HOME 国内、箱根駅伝、大学
関東学連新会長に植田恭史氏が就任!青学大・原晋監督が駅伝対策委員長、法大・苅部俊二監督が強化委員長に!一般社団法人に移行して新たなスタート
関東学連新会長に植田恭史氏が就任!青学大・原晋監督が駅伝対策委員長、法大・苅部俊二監督が強化委員長に!一般社団法人に移行して新たなスタート

関東学連の会長に就任した植田恭史氏

関東学生陸上競技連盟は4月1日に理事会を開き、新会長に植田恭史氏が就任したことを発表した。

植田氏は1955年生まれの68歳。三段跳で東海大4年時に日本選手権優勝、美津濃(現・ミズノ)所属だった1984年のロサンゼルス五輪出場した。自己ベストは同年に出した当時日本歴代2位の16m71。現役引退後は東海大教員となり、陸上競技部の指導者に。2008年北京五輪男子走高跳代表の醍醐直幸(現・東海大コーチ)、16年リオ五輪男子三段跳代表の長谷川大悟、昨年のブダペスト世界陸上男子三段跳代表の池畠旭佳瑠(現・駿河台大AC)をはじめ、日本トップクラスのジャンパーを数多く育成した。同大では体育学部競技スポーツ学科教授を務め、陸上競技部監督、部長を歴任。2021年に退職した。

広告の下にコンテンツが続きます

関東学連では強化委員長、副会長を経て、新会長に。「現在、本連盟には100校超える加盟校と8000名を超える学生競技者が所属しています。本連盟「学生競技者憲章」を遵守し、各校相互の親睦を深め、互いに切磋琢磨して競技力の向上に努め、陸上競技の普及と発展に寄与することを目的としています。その目的を達成するために、関東インカレや箱根駅伝などの競技会の開催、加盟校の学生競技者の競技力の向上、将来わが国の陸上競技を支える有望な人材の育成を目指します」と抱負を述べた。

前会長の有吉正博氏、名誉会長の靑葉昌幸氏はそれぞれ名誉会長、相談役となる。

合わせて、4月1日より一般社団法人へと移行することも発表され、業務執行理事を務める3役のうち、副会長には秋元惠美氏、神奈川大部長・総監督の大後栄治氏、青学大短距離走監督の安井年文氏、前副会長の日隈広至氏が専務理事となり、常務理事には法大監督の苅部俊二氏、青学大長距離監督の原晋氏、総務委員長の藤坂英二氏、財務委員長の木下澄雄氏が就任。苅部氏は強化委員長、原氏は駅伝対策委員長に新たに就いて兼務する。

また、理事には各大学指導者を中心に総勢27名が名を連ね、外部理事として日本陸連アスリート委員会委員で、2008年北京五輪4×100mリレー銀メダルの高平慎士氏が加わった。

広告の下にコンテンツが続きます
関東学生陸上競技連盟は4月1日に理事会を開き、新会長に植田恭史氏が就任したことを発表した。 植田氏は1955年生まれの68歳。三段跳で東海大4年時に日本選手権優勝、美津濃(現・ミズノ)所属だった1984年のロサンゼルス五輪出場した。自己ベストは同年に出した当時日本歴代2位の16m71。現役引退後は東海大教員となり、陸上競技部の指導者に。2008年北京五輪男子走高跳代表の醍醐直幸(現・東海大コーチ)、16年リオ五輪男子三段跳代表の長谷川大悟、昨年のブダペスト世界陸上男子三段跳代表の池畠旭佳瑠(現・駿河台大AC)をはじめ、日本トップクラスのジャンパーを数多く育成した。同大では体育学部競技スポーツ学科教授を務め、陸上競技部監督、部長を歴任。2021年に退職した。 関東学連では強化委員長、副会長を経て、新会長に。「現在、本連盟には100校超える加盟校と8000名を超える学生競技者が所属しています。本連盟「学生競技者憲章」を遵守し、各校相互の親睦を深め、互いに切磋琢磨して競技力の向上に努め、陸上競技の普及と発展に寄与することを目的としています。その目的を達成するために、関東インカレや箱根駅伝などの競技会の開催、加盟校の学生競技者の競技力の向上、将来わが国の陸上競技を支える有望な人材の育成を目指します」と抱負を述べた。 前会長の有吉正博氏、名誉会長の靑葉昌幸氏はそれぞれ名誉会長、相談役となる。 合わせて、4月1日より一般社団法人へと移行することも発表され、業務執行理事を務める3役のうち、副会長には秋元惠美氏、神奈川大部長・総監督の大後栄治氏、青学大短距離走監督の安井年文氏、前副会長の日隈広至氏が専務理事となり、常務理事には法大監督の苅部俊二氏、青学大長距離監督の原晋氏、総務委員長の藤坂英二氏、財務委員長の木下澄雄氏が就任。苅部氏は強化委員長、原氏は駅伝対策委員長に新たに就いて兼務する。 また、理事には各大学指導者を中心に総勢27名が名を連ね、外部理事として日本陸連アスリート委員会委員で、2008年北京五輪4×100mリレー銀メダルの高平慎士氏が加わった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top