HOME 学生長距離

2024.02.16

大学男女混合駅伝に拓大・不破聖衣来がエントリー 北川星瑠、保坂晴子、後田築ら実力者そろう
大学男女混合駅伝に拓大・不破聖衣来がエントリー 北川星瑠、保坂晴子、後田築ら実力者そろう

左から北川星瑠(大阪芸大)、不破聖衣来(拓大)、後田築(順大)、保坂晴子(日体大)

第4回全国招待大学対校男女混合駅伝が2月18日、ヤンマースタジアム長居及び長居公園内特設コースにて6区間20km(3km、2km、5km、3km、2km、5km)で行われる。

同大会は2021年に大学駅伝では国内初の男女混合レースとしてスタート。第1回、第2回と順大が連覇を果たし、前回は日体大が初優勝を飾っている。

広告の下にコンテンツが続きます

前回から1校増の20チームがエントリーしたが、そのうち神戸学大は15日付で出場を辞退。19チームが参加する。

注目は前回覇者の日体大。女子は21年日本インカレ1500m優勝の保坂晴子(4年)、22年日本インカレ1500m2位、5000m3位の尾方唯莉(3年)とダブルエースが強力で、男子も5000m13分50秒73の漆畑徳輝(4年)、同13分56秒66の平島龍斗(2年)とスピードランナーを擁する。

対抗筆頭は、この大会で第1回から2連覇して前回は4位だった順大だ。男子は海老澤憲伸、服部壮馬(ともに3年)、大野聖登(1年)と5000m13分台ランナーが3人そろい、後田築(1年)は昨年の日本インカレ1500m優勝者。大野は22年のインターハイ800m・1500m2冠の実績を誇る。女子も前回4区区間賞の小暮真緒(3年)を中心に実力者が脇を固め、王座返り咲きを狙う。

関西勢では前回2位の関大が今回も強力布陣。男子は前回1区2位の谷村恒晟(2年)、女子は前回6区で区間賞(区間新)を獲得した磯野美空(4年)、全日本大学女子駅伝1区3位と好走した前田彩花(1年)が軸となる。男子は出雲駅伝で関西勢トップの11位、女子は全日本大学女子駅伝で2年連続シード権獲得となる7位と勢いづいており、その実力を発揮できるか。

広告の下にコンテンツが続きます

その他にも注目選手が目白押し。女子では10000mで30分45秒21の学生記録(日本歴代3位)を持つ不破聖衣来(拓大3)がエントリー。昨年は一度もレースに出場していないため、その動向が注目される。また、ハーフマラソンでワールドユニバーシティゲームズの金メダリストである北川星瑠(大阪芸大4)は関西学連選抜チームの一員として登録されている。

1区間の距離が短いだけに、1人のエースの力だけでは上位進出は難しい。序盤から先頭争いに加わり、ミスのない継走を実現できたチームに栄光が待っている。

また、「国立大学 東西四大学対抗戦」も同時開催され、大阪大、京大、一橋大、東大の4チームが出場する。

スタートは12時10分。大会の模様は関西テレビで生中継されるほか、Tverでライブ配信される。

広告の下にコンテンツが続きます

4代目チャンピオンに輝くのはどの大学か。

第4回全国招待大学対校男女混合駅伝が2月18日、ヤンマースタジアム長居及び長居公園内特設コースにて6区間20km(3km、2km、5km、3km、2km、5km)で行われる。 同大会は2021年に大学駅伝では国内初の男女混合レースとしてスタート。第1回、第2回と順大が連覇を果たし、前回は日体大が初優勝を飾っている。 前回から1校増の20チームがエントリーしたが、そのうち神戸学大は15日付で出場を辞退。19チームが参加する。 注目は前回覇者の日体大。女子は21年日本インカレ1500m優勝の保坂晴子(4年)、22年日本インカレ1500m2位、5000m3位の尾方唯莉(3年)とダブルエースが強力で、男子も5000m13分50秒73の漆畑徳輝(4年)、同13分56秒66の平島龍斗(2年)とスピードランナーを擁する。 対抗筆頭は、この大会で第1回から2連覇して前回は4位だった順大だ。男子は海老澤憲伸、服部壮馬(ともに3年)、大野聖登(1年)と5000m13分台ランナーが3人そろい、後田築(1年)は昨年の日本インカレ1500m優勝者。大野は22年のインターハイ800m・1500m2冠の実績を誇る。女子も前回4区区間賞の小暮真緒(3年)を中心に実力者が脇を固め、王座返り咲きを狙う。 関西勢では前回2位の関大が今回も強力布陣。男子は前回1区2位の谷村恒晟(2年)、女子は前回6区で区間賞(区間新)を獲得した磯野美空(4年)、全日本大学女子駅伝1区3位と好走した前田彩花(1年)が軸となる。男子は出雲駅伝で関西勢トップの11位、女子は全日本大学女子駅伝で2年連続シード権獲得となる7位と勢いづいており、その実力を発揮できるか。 その他にも注目選手が目白押し。女子では10000mで30分45秒21の学生記録(日本歴代3位)を持つ不破聖衣来(拓大3)がエントリー。昨年は一度もレースに出場していないため、その動向が注目される。また、ハーフマラソンでワールドユニバーシティゲームズの金メダリストである北川星瑠(大阪芸大4)は関西学連選抜チームの一員として登録されている。 1区間の距離が短いだけに、1人のエースの力だけでは上位進出は難しい。序盤から先頭争いに加わり、ミスのない継走を実現できたチームに栄光が待っている。 また、「国立大学 東西四大学対抗戦」も同時開催され、大阪大、京大、一橋大、東大の4チームが出場する。 スタートは12時10分。大会の模様は関西テレビで生中継されるほか、Tverでライブ配信される。 4代目チャンピオンに輝くのはどの大学か。

第4回全国招待大学対校男女混合駅伝 出場チーム一覧

<関西学連加盟校> 関西大学 立命館大学 京都産業大学 同志社大学 神戸学院大学 明治国際医療大学 佛教大学 京都教育大学 摂南大学 大阪大学 関西学連選抜チーム <関東学連加盟校(招待校)> 日本体育大学 中央大学 順天堂大学 城西大学 筑波大学 東洋大学 拓殖大学 立教大学 駿河台大学 <国立大東西四大学対校戦> 一橋大学 東京大学 大阪大学 京都大学 ※大阪大学は全国招待大学対校男女混合駅伝出場を兼ねる

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top