HOME 国内

2024.03.04

西山雄介 パリ五輪に41秒届かず「本当に悔しい」日本歴代9位の日本人トップも涙でフィニッシュ/東京マラソン
西山雄介 パリ五輪に41秒届かず「本当に悔しい」日本歴代9位の日本人トップも涙でフィニッシュ/東京マラソン

東京マラソン2024で日本人トップだった西山雄介

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前)

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、B.キプルト(ケニア)が世界歴代5位の2時間2分16秒で優勝した。この記録はコースレコードで、国内最高記録となる。

広告の下にコンテンツが続きます

国内組にとっては、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの最終戦。オレゴン世界選手権代表の西山雄介(トヨタ自動車)が最後の1枠を目指して、激走した。日本人トップ(9位)に輝くも、タイムは2時間6分31秒。MGCファイナルチャレンジ設定記録の2時間5分50秒に41秒届かず、フィニッシュ後は涙が止まらなかった。

昨年9月のMGCは46位に沈んだが、今大会に向けては、「本当に練習もできましたし、自分のコンディションも良かった。2時間5分50秒を切る自信はありました」とパリ五輪代表をつかむ気持ちで一杯だった。

日本人有力選手たちの集団は10kmを29分45秒で通過。予定より少し遅い入りになった。西山は19km過ぎで木村慎(Honda)らと転倒するも、「ここで気持ちを切らしてしまったら、今までやってきたことが無駄になる」と冷静に対応。ほどなく集団に復帰した。

その後はリズムを立て直して、転倒の影響を感じさせない走りを見せる。中間点は1時間2分55秒、30kmは1時間29分15秒で通過した。

広告の下にコンテンツが続きます

ペースメーカーが離脱した後は、浦野雄平(富士通)が日本人トップに浮上するも、西山が33.3㎞過ぎの銀座交差点付近で逆転。34.5㎞では失速してきた五輪を連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)も抜き去った。

「30kmで一度きつくなったんですけど、自分のベースで落ち着いて走りました。そこから少しずつ動いてきて、浦野選手を抜いた後が大事だなと思っていたんです。そこからどれだけ押せるかが勝負でした」

西山は30kmからの5kmを15分03秒でカバー。このままのペースを維持できれば設定記録の突破は十分に可能だった。例年、向かい風になることの多い終盤4kmほども風はない。しかし、西山に余力はなかった。35kmからの5kmは15分31秒にペースダウン。最終的にはパリ行きのチケットに41秒届かなかった。

「オリンピックに行きたかった、その一言です」と涙がこぼれた。

広告の下にコンテンツが続きます

「今までで一番いい状態でスタートラインに立ちましたし、オリンピックを決める、その一心で最後まで走りました。でも35kmから大きく崩れてしまった。結果的には全然ダメだったので非常に悔しいですし、弱さを感じましたね。今回が最後のオリンピック挑戦だと思っていたので、今後のことはわかりません。これからどうするのか考えたいです」

2022年2月の別府大分毎日で2時間7分47秒の大会新Vを飾ると、同年7月のオレゴン世界選手権は世界大会で日本人最高タイムとなる2時間8分35秒で13位。そして今回の東京で日本歴代9位の2時間6分31秒を叩き出した。まだマラソンは4レース目。29歳の西山はまだまだ強くなれる──。

文/酒井政人

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前) アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、B.キプルト(ケニア)が世界歴代5位の2時間2分16秒で優勝した。この記録はコースレコードで、国内最高記録となる。 国内組にとっては、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの最終戦。オレゴン世界選手権代表の西山雄介(トヨタ自動車)が最後の1枠を目指して、激走した。日本人トップ(9位)に輝くも、タイムは2時間6分31秒。MGCファイナルチャレンジ設定記録の2時間5分50秒に41秒届かず、フィニッシュ後は涙が止まらなかった。 昨年9月のMGCは46位に沈んだが、今大会に向けては、「本当に練習もできましたし、自分のコンディションも良かった。2時間5分50秒を切る自信はありました」とパリ五輪代表をつかむ気持ちで一杯だった。 日本人有力選手たちの集団は10kmを29分45秒で通過。予定より少し遅い入りになった。西山は19km過ぎで木村慎(Honda)らと転倒するも、「ここで気持ちを切らしてしまったら、今までやってきたことが無駄になる」と冷静に対応。ほどなく集団に復帰した。 その後はリズムを立て直して、転倒の影響を感じさせない走りを見せる。中間点は1時間2分55秒、30kmは1時間29分15秒で通過した。 ペースメーカーが離脱した後は、浦野雄平(富士通)が日本人トップに浮上するも、西山が33.3㎞過ぎの銀座交差点付近で逆転。34.5㎞では失速してきた五輪を連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)も抜き去った。 「30kmで一度きつくなったんですけど、自分のベースで落ち着いて走りました。そこから少しずつ動いてきて、浦野選手を抜いた後が大事だなと思っていたんです。そこからどれだけ押せるかが勝負でした」 西山は30kmからの5kmを15分03秒でカバー。このままのペースを維持できれば設定記録の突破は十分に可能だった。例年、向かい風になることの多い終盤4kmほども風はない。しかし、西山に余力はなかった。35kmからの5kmは15分31秒にペースダウン。最終的にはパリ行きのチケットに41秒届かなかった。 「オリンピックに行きたかった、その一言です」と涙がこぼれた。 「今までで一番いい状態でスタートラインに立ちましたし、オリンピックを決める、その一心で最後まで走りました。でも35kmから大きく崩れてしまった。結果的には全然ダメだったので非常に悔しいですし、弱さを感じましたね。今回が最後のオリンピック挑戦だと思っていたので、今後のことはわかりません。これからどうするのか考えたいです」 2022年2月の別府大分毎日で2時間7分47秒の大会新Vを飾ると、同年7月のオレゴン世界選手権は世界大会で日本人最高タイムとなる2時間8分35秒で13位。そして今回の東京で日本歴代9位の2時間6分31秒を叩き出した。まだマラソンは4レース目。29歳の西山はまだまだ強くなれる──。 文/酒井政人

男子マラソン日本歴代10傑をチェック!

2.04.56 鈴木健吾(富士通)   2021. 2.28 2.05.29 大迫傑(Nike)    2020. 3. 1 2.05.51 山下一貴(三菱重工)  2023. 3. 5 2.05.59 其田健也(JR東日本)  2023. 3. 5 2.06.11 設楽悠太(Honda)   2018. 2.25 2.06.16 高岡寿成(カネボウ)  2002.10.13 2.06.18 平林清澄(國學院大3)  2024. 2.25 2.06.26 土方英和(Honda)   2021. 2.28 2.06.31 西山雄介(トヨタ自動車) 2024. 3. 3 2.06.33 小山直城(Honda)   2024. 2.25

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top