HOME 国内、日本代表

2024.03.05

3000m8位入賞の田中希実 世界トップ仲間入りに「迎え入れてもらっているような幸せ」/世界室内
3000m8位入賞の田中希実 世界トップ仲間入りに「迎え入れてもらっているような幸せ」/世界室内

連戦のなかでもしっかりと結果を残した田中希実

3月1日から3日に英国・グラスゴーで行われた世界室内選手権に出場した日本代表が帰国し、入賞を果たした多田修平(住友電工)と田中希実(New Balance)の2人が取材に応じた。

女子1500m、5000m日本記録保持者の田中は3000mに出場し、日本女子初の8分40秒切りとなる8分36秒03の室内アジア記録でまたも歴史を作った。

広告の下にコンテンツが続きます

これで21年東京五輪1500mで8位、昨年のブダペスト世界選手権5000m8位、世界ロードランニング選手権(1マイル)8位に続く入賞。

「前回のセルビアでは(雰囲気に)飲まれてしまいました」。当時は「疎外感というか、オリンピックで急に出てきた若い選手を弾き出そうとしているように勝手に感じてしまっていました」と言う。

今大会では「どう飲まれないようにするか。レースが近づくとナイーブになるのですが、なんとかコントロールして克服できました」といい、「一緒に走るライバルだけど、迎え入れてもらえているようで幸せでした。怖がらず楽しんで走れました」と笑顔を見せた。

レースはハイペースで進んだが「ゆとりを持って入れたので手応えをつかめました」。G.ツェガエ(エチオピア/2位)らを相手に食らいついた。

広告の下にコンテンツが続きます

「世界にぶつかる中でプラスアルファの力が出るとは期待していたので予想の範疇でしたが、無事に8分40秒を切れてうれしいです」

ラストは「力不足」だと振り返ったが「1500mを意識したような練習もしていたので、3000mまでのスタミナが不足していた」と要因も明確だ。

パリ五輪には1500mと5000mの2種目で狙っていく。「オリンピックでも入賞できるかギリギリのところだと確認できたので、安定して確実に入賞できるような力をつけて臨みたいです」。

1500mの参加標準記録は4分02秒50で、世界選手権入賞の5000mは参加標準記録(14分52秒00)突破で内定。国内の屋外シーズンは金栗記念などに出場を見込み、5月はダイヤモンドリーグなどを含めて海外転戦も視野に入れている。

広告の下にコンテンツが続きます
3月1日から3日に英国・グラスゴーで行われた世界室内選手権に出場した日本代表が帰国し、入賞を果たした多田修平(住友電工)と田中希実(New Balance)の2人が取材に応じた。 女子1500m、5000m日本記録保持者の田中は3000mに出場し、日本女子初の8分40秒切りとなる8分36秒03の室内アジア記録でまたも歴史を作った。 これで21年東京五輪1500mで8位、昨年のブダペスト世界選手権5000m8位、世界ロードランニング選手権(1マイル)8位に続く入賞。 「前回のセルビアでは(雰囲気に)飲まれてしまいました」。当時は「疎外感というか、オリンピックで急に出てきた若い選手を弾き出そうとしているように勝手に感じてしまっていました」と言う。 今大会では「どう飲まれないようにするか。レースが近づくとナイーブになるのですが、なんとかコントロールして克服できました」といい、「一緒に走るライバルだけど、迎え入れてもらえているようで幸せでした。怖がらず楽しんで走れました」と笑顔を見せた。 レースはハイペースで進んだが「ゆとりを持って入れたので手応えをつかめました」。G.ツェガエ(エチオピア/2位)らを相手に食らいついた。 「世界にぶつかる中でプラスアルファの力が出るとは期待していたので予想の範疇でしたが、無事に8分40秒を切れてうれしいです」 ラストは「力不足」だと振り返ったが「1500mを意識したような練習もしていたので、3000mまでのスタミナが不足していた」と要因も明確だ。 パリ五輪には1500mと5000mの2種目で狙っていく。「オリンピックでも入賞できるかギリギリのところだと確認できたので、安定して確実に入賞できるような力をつけて臨みたいです」。 1500mの参加標準記録は4分02秒50で、世界選手権入賞の5000mは参加標準記録(14分52秒00)突破で内定。国内の屋外シーズンは金栗記念などに出場を見込み、5月はダイヤモンドリーグなどを含めて海外転戦も視野に入れている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top