HOME 駅伝

2024.03.30

早大・相楽豊チーム戦略アドバイザーが退任 15年から22年まで駅伝監督務める
早大・相楽豊チーム戦略アドバイザーが退任 15年から22年まで駅伝監督務める

15年から22年まで早大駅伝監督を務めた相楽豊氏

相楽豊氏の退任コメント全文

「この度、3月末をもってチーム戦略アドバイザー(TSA)を退任し、競走部の指導スタッフから離れることになりました。
2005年にコーチとしてスタートし、駅伝監督、現職と通算して19年間指導に携わり、歴々の学生とともに全力で駆け抜ける日々でした。
この時間は私自身にとっても、多くの学びと大きな成長を得られる大変貴重な機会でありました。
また、就任中には学生をはじめ、多くの関係者の方々とのご縁をいただき、これも私の一生において何物にも代え難い大きな財産となっております。
長きにわたりご指導・ご支援をいただき、本当にありがとうございました。
今後も早稲田大学競走部へのお力添えのほど、何卒よろしくお願い申し上げます」

早大は3月29日、チーム戦略アドバイザーを務めていた相楽豊氏が退任し、競走部の指導スタッフから離れることを発表した。 相楽氏は43歳。福島・安積高から早大に進み、1年時には箱根駅伝5区に出場。3年では6区8位と力走している。03年に卒業後は郷里で教員をしていたが、05年から早大の長距離コーチに就任し、渡辺康幸駅伝監督(現・住友電工監督)をサポートした。10年には学生駅伝3冠を達成している。 15年からは渡辺氏の後を受けて、駅伝監督に就任。22年に退任するまでの7年間、箱根駅伝では3位2回を含め5度シード権を獲得。16年全日本大学駅伝では2位という成績を残した。 相楽氏は退任にあたり、「2005年にコーチとしてスタートし、駅伝監督、現職と通算して19年間指導に携わり、歴々の学生とともに全力で駆け抜ける日々でした」と振り返り、「就任中には学生をはじめ、多くの関係者の方々とのご縁をいただき、これも私の一生において何物にも代え難い大きな財産となっております」と挨拶した。

相楽豊氏の退任コメント全文

「この度、3月末をもってチーム戦略アドバイザー(TSA)を退任し、競走部の指導スタッフから離れることになりました。 2005年にコーチとしてスタートし、駅伝監督、現職と通算して19年間指導に携わり、歴々の学生とともに全力で駆け抜ける日々でした。 この時間は私自身にとっても、多くの学びと大きな成長を得られる大変貴重な機会でありました。 また、就任中には学生をはじめ、多くの関係者の方々とのご縁をいただき、これも私の一生において何物にも代え難い大きな財産となっております。 長きにわたりご指導・ご支援をいただき、本当にありがとうございました。 今後も早稲田大学競走部へのお力添えのほど、何卒よろしくお願い申し上げます」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

【写真】現地試合会場での秦の様子をチェック! 5/24 結果 大会名 P-T-S meeting会場 SNP(スロバキア) 秦 澄美鈴走幅跳 6m52 第2位 ご声援ありがとうございました。#住友電工陸上競技部 pic. […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック! 女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

【写真】全米学生選手権出場を決めた石井優吉 M 800m (Quarterfinal) WHAT A RACE🤯 Handal and Yuki drop huge times in the 800 quarterfin […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top