HOME 国内

2024.01.17

19年世界リレー代表の永田駿斗、100mHの藤原未来が住友電工を退部 ともに競技は継続
19年世界リレー代表の永田駿斗、100mHの藤原未来が住友電工を退部 ともに競技は継続

永田駿斗と藤原未来

住友電工陸上競技部は、2023年度シーズンで藤原未来と永田駿斗が退部すると発表した。

藤原はハードルが専門。岡山の名門・倉敷中央高から武庫川女大を経て2016年に入社。高校時代から全国大会常連で、大学・大学院では100mハードル13秒38、400mハードル57秒71まで記録を短縮し、日本インカレ初の2冠を果たした。21年には100mハードル13秒24の自己新。実業団ではビッグタイトルには届かずも日本選手権や全日本実業団対抗選手権で入賞してきた。

藤原は「ケガが多くなかなか思い通りにいかない日々でしたが、そんな厳しい状況であっても気持ちは折れることなく常に前を向いて頑張って来れたのは、一番近くで支え続けてくれた家族、そしていつも応援して下さっているみなさんのお陰です」と感謝し、「2024年度シーズンまでは仕事と両立しながら」競技を続けるとコメントしている。

永田は長崎県出身で1996年生まれの27歳。大村玖島中時代に全中100m優勝、200m3位に輝いた。諫早高でも1年目から活躍し、2年時には世界ユース選手権代表に。3年時にはインターハイ100m・200mともに5位に入った。慶大に進学し4年時に日本インカレ100m優勝、200m3位と復活を遂げた。19年に入社し、同年の世界リレー選手権4×200mで代表入り。21年には100m10秒22まで記録を短縮した。その際に転倒して負った腕の故障で長く苦しむも、今季は復調の兆しを見せていた。

同社を通じ、「一人の人間として大きく成長することができ、ずっと応援してくださった部署のみなさんには本当に感謝しています」とコメントし、「新しい環境でもより競技と向き合い、結果を出せるよう取り組みます」と決意を語っている。

住友電工陸上競技部は、2023年度シーズンで藤原未来と永田駿斗が退部すると発表した。 藤原はハードルが専門。岡山の名門・倉敷中央高から武庫川女大を経て2016年に入社。高校時代から全国大会常連で、大学・大学院では100mハードル13秒38、400mハードル57秒71まで記録を短縮し、日本インカレ初の2冠を果たした。21年には100mハードル13秒24の自己新。実業団ではビッグタイトルには届かずも日本選手権や全日本実業団対抗選手権で入賞してきた。 藤原は「ケガが多くなかなか思い通りにいかない日々でしたが、そんな厳しい状況であっても気持ちは折れることなく常に前を向いて頑張って来れたのは、一番近くで支え続けてくれた家族、そしていつも応援して下さっているみなさんのお陰です」と感謝し、「2024年度シーズンまでは仕事と両立しながら」競技を続けるとコメントしている。 永田は長崎県出身で1996年生まれの27歳。大村玖島中時代に全中100m優勝、200m3位に輝いた。諫早高でも1年目から活躍し、2年時には世界ユース選手権代表に。3年時にはインターハイ100m・200mともに5位に入った。慶大に進学し4年時に日本インカレ100m優勝、200m3位と復活を遂げた。19年に入社し、同年の世界リレー選手権4×200mで代表入り。21年には100m10秒22まで記録を短縮した。その際に転倒して負った腕の故障で長く苦しむも、今季は復調の兆しを見せていた。 同社を通じ、「一人の人間として大きく成長することができ、ずっと応援してくださった部署のみなさんには本当に感謝しています」とコメントし、「新しい環境でもより競技と向き合い、結果を出せるよう取り組みます」と決意を語っている。

住友電工を退部する藤原未来と永田駿斗のコメント全文

●藤原未来 2023年度のシーズンをもって、住友電工陸上競技部を引退することとなりました。 2016年に入社し約7年間、住友電工で競技力を高めてきました。 実業団入りしてからは学生の頃のような勢いや走りができなくなり、長く低迷していましたが、2020年には100mHで6年ぶりに自己ベストを出せ、2021年も2年連続で自己ベストを更新することができました。 怪我が多くなかなか思い通りにいかない日々でしたが、そんな厳しい状況であっても気持ちは折れることなく常に前を向いて頑張って来れたのは、一番近くで支え続けてくれた家族、そしていつも応援して下さっている皆さんのおかげです。 本当にありがとうございました! また、沢山考え2024年度のシーズンまで仕事と両立しながら陸上競技を続けることを決めたので、今後も変わらぬご声援をいただけますと嬉しいです。 ●永田駿斗 この度、住友電工陸上競技部を引退することとなりました。 2019年から5年間、この会社で競技を続け、日本代表を経験し自己ベストを更新することができました。 また競技だけでなく一人の人間として大きく成長することができ、ずっと応援してくださった部署のみなさんには本当に感謝しています。 この選択でよかったと思うために新しい環境でもより競技と向き合い、結果を出せるよう取り組みます。 ありがとうございました。 引き続き、よろしくお願いします。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

5000m廣中璃梨佳が出場取り止め 青木益未、佐藤圭汰らも欠場へ 日本選手権正式エントリー発表

日本陸連は6月21日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)の正式エントリー選手を発表した。 日本選手権は6月7日まで参加申し込みが行われ、14日に […]

NEWS 七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top