HOME 国内、日本代表

2024.03.05

世界のファイナル進出の多田修平「ちゃんと戦えなかった悔しさのほうが大きい」/世界室内
世界のファイナル進出の多田修平「ちゃんと戦えなかった悔しさのほうが大きい」/世界室内

世界室内で手応えと世界との差を感じたと話す多田

3月1日から3日に英国・グラスゴーで行われた世界室内選手権に出場した日本代表が帰国し、入賞を果たした多田修平(住友電工)と田中希実(New Balance)の2人が取材に応じた。

男子60mで日本人初のファイナル進出を果たして7位となった多田。予選では6秒52室内日本新もマークした。

広告の下にコンテンツが続きます

「室内日本新とファイナルに残ることを目指していたので素直にうれしいです」と語るも、「世界とちゃんと戦えなかった悔しさのほうが強いです」とも。

予選は「リラックスできて、スタートもうまくいきら中盤からの流れもスムーズで理想的でした」。プラスで拾われた準決勝は有力選手がそろって力んだというが、ラウンド突破できたことは「自信になります」。

ただ、決勝前のスタート練習で「左脚を少し肉離れしてしまって、スタートも怖くてあまり出られず、限界でした。ずっとつった状態」とトップスピードまで上げられなかった。

現在は歩行も問題なく、まずは屋外シーズンに向けて状態を整えていく。

広告の下にコンテンツが続きます

世界のファイナルで肩を並べたことで、「本番の強さや後半の走りで差があると感じました」。それでも、持ち味のスタートダッシュだけではなく、「しっかり押していくスタート」で中盤から後半でも失速を抑える走りが定着しつつあり、「9秒台への手応えがあります」と笑顔を見せる。

東京五輪イヤーに日本選手権を初優勝し、記録も10秒01をマーク。五輪にも出場したが、その後はモチベーション維持やケガにも苦しみ、一時はレースから離れた。

「悔しい経験があったから今のやる気や走りにつながっています。すべての経験が今に生きています」

脚の状態次第だが、日本グランプリシリーズのいずれかでシーズンインし、「9秒台を出してパリ五輪の参加標準記録(10秒00)を突破したい」と意気込む。

広告の下にコンテンツが続きます
3月1日から3日に英国・グラスゴーで行われた世界室内選手権に出場した日本代表が帰国し、入賞を果たした多田修平(住友電工)と田中希実(New Balance)の2人が取材に応じた。 男子60mで日本人初のファイナル進出を果たして7位となった多田。予選では6秒52室内日本新もマークした。 「室内日本新とファイナルに残ることを目指していたので素直にうれしいです」と語るも、「世界とちゃんと戦えなかった悔しさのほうが強いです」とも。 予選は「リラックスできて、スタートもうまくいきら中盤からの流れもスムーズで理想的でした」。プラスで拾われた準決勝は有力選手がそろって力んだというが、ラウンド突破できたことは「自信になります」。 ただ、決勝前のスタート練習で「左脚を少し肉離れしてしまって、スタートも怖くてあまり出られず、限界でした。ずっとつった状態」とトップスピードまで上げられなかった。 現在は歩行も問題なく、まずは屋外シーズンに向けて状態を整えていく。 世界のファイナルで肩を並べたことで、「本番の強さや後半の走りで差があると感じました」。それでも、持ち味のスタートダッシュだけではなく、「しっかり押していくスタート」で中盤から後半でも失速を抑える走りが定着しつつあり、「9秒台への手応えがあります」と笑顔を見せる。 東京五輪イヤーに日本選手権を初優勝し、記録も10秒01をマーク。五輪にも出場したが、その後はモチベーション維持やケガにも苦しみ、一時はレースから離れた。 「悔しい経験があったから今のやる気や走りにつながっています。すべての経験が今に生きています」 脚の状態次第だが、日本グランプリシリーズのいずれかでシーズンインし、「9秒台を出してパリ五輪の参加標準記録(10秒00)を突破したい」と意気込む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top