HOME 編集部コラム

2024.03.09

編集部コラム「トレーニング今昔物語」
編集部コラム「トレーニング今昔物語」

ゲラルド・マック氏(撮影年不明)

毎週金曜日更新!?
★月陸編集部★
攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第236回「トレーニング今昔物語(井上 敦)

なんと、このタイミングでコラムの当番とは……。来週3月14日には月陸4月号が発売されますが、現在制作の大詰め段階です。そんな状況で……。日頃の行いが悪いということでしょう。神様はよく見ていらっしゃる。

広告の下にコンテンツが続きます

この時期は高校のトレーニング取材に出掛けています。昨年は駅伝企画で、佐久長聖(長野)や倉敷(岡山)、2年前は洛南(京都)にもお邪魔しております。今年もある学校へ。トレーニング取材に行くと、ついつい自分の中学・高校時代と比較することもままあります。

もう30年以上前、中3時代の話。競技経験のある先生が着任し、内容は一変。体操やドリルが終わると200m×5本が入りました。流しよりも速くて、全力近いペースで結構キツイ。それが終わってからブロック別練習です。もちろん、ブロック別練習の強度も高くなりました。

一気に練習がきつくなると、顔が真っ青になってグロッキー状態の部員もチラホラ。今までサボり気味だった人はよりいっそう練習にこなくなりました。

私もきつかったけど、「速くなりたい」と思っていたし、これだけ、やれば「絶対速くなるはず」とも思っていました。その結果、タイムは大幅に更新できました。チームメイトには北信越大会に出た選手もいました。

広告の下にコンテンツが続きます

秋は駅伝練習に参加。この練習もなかなかきつかった。学校の近くに、田んぼの中を通る片道約1.8kmの自転車道があって、そこを1往復するロード走(ほぼ全力)。その後にグラウンドに戻って1000m×5本のインターバル。平日はほぼそんなメニューでした。

上位大会に進むと、各区間は距離が延びる自転車道が2往復となりました。1000mのインターバルは本数が少なくなったけど、それでも、多い日は走行距離の合計で10kmを越えていました。

現在中学駅伝は男女ともに1区間最長3kmですが、30年前は男子で5km前後の区間はわりとありました(少なくとも新潟県は)。県中学駅伝で私が走った区間は5.5km。そうなると、練習の距離も長くなります。

それでも、故障する人はほとんどいなかったので不思議なものです。当時の駅伝練習は、簡単な準備体操をして身体をほぐし、すぐ専門練習でした。ドリルをやり続けた記憶はないです。

広告の下にコンテンツが続きます

でも、今では長距離も、ドリルや動き作りを取り入れています。以前取材に行ったある駅伝強豪校は、1時間あまりじっくりと時間をかけると聞きました。身体の機能部分にしっかり刺激を与えた上で、専門練習に移るそうです。

4月号で紹介する高校も、駅伝ではありませんが、独自の視点でいろんな選手が生まれています。昨年は全国チャンピオンも誕生しています。

私が中学時代、短距離ブロックにいた時のドリルは、スキップや腿上げなどをやっていた程度です。1990年代前半は、曲解されたマック式(例えば:腿上げは高いほど良い/本当の意味は、脚を素早く引き上げ振り下ろす)を取り組むところが多かった印象です。練習でも言われた記憶がありますし。

しかし、4月号に登場するある高校(先述とは別の学校)の指導者は、当時から文献を読み、先進的な練習メニューを重ねたそうです。実績はとても多いだけに、猛練習を課しているのかなと思ったけど、普段の練習の中でスパイクを履いた全力走はほとんどせず。その代わり、身体の土台作りに力を入れているそうです。

広告の下にコンテンツが続きます

詳しくは、ぜひ4月号を一読していただければと思います。別冊付録で2023年の記録集もあります。弊社は本誌を買うと一緒に記録集もありますから、お得感があるはずです。

よろしくお願いします。

井上 敦(いのうえ あつし)
1978年8月生まれ。新潟市江南区出身。横越中→新潟明訓高→某大学(陸上では有名だが、陸上部に入っていないので匿名)。月刊陸上競技編集部には2015年6月中旬から在籍。中学で陸上部に入部して最初は100mを始めたものの、夏には400mに転向する。結果的には中学3年間で県大会に進めなかった。しかし、3年秋の駅伝で区間賞獲得やチームの県大会出場をきっかけにまたまた転向を決意。高校は中距離をメインに、2年の県新人戦1500mで6位に入ったのが最高成績だった。

過去の編集部コラムはこちら

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第236回「トレーニング今昔物語(井上 敦)

なんと、このタイミングでコラムの当番とは……。来週3月14日には月陸4月号が発売されますが、現在制作の大詰め段階です。そんな状況で……。日頃の行いが悪いということでしょう。神様はよく見ていらっしゃる。 この時期は高校のトレーニング取材に出掛けています。昨年は駅伝企画で、佐久長聖(長野)や倉敷(岡山)、2年前は洛南(京都)にもお邪魔しております。今年もある学校へ。トレーニング取材に行くと、ついつい自分の中学・高校時代と比較することもままあります。 もう30年以上前、中3時代の話。競技経験のある先生が着任し、内容は一変。体操やドリルが終わると200m×5本が入りました。流しよりも速くて、全力近いペースで結構キツイ。それが終わってからブロック別練習です。もちろん、ブロック別練習の強度も高くなりました。 一気に練習がきつくなると、顔が真っ青になってグロッキー状態の部員もチラホラ。今までサボり気味だった人はよりいっそう練習にこなくなりました。 私もきつかったけど、「速くなりたい」と思っていたし、これだけ、やれば「絶対速くなるはず」とも思っていました。その結果、タイムは大幅に更新できました。チームメイトには北信越大会に出た選手もいました。 秋は駅伝練習に参加。この練習もなかなかきつかった。学校の近くに、田んぼの中を通る片道約1.8kmの自転車道があって、そこを1往復するロード走(ほぼ全力)。その後にグラウンドに戻って1000m×5本のインターバル。平日はほぼそんなメニューでした。 上位大会に進むと、各区間は距離が延びる自転車道が2往復となりました。1000mのインターバルは本数が少なくなったけど、それでも、多い日は走行距離の合計で10kmを越えていました。 現在中学駅伝は男女ともに1区間最長3kmですが、30年前は男子で5km前後の区間はわりとありました(少なくとも新潟県は)。県中学駅伝で私が走った区間は5.5km。そうなると、練習の距離も長くなります。 それでも、故障する人はほとんどいなかったので不思議なものです。当時の駅伝練習は、簡単な準備体操をして身体をほぐし、すぐ専門練習でした。ドリルをやり続けた記憶はないです。 でも、今では長距離も、ドリルや動き作りを取り入れています。以前取材に行ったある駅伝強豪校は、1時間あまりじっくりと時間をかけると聞きました。身体の機能部分にしっかり刺激を与えた上で、専門練習に移るそうです。 4月号で紹介する高校も、駅伝ではありませんが、独自の視点でいろんな選手が生まれています。昨年は全国チャンピオンも誕生しています。 私が中学時代、短距離ブロックにいた時のドリルは、スキップや腿上げなどをやっていた程度です。1990年代前半は、曲解されたマック式(例えば:腿上げは高いほど良い/本当の意味は、脚を素早く引き上げ振り下ろす)を取り組むところが多かった印象です。練習でも言われた記憶がありますし。 しかし、4月号に登場するある高校(先述とは別の学校)の指導者は、当時から文献を読み、先進的な練習メニューを重ねたそうです。実績はとても多いだけに、猛練習を課しているのかなと思ったけど、普段の練習の中でスパイクを履いた全力走はほとんどせず。その代わり、身体の土台作りに力を入れているそうです。 詳しくは、ぜひ4月号を一読していただければと思います。別冊付録で2023年の記録集もあります。弊社は本誌を買うと一緒に記録集もありますから、お得感があるはずです。 よろしくお願いします。
井上 敦(いのうえ あつし) 1978年8月生まれ。新潟市江南区出身。横越中→新潟明訓高→某大学(陸上では有名だが、陸上部に入っていないので匿名)。月刊陸上競技編集部には2015年6月中旬から在籍。中学で陸上部に入部して最初は100mを始めたものの、夏には400mに転向する。結果的には中学3年間で県大会に進めなかった。しかし、3年秋の駅伝で区間賞獲得やチームの県大会出場をきっかけにまたまた転向を決意。高校は中距離をメインに、2年の県新人戦1500mで6位に入ったのが最高成績だった。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top