HOME 編集部コラム

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」
編集部コラム「新年度スタート」

24年金栗記念男子1500mのレースシーン

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第241回「新年度スタート(小川)

 

2024年度が始まりましたね。

通勤の最寄り駅は、近くに日本武道館があるので、毎年、3月末には大学卒業を迎える人たち、4月に入るとに大学入学の人たちでいっぱいになります。

年度の移り変わりを肌で感じられるこの時期は、結構好き。自分自身に特に変化があるわけでもなく、締め切り間際のドタバタで頭がいっぱいになる時期なのですが、自然と背筋が伸びる思いになりながら、会社に向かっています。

ちなみに、作業の合間を縫うようにしてですが、武道館の桜を観に行けるのもこの時期のいいところ。今年は人が多すぎて、千鳥ヶ淵まではとてもたどりつきませんでしたが…

陸上も新シーズンが始まり、パリ五輪までいよいよ100日を切りました。先週末から日本グランプリシリーズが開幕し、明日からはダイヤモンドリーグがスタート。世界競歩チーム選手権や世界リレーでは、「リレー」での五輪出場権獲得を目指します。代表選考もこれからも佳境。国内外で日本のトップ選手たちが躍動する姿がたくさん見られる……はず!

学生は来月のインカレに向けて、チーム内選考のタイミングでしょうか。高校生も早い地域では、インターハイ予選がスタートします。

新年度が始まったばかりなのに、最終学年の人たちにとっては「引退」が懸かる大会がやってくる。最後の夏を目指す最上級生たちの背中を、下級生たちはどんな気持ちで見つめるのでしょうか。そうやって、各校の伝統がしっかりとつながっていけばと願います。冬季練習の成果が、実りますように。

また、東京世界陸上の準備も着々と進んでいます。

昨日、公式SNSが始動して「皆さんで盛り上げていきましょう!」と投稿されていました。もうすぐ、大会500日前。いよいよカウントダウンですね!

テレビで観た、スタンドが満員になった国立競技場は、今でも記憶に残っています。大阪世界陸上や、東京五輪では叶いませんでしたが、来年の世界陸上でもう1度満員の国立競技場を見たいものです。

そのために、今年度も月陸、月陸Onlineは選手たちの活躍を追い続けますので、どうぞよろしくお願いいたします!

小川雅生(おがわ・まさお)
月刊陸上競技編集部 部長
1977年7月12日生まれ、46歳。173cm、67kg、AB型。大阪府東大阪市で出生、兵庫県尼崎市育ち。塚口中→尼崎北高→甲南大。3つ年上の兄の影響で中学から陸上部に入り、大学まで取り組む(専門種目はハードル)。塚口中3年の時、OBで1992年バルセロナ五輪男子走幅跳代表の森長正樹さんの壮行会で生徒会長として花束を渡したが、当時の新聞には私の隣にいた書記のコメントが載っていたという実績を持つ。今季の健康診断では現状をキープ。自己新を目指して新たな取り組みをスタートさせた。

過去の編集部コラムはこちら

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第241回「新年度スタート(小川)

  2024年度が始まりましたね。 通勤の最寄り駅は、近くに日本武道館があるので、毎年、3月末には大学卒業を迎える人たち、4月に入るとに大学入学の人たちでいっぱいになります。 年度の移り変わりを肌で感じられるこの時期は、結構好き。自分自身に特に変化があるわけでもなく、締め切り間際のドタバタで頭がいっぱいになる時期なのですが、自然と背筋が伸びる思いになりながら、会社に向かっています。 ちなみに、作業の合間を縫うようにしてですが、武道館の桜を観に行けるのもこの時期のいいところ。今年は人が多すぎて、千鳥ヶ淵まではとてもたどりつきませんでしたが… 陸上も新シーズンが始まり、パリ五輪までいよいよ100日を切りました。先週末から日本グランプリシリーズが開幕し、明日からはダイヤモンドリーグがスタート。世界競歩チーム選手権や世界リレーでは、「リレー」での五輪出場権獲得を目指します。代表選考もこれからも佳境。国内外で日本のトップ選手たちが躍動する姿がたくさん見られる……はず! 学生は来月のインカレに向けて、チーム内選考のタイミングでしょうか。高校生も早い地域では、インターハイ予選がスタートします。 新年度が始まったばかりなのに、最終学年の人たちにとっては「引退」が懸かる大会がやってくる。最後の夏を目指す最上級生たちの背中を、下級生たちはどんな気持ちで見つめるのでしょうか。そうやって、各校の伝統がしっかりとつながっていけばと願います。冬季練習の成果が、実りますように。 また、東京世界陸上の準備も着々と進んでいます。 昨日、公式SNSが始動して「皆さんで盛り上げていきましょう!」と投稿されていました。もうすぐ、大会500日前。いよいよカウントダウンですね! テレビで観た、スタンドが満員になった国立競技場は、今でも記憶に残っています。大阪世界陸上や、東京五輪では叶いませんでしたが、来年の世界陸上でもう1度満員の国立競技場を見たいものです。 そのために、今年度も月陸、月陸Onlineは選手たちの活躍を追い続けますので、どうぞよろしくお願いいたします!
小川雅生(おがわ・まさお) 月刊陸上競技編集部 部長 1977年7月12日生まれ、46歳。173cm、67kg、AB型。大阪府東大阪市で出生、兵庫県尼崎市育ち。塚口中→尼崎北高→甲南大。3つ年上の兄の影響で中学から陸上部に入り、大学まで取り組む(専門種目はハードル)。塚口中3年の時、OBで1992年バルセロナ五輪男子走幅跳代表の森長正樹さんの壮行会で生徒会長として花束を渡したが、当時の新聞には私の隣にいた書記のコメントが載っていたという実績を持つ。今季の健康診断では現状をキープ。自己新を目指して新たな取り組みをスタートさせた。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top