HOME 海外

2024.03.04

100m・200m世界王者ライルズが世界室内マイルリレーメンバー入り カーリーが選考に疑問呈す
100m・200m世界王者ライルズが世界室内マイルリレーメンバー入り カーリーが選考に疑問呈す

ブダペスト世界選手権100m・200mで優勝したライルズ

英国・グラスゴーで開催された世界室内選手権で米国の4×400mリレーに、16年以降400mに出場していない100m・200m世界選手権覇者のノア・ライルズがメンバー入りしたことについて物議を醸している。ライルズは3走を3分02秒60で2位だった。なお、ライルズは今大会60mで銀メダルを獲得している。

オレゴン世界選手権男子100m金メダルのフレッド・カーリー(米国)は自身のSNSで「米国陸連はえこひいきなのではないか。傀儡のようだ」と投稿し、選考に対して不満をほのめかした。

広告の下にコンテンツが続きます

カーリーは今回の世界室内選手権には出場していないが、400mで43秒64の自己記録を持ちながらこれまで米国ナショナルチームでの4×400mリレーの五輪出場実績はなく、五輪でも4×400mリレー出場の意向があるにもかかわらずかなえられないことに端を発している可能性がある。

これに対し、ライルズはレース後のインタビューで、「彼(カーリー)はここに来ることもできたはずだが、そうはしなかった。怒っているなら来ればよい」と一蹴している。

ライルズの選出やカーリーの意見に元米国代表やファンからも賛否の声が上がっている。400m前世界記録保持者のマイケル・ジョンソン氏は「ノア(・ライルズ)がパリ五輪の4×400mリレーに選ばれるかどうかは、彼が今年400mでどれだけ走れるか、”かつ”400m米国五輪代表の強さ次第だろう」と綴っている。

女子4×100mリレーで米国がロンドン五輪金メダルを獲得した際のメンバーだったB.ナイトは、世界室内のレース前に「もし彼がパリ五輪で4つの金メダルが欲しいのであれば、過去の他の選手と同じように挑戦することができるだろう。新しいことではない」と投稿しつつ、「私たちの世界では能力よりもストーリーが重要とされることはあり、それを実現するために物事が動くことはよくあること」としている。

広告の下にコンテンツが続きます
英国・グラスゴーで開催された世界室内選手権で米国の4×400mリレーに、16年以降400mに出場していない100m・200m世界選手権覇者のノア・ライルズがメンバー入りしたことについて物議を醸している。ライルズは3走を3分02秒60で2位だった。なお、ライルズは今大会60mで銀メダルを獲得している。 オレゴン世界選手権男子100m金メダルのフレッド・カーリー(米国)は自身のSNSで「米国陸連はえこひいきなのではないか。傀儡のようだ」と投稿し、選考に対して不満をほのめかした。 カーリーは今回の世界室内選手権には出場していないが、400mで43秒64の自己記録を持ちながらこれまで米国ナショナルチームでの4×400mリレーの五輪出場実績はなく、五輪でも4×400mリレー出場の意向があるにもかかわらずかなえられないことに端を発している可能性がある。 これに対し、ライルズはレース後のインタビューで、「彼(カーリー)はここに来ることもできたはずだが、そうはしなかった。怒っているなら来ればよい」と一蹴している。 ライルズの選出やカーリーの意見に元米国代表やファンからも賛否の声が上がっている。400m前世界記録保持者のマイケル・ジョンソン氏は「ノア(・ライルズ)がパリ五輪の4×400mリレーに選ばれるかどうかは、彼が今年400mでどれだけ走れるか、"かつ"400m米国五輪代表の強さ次第だろう」と綴っている。 女子4×100mリレーで米国がロンドン五輪金メダルを獲得した際のメンバーだったB.ナイトは、世界室内のレース前に「もし彼がパリ五輪で4つの金メダルが欲しいのであれば、過去の他の選手と同じように挑戦することができるだろう。新しいことではない」と投稿しつつ、「私たちの世界では能力よりもストーリーが重要とされることはあり、それを実現するために物事が動くことはよくあること」としている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top