HOME 国内

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー
十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

男子十種競技の右代啓祐(国士舘クラブ)

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。

8308点の日本記録を持つ右代。大会には22年オレゴン世界選手権4位の23歳A.オーウェンス・デラーム(プエルトリコ)や米国の学生など若手選手が多く出場するなか、今年7月に38歳を迎えるベテランの右代も奮起した。

スプリント種目では苦戦したものの、円盤投では46m52と種目別では4位の好記録を出したほか、砲丸投、棒高跳の3種目で23年のシーズンベストを上回る記録をマーク。総合得点でも昨年の木南記念(7112点)を超え、2006年から続けている7000点超えは19年連続となった。

右代は試合後に自身のSNSを更新し、「7164点でした。もっと強くなりたい」と写真とともにコメントを発表。次戦は6月に行われる日本選手権混成(岐阜)に出場することを明らかにした。

なお、試合はオーウェンス・デラームが8732点の今季世界最高で優勝を果たした。

また、女子七種競技にはヘンプヒル恵(アトレ)が途中が5種目めまで出場し、3983点を獲得したところで途中棄権している。

マウントサックリレーは現地時間の20日まで行われ、男子100mと200mに小池祐貴(住友電工)がエントリー。男子200mに中島佑気ジョセフ(富士通)が登録しているほか、女子ハンマー投日本記録保持者のマッカーサー・ジョイ(NMFA)や1500mの後藤夢(ユニクロ)などが出場を予定している。

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右代。大会には22年オレゴン世界選手権4位の23歳A.オーウェンス・デラーム(プエルトリコ)や米国の学生など若手選手が多く出場するなか、今年7月に38歳を迎えるベテランの右代も奮起した。 スプリント種目では苦戦したものの、円盤投では46m52と種目別では4位の好記録を出したほか、砲丸投、棒高跳の3種目で23年のシーズンベストを上回る記録をマーク。総合得点でも昨年の木南記念(7112点)を超え、2006年から続けている7000点超えは19年連続となった。 右代は試合後に自身のSNSを更新し、「7164点でした。もっと強くなりたい」と写真とともにコメントを発表。次戦は6月に行われる日本選手権混成(岐阜)に出場することを明らかにした。 なお、試合はオーウェンス・デラームが8732点の今季世界最高で優勝を果たした。 また、女子七種競技にはヘンプヒル恵(アトレ)が途中が5種目めまで出場し、3983点を獲得したところで途中棄権している。 マウントサックリレーは現地時間の20日まで行われ、男子100mと200mに小池祐貴(住友電工)がエントリー。男子200mに中島佑気ジョセフ(富士通)が登録しているほか、女子ハンマー投日本記録保持者のマッカーサー・ジョイ(NMFA)や1500mの後藤夢(ユニクロ)などが出場を予定している。

【画像】米国の若手選手たちと2日間を戦い抜いた右代啓祐

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

女子総合は富山中部が初制覇! 松木愛結は100mH14秒14&4種目V 谷川晴香が砲丸投と七種競技制す/IH富山県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 富山県大会は5月24日~27日の4日間、富山市の富山県総合運動公園競技場で開催された。 各種目 […]

NEWS 女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

2024.05.30

女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 鳥取県大会は5月25日~27日の3日間、鳥取市のヤマタスポーツパーク競技場で行われた。 女子では […]

NEWS 男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

2024.05.30

男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福井県大会は5月25日~27日の3日間、福井市の福井県営陸上競技場で行われた。 男子やり投では山 […]

NEWS 弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top