えていきたい」と強い決意をにじませる。

11秒36、23秒17がベストで、昨年の日本選手権では2冠を達成した君嶋。日本選手権以降は故障もあったが、アジア選手権とブダペスト世界選手権(100m)にも出場するなど、27歳で大舞台を踏んだ。

「アジア選手権以来のリレーで緊張感もありましたが、チームの雰囲気も良くなっていると思います」と笑顔。最年長だが「キャプテンとか引っ張るというタイプではないですが、みんながパフォーマンスを上げられるチーム作りができれば。年齢やタイム関係なく、みんなで雰囲気を作っていきたい」とした。

昨シーズン終了後から2度、ジャマイカで武者修行したという君嶋。中学生時代から中学記録を出して注目を集めてきたが、高校時代には同級生の土井杏南(現・JAL)がロンドン五輪で高校生オリンピアンになり、日体大時代にはボブスレーに挑戦してあと一歩で冬季五輪を逃している。それだけに「オリンピックは選ばれた者だけが出られる場所」と、懸ける思いは強い。

今季100mで11秒58を出し、23秒43(+2.7)で出雲陸上200mを制した青野、スタートが持ち味の三浦、そして、昨年のインターハイ100m・200m2冠で出雲陸上100mでU20日本歴代2位タイの11秒46をマーク山形と、現時点で調子の良いメンバーはそろった。

パリ五輪出場に向けて、信岡コーチは「かなり厳しい。ゆとりはまったくない。まずは最高のパフォーマンスをして、日本記録(43秒33)を大きく超えないといけないですし、その上で相手がどうか」と現状を受け止めつつ、「東京五輪、オレゴン世界選手権とギリギリのところでつないできているので、本番で力を発揮できるようになったのは女子チームが成長したところ。本番で力を出したい」と世界リレーでの奮起を誓う。

世界リレーは5月4、5日に開催。8月のパリ五輪の出場国選考を兼ねた重要な競技会で、上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

日本陸連は4月20日、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界リレー(バハマ・ナッソー)に向けた男女4×100mリレーの代表合宿を公開した。 女子4×100mリレーは、東京五輪のリレーメンバーでもある鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、22年オレゴン世界選手権リレー代表の君嶋愛梨沙(土木管理総合)の2人、そして2017年世界リレー代表・青野朱李(NDソフト)、初代表の三浦愛華(愛媛競技力本部)と山形愛羽(福岡大)という編成となった。 この日初めて集まったが、信岡沙希重コーチ(福岡大)が「フレッシュなメンバーもいたのでドキドキでしたが、想定より良い形でできました」と言うように、バトン練習でもコミュニケーションを取りながら進めるなど、雰囲気の良さを感じさせた。 チームの軸になるのは鶴田と君嶋だ。昨年は個人の200mでもブダペスト世界選手権に出場した鶴田。ジャージに袖を通し、「代表に選ばれたんだなと気が引き締まります」と言う。 今季は世界リレーも踏まえて早めにシーズンインし、100mで11秒44のベスト、自己記録23秒17(日本歴代3位タイ)を持つ得意の200mでも2月に追い風参考ながら23秒06(+3.3)を出すなど好調で、「冬の間、スピードの質を保って練習ができました」と話す。 2021年には、世界リレーの出場権がなかったところから、辞退した国があったことで出場にこぎ着けると、決勝に進出して東京五輪とオレゴン世界選手権の出場権をもぎ取った。その経験を知るただ1人のメンバーで「本当に崖っぷちから自分たちでつかみ取りましたし、自分の人生においても転機でした。そういう経験を新しい選手に伝えていきたい」と強い決意をにじませる。 11秒36、23秒17がベストで、昨年の日本選手権では2冠を達成した君嶋。日本選手権以降は故障もあったが、アジア選手権とブダペスト世界選手権(100m)にも出場するなど、27歳で大舞台を踏んだ。 「アジア選手権以来のリレーで緊張感もありましたが、チームの雰囲気も良くなっていると思います」と笑顔。最年長だが「キャプテンとか引っ張るというタイプではないですが、みんながパフォーマンスを上げられるチーム作りができれば。年齢やタイム関係なく、みんなで雰囲気を作っていきたい」とした。 昨シーズン終了後から2度、ジャマイカで武者修行したという君嶋。中学生時代から中学記録を出して注目を集めてきたが、高校時代には同級生の土井杏南(現・JAL)がロンドン五輪で高校生オリンピアンになり、日体大時代にはボブスレーに挑戦してあと一歩で冬季五輪を逃している。それだけに「オリンピックは選ばれた者だけが出られる場所」と、懸ける思いは強い。 今季100mで11秒58を出し、23秒43(+2.7)で出雲陸上200mを制した青野、スタートが持ち味の三浦、そして、昨年のインターハイ100m・200m2冠で出雲陸上100mでU20日本歴代2位タイの11秒46をマーク山形と、現時点で調子の良いメンバーはそろった。 パリ五輪出場に向けて、信岡コーチは「かなり厳しい。ゆとりはまったくない。まずは最高のパフォーマンスをして、日本記録(43秒33)を大きく超えないといけないですし、その上で相手がどうか」と現状を受け止めつつ、「東京五輪、オレゴン世界選手権とギリギリのところでつないできているので、本番で力を発揮できるようになったのは女子チームが成長したところ。本番で力を出したい」と世界リレーでの奮起を誓う。 世界リレーは5月4、5日に開催。8月のパリ五輪の出場国選考を兼ねた重要な競技会で、上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top