HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.02.08

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~東海大~石原翔太郎「来年はシードを取ってほしい」花岡「強い東海大を復活させる」
【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~東海大~石原翔太郎「来年はシードを取ってほしい」花岡「強い東海大を復活させる」

東海大の石原と南坂のタスキリレー

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます!

【アンケート項目】
(1)大会を終えての感想、コースの攻略法など
(2)今だから話せる裏話
(3)監督車からの声掛けで心の残ったもの
(4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み

広告の下にコンテンツが続きます

●東海大
総合11位(往路16位、復路9位)  11時間01分52秒
監督:両角速

1区 兵藤ジュダ(2年) 区間5位
(1)テレビで見ていた光景そのままでした。初めてでとても緊張しましたが楽しめました。ただ、個人、チームともに悔しい結果になったので、この悔しさを糧にトラックシーズンから悔しさを爆発させたいと思います。コースは六郷橋を下ってからがポイントになります。ラスト2kmがきつかったです。
(2)――
(3)――
(4)来年こそはチームの目標を達成できるために今年一年集中します。

2区 花岡寿哉(2年) 区間13位
(1)個人としては2区のエース区間を任せていただき、現時点での全力を出すことはできたと思います。ただ、1区のジュダからもらった貯金をすべて使ってしまい、後続に苦しい走りをさせてしまいました。エースになるためにも、もっと強くならなければならないと感じました。チームとしては最後までシード権が見えていただけに非常に悔しい結果となりました。駅伝は本当に流れが大事なのだと思い知らされました。このままでは4年時での総合優勝は夢のままで終わってしまうので、チーム全体で力をつけていきたいと思っています。
(2)幼馴染が応援に来てくれていました。
(3)「ラスト1km振り絞るぞ!」しんどい場面で次の走者へ少しでも前で渡そうと思えたから。
(4)強い東海大学を復活させます。

3区 鈴木天智(2年) 区間15位
(1)走りはずっときつかったです。みんなが頑張ってくれました。
(2)緊張し過ぎてどうにかなりそうでした。
(3)「花岡より遅いぞ」
(4)次は絶対にシードを取ります。

広告の下にコンテンツが続きます

4区 野島健太(3年) 区間16位
(1)初めての箱根駅伝は苦しいレースとなりました。はじめの3kmから差し込みがきました。前半の小刻みなアップダウンや残り3kmの緩やかな上りは苦しかったです。自分の力を出しきれないまま終わってしまいました。第101回箱根駅伝も4区を走りリベンジしたいです。
(2)――
(3)監督からかけられた言葉は覚えていません。
(4)不甲斐ない走りをしてしまったので、来年は区間賞を目指して走ります!

5区 喜早駿介(4年) 区間22位
(1)最初で最後の箱根駅伝は、個人の結果もチームの結果も悔しいものとなりましたがやり切れたと思います。コース自体は全部きつかったです。攻略方法はしっかり準備することだと思います。
(2)1週間前に5区を走るかもと言われ、5日前に正式に5区を走ることになりました。山の練習は夏に1回しただけで、ほぼぶっつけ本番で5区を走りました。
(3)「後輩のために粘れ」と言われた言葉が残っています。4年生としてシード権を残したかったからです。
(4)箱根の借りは箱根で返してください!

6区 梶谷優斗(3年) 区間9位
(1)16位から11位までしか順位を押し上げられなかった。自分のところでシードまで行きたかったです。詰めが甘かった。 最初の5kmとラストの1kmはきつかった。
(2)早朝でとても暗く宿舎の部屋も不気味で怖かったので、付き添いの永本と出発まで部屋に一緒に居てもらいました。
(3)「いまお前は5つ順位を上げてるぞ。大したもんだ」 レースで褒められたのがあまりなく箱根で褒めてもらってうれしかったです。
(4)全日本と箱根で優勝します。

7区 石原翔太郎(4年) 区間15位
(1)最後の箱根駅伝を楽しめましたが、チームとしては11位とシード取れなくて悔しかったです。アップダウンがありきついコースでした。。
(2)ケガ明けで1ヵ月の練習で試合に挑みました。
(3)集中しててあまり聞こえなかったです。
(4)来年はシード取ってもらいたいです。

広告の下にコンテンツが続きます

8区 南坂柚汰(1年) 区間7位
(1)個人・チームともに目標に届かずに悔しい結果となりました。遊行寺の坂と20km地点の坂、後半に上りがあるため前半は温存しておく必要があると思います。
(2)箱根予選後から5区の準備をしていました。
(3)「ラスト3kmだ。1秒でも集団と詰めて渡そう。きついけど前もきついから」きつくて妥協しかけたのですが、後続の人のためにもっといかないと、ともう1回頑張れました。
(4)来年は責任から逃げずに戦います。

9区 竹割真(2年) 区間11位
(1)個人としてもチームとしても目標を達成することができず悔しいです。権太坂がきつかったです。前の選手が見えていたので、前の選手を見ながら腕を大きく振って対処しました。
(2)――
(3)「区間4番だぞ!」思っていたより順位が良くて驚いた。
(4)来年は予選会からとなりますが、必ず通過して区間5番以内、シード権以上の結果を取れるように頑張ります。

10区 ロホマン・シュモン(2年) 区間20位
(1)本当に悔しいです。来年こそは挽回したいです。コースは15~20kmがとても長く感じました。
(2)――
(3)「今シード権と何秒差だぞ」と毎回教えてくれた。それでかなりやる気になりました。
(4)来年こそはこの悔しさを絶対に晴らします!

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3)監督車からの声掛けで心の残ったもの (4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み ●東海大 総合11位(往路16位、復路9位)  11時間01分52秒 監督:両角速 1区 兵藤ジュダ(2年) 区間5位 (1)テレビで見ていた光景そのままでした。初めてでとても緊張しましたが楽しめました。ただ、個人、チームともに悔しい結果になったので、この悔しさを糧にトラックシーズンから悔しさを爆発させたいと思います。コースは六郷橋を下ってからがポイントになります。ラスト2kmがきつかったです。 (2)―― (3)―― (4)来年こそはチームの目標を達成できるために今年一年集中します。 2区 花岡寿哉(2年) 区間13位 (1)個人としては2区のエース区間を任せていただき、現時点での全力を出すことはできたと思います。ただ、1区のジュダからもらった貯金をすべて使ってしまい、後続に苦しい走りをさせてしまいました。エースになるためにも、もっと強くならなければならないと感じました。チームとしては最後までシード権が見えていただけに非常に悔しい結果となりました。駅伝は本当に流れが大事なのだと思い知らされました。このままでは4年時での総合優勝は夢のままで終わってしまうので、チーム全体で力をつけていきたいと思っています。 (2)幼馴染が応援に来てくれていました。 (3)「ラスト1km振り絞るぞ!」しんどい場面で次の走者へ少しでも前で渡そうと思えたから。 (4)強い東海大学を復活させます。 3区 鈴木天智(2年) 区間15位 (1)走りはずっときつかったです。みんなが頑張ってくれました。 (2)緊張し過ぎてどうにかなりそうでした。 (3)「花岡より遅いぞ」 (4)次は絶対にシードを取ります。 4区 野島健太(3年) 区間16位 (1)初めての箱根駅伝は苦しいレースとなりました。はじめの3kmから差し込みがきました。前半の小刻みなアップダウンや残り3kmの緩やかな上りは苦しかったです。自分の力を出しきれないまま終わってしまいました。第101回箱根駅伝も4区を走りリベンジしたいです。 (2)―― (3)監督からかけられた言葉は覚えていません。 (4)不甲斐ない走りをしてしまったので、来年は区間賞を目指して走ります! 5区 喜早駿介(4年) 区間22位 (1)最初で最後の箱根駅伝は、個人の結果もチームの結果も悔しいものとなりましたがやり切れたと思います。コース自体は全部きつかったです。攻略方法はしっかり準備することだと思います。 (2)1週間前に5区を走るかもと言われ、5日前に正式に5区を走ることになりました。山の練習は夏に1回しただけで、ほぼぶっつけ本番で5区を走りました。 (3)「後輩のために粘れ」と言われた言葉が残っています。4年生としてシード権を残したかったからです。 (4)箱根の借りは箱根で返してください! 6区 梶谷優斗(3年) 区間9位 (1)16位から11位までしか順位を押し上げられなかった。自分のところでシードまで行きたかったです。詰めが甘かった。 最初の5kmとラストの1kmはきつかった。 (2)早朝でとても暗く宿舎の部屋も不気味で怖かったので、付き添いの永本と出発まで部屋に一緒に居てもらいました。 (3)「いまお前は5つ順位を上げてるぞ。大したもんだ」 レースで褒められたのがあまりなく箱根で褒めてもらってうれしかったです。 (4)全日本と箱根で優勝します。 7区 石原翔太郎(4年) 区間15位 (1)最後の箱根駅伝を楽しめましたが、チームとしては11位とシード取れなくて悔しかったです。アップダウンがありきついコースでした。。 (2)ケガ明けで1ヵ月の練習で試合に挑みました。 (3)集中しててあまり聞こえなかったです。 (4)来年はシード取ってもらいたいです。 8区 南坂柚汰(1年) 区間7位 (1)個人・チームともに目標に届かずに悔しい結果となりました。遊行寺の坂と20km地点の坂、後半に上りがあるため前半は温存しておく必要があると思います。 (2)箱根予選後から5区の準備をしていました。 (3)「ラスト3kmだ。1秒でも集団と詰めて渡そう。きついけど前もきついから」きつくて妥協しかけたのですが、後続の人のためにもっといかないと、ともう1回頑張れました。 (4)来年は責任から逃げずに戦います。 9区 竹割真(2年) 区間11位 (1)個人としてもチームとしても目標を達成することができず悔しいです。権太坂がきつかったです。前の選手が見えていたので、前の選手を見ながら腕を大きく振って対処しました。 (2)―― (3)「区間4番だぞ!」思っていたより順位が良くて驚いた。 (4)来年は予選会からとなりますが、必ず通過して区間5番以内、シード権以上の結果を取れるように頑張ります。 10区 ロホマン・シュモン(2年) 区間20位 (1)本当に悔しいです。来年こそは挽回したいです。コースは15~20kmがとても長く感じました。 (2)―― (3)「今シード権と何秒差だぞ」と毎回教えてくれた。それでかなりやる気になりました。 (4)来年こそはこの悔しさを絶対に晴らします!

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top