HOME 駅伝

2024.02.15

創価大 在籍選手のドーピング違反受け謝罪コメント発表 榎木和貴監督「指導・監督が行き届かなかった」
創価大 在籍選手のドーピング違反受け謝罪コメント発表 榎木和貴監督「指導・監督が行き届かなかった」

創価大の榎木和貴監督

創価大は15日、陸上競技部駅伝部の在籍選手であるリーキー・カミナ(3年)がドーピング規則違反を犯したことを受け、謝罪文を発表した。

カミナは昨年9月に日本インカレ男子5000mで優勝したものの、大会後のドーピング検査において検体から禁止物質(ナンドロロン)が検出された。カミナは10月9日の出雲駅伝にも出走して3区区間2位の成績を収めていたが、その3日後の10月12日に公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)より通知があったという。

広告の下にコンテンツが続きます

大学によると、カミナは昨年7月21日から9月5日にケニアへ帰国。滞在中、体調不良に陥り、成分の確認を怠ったまま10日間にわたって市販の薬を摂取したとされる。

カミナは10月12日より3年間の資格停止処分が科され、日本インカレの優勝記録が取り消されるほか、出雲駅伝におけるチームの全成績が失効される。

創価大は出雲駅伝において過去最高の2位に入り、4区の山森龍暁(4年)と5区の吉田響(3年)が区間賞を獲得していた。大学によると、カミナは現在ケニアへ帰国しているという。

榎木和貴監督は大学のホームページを通じて「関係者の皆様に残念な思いをさせてしまったことを大変申し訳なく感じております。指導・監督が行き届かなかったことをお詫び申し上げます。本学陸上競技部駅伝部は、皆様の信頼を取り戻せるよう、再発防止策をチームとして徹底するとともに、一層の競技力の向上に取り組み、努力を重ねてまいります」とコメントを残している。

広告の下にコンテンツが続きます
創価大は15日、陸上競技部駅伝部の在籍選手であるリーキー・カミナ(3年)がドーピング規則違反を犯したことを受け、謝罪文を発表した。 カミナは昨年9月に日本インカレ男子5000mで優勝したものの、大会後のドーピング検査において検体から禁止物質(ナンドロロン)が検出された。カミナは10月9日の出雲駅伝にも出走して3区区間2位の成績を収めていたが、その3日後の10月12日に公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)より通知があったという。 大学によると、カミナは昨年7月21日から9月5日にケニアへ帰国。滞在中、体調不良に陥り、成分の確認を怠ったまま10日間にわたって市販の薬を摂取したとされる。 カミナは10月12日より3年間の資格停止処分が科され、日本インカレの優勝記録が取り消されるほか、出雲駅伝におけるチームの全成績が失効される。 創価大は出雲駅伝において過去最高の2位に入り、4区の山森龍暁(4年)と5区の吉田響(3年)が区間賞を獲得していた。大学によると、カミナは現在ケニアへ帰国しているという。 榎木和貴監督は大学のホームページを通じて「関係者の皆様に残念な思いをさせてしまったことを大変申し訳なく感じております。指導・監督が行き届かなかったことをお詫び申し上げます。本学陸上競技部駅伝部は、皆様の信頼を取り戻せるよう、再発防止策をチームとして徹底するとともに、一層の競技力の向上に取り組み、努力を重ねてまいります」とコメントを残している。

創価大・榎木和貴監督 コメント全文

この度、本学陸上競技部駅伝部員であるリーキー・カミナ選手のアンチ・ドーピング規則違反が確定し、日本アンチ・ドーピング機構による処分が下されました。 本選手について、検体採取日の2023年9月16日から、2023年10月12日までに獲得した個人成績は失効になることから、9月16日の「第92回日本学生陸上競技対校選手権大会5000mの記録」、10月9日の「第35回出雲全日本大学選抜駅伝競走3区」での記録は取り消しとなります。本選手の記録失効に伴う大会主催団体等からの措置については、厳粛に受け止めてまいります。 日本学生陸上競技対校選手権大会、出雲全日本大学選抜駅伝競走の大会関係者、大学駅伝をはじめとした大学スポーツ競技界に多大なご迷惑をおかけすることとなり、関係者の皆様に残念な思いをさせてしまったことを大変申し訳なく感じております。 禁止物質摂取の原因は先述のとおりですが、帰国中だったとはいえ、薬の成分を十分に注意することについて、指導・監督が行き届かなかったことをお詫び申し上げます。今回のことでは、本選手も大きなショックと責任を感じており、深く反省しております。 本学陸上競技部駅伝部は、皆様の信頼を取り戻せるよう、再発防止策をチームとして徹底するとともに、一層の競技力の向上に取り組み、努力を重ねてまいります。 創価大学陸上競技部駅伝部監督  榎木 和貴

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top