HOME 海外

2024.02.09

ブダペスト世界選手権5000m銀のカティルが居場所不明で暫定出場停止! 「違反はない」と不服申し立て
ブダペスト世界選手権5000m銀のカティルが居場所不明で暫定出場停止! 「違反はない」と不服申し立て

23年ブダベスト世界選手権5000mで銀メダルを獲得しているカティル

アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)は2月8日、男子5000mブダペスト世界選手権銀メダルのモハメド・カティル(スペイン)に暫定資格停止処分を科すことを発表した。12ヵ月間に3回以上の居場所情報関連義務違反があったため。

カティルは25歳。東京五輪5000m8位のほか、1500mでもオレゴン世界選手権で銅メダルを獲得し、5000mでは欧州記録(12分45秒01)を持ち、パリ五輪でも活躍が期待されている。

広告の下にコンテンツが続きます

カティルのようなトップアスリートは試合会場以外でドーピング検査を受けることが義務付けられており、毎日の居場所に関する情報を当局に提供する必要がある。12ヵ月以内に3回、居場所情報に虚偽があった場合は最大2年間の資格停止処分が科される。

処分を受けて、カティルは声明を発表。「2度のエラーについては、居場所情報を通知するシステムに不備があったためで、私はドーピング検査を受けられる状況にあった。また、ここ数年間は血液検査や尿検査を受けたが、一度も違反はなかった」と反論し、不服申し立てとして控訴することを明らかにした。

仮にカティルに対して処分が正式に下った場合は、今夏のパリ五輪への出場が不可能となる。

また、ケニアのドーピング機関(Anti-Doping Agency of Kenya)は男子中距離のM.サルニ(ケニア)に対し、23年8月31日から4年間の資格停止処分を科すことを発表している。検体採取の回避があったため。本人以外の選手がなりすましてサンプルを提出するよう依頼したことが発覚している。サルニは800mショートトラックのアフリカ記録(1分43秒98、19年)保持者で、東京五輪では準決勝に進出していた。

広告の下にコンテンツが続きます
アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)は2月8日、男子5000mブダペスト世界選手権銀メダルのモハメド・カティル(スペイン)に暫定資格停止処分を科すことを発表した。12ヵ月間に3回以上の居場所情報関連義務違反があったため。 カティルは25歳。東京五輪5000m8位のほか、1500mでもオレゴン世界選手権で銅メダルを獲得し、5000mでは欧州記録(12分45秒01)を持ち、パリ五輪でも活躍が期待されている。 カティルのようなトップアスリートは試合会場以外でドーピング検査を受けることが義務付けられており、毎日の居場所に関する情報を当局に提供する必要がある。12ヵ月以内に3回、居場所情報に虚偽があった場合は最大2年間の資格停止処分が科される。 処分を受けて、カティルは声明を発表。「2度のエラーについては、居場所情報を通知するシステムに不備があったためで、私はドーピング検査を受けられる状況にあった。また、ここ数年間は血液検査や尿検査を受けたが、一度も違反はなかった」と反論し、不服申し立てとして控訴することを明らかにした。 仮にカティルに対して処分が正式に下った場合は、今夏のパリ五輪への出場が不可能となる。 また、ケニアのドーピング機関(Anti-Doping Agency of Kenya)は男子中距離のM.サルニ(ケニア)に対し、23年8月31日から4年間の資格停止処分を科すことを発表している。検体採取の回避があったため。本人以外の選手がなりすましてサンプルを提出するよう依頼したことが発覚している。サルニは800mショートトラックのアフリカ記録(1分43秒98、19年)保持者で、東京五輪では準決勝に進出していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top