HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.01.03

順大まさかの17位 長門俊介監督「必ず強い順大になる」途切れたタスキを再び/箱根駅伝
順大まさかの17位 長門俊介監督「必ず強い順大になる」途切れたタスキを再び/箱根駅伝

まさかの17位に沈んだ順大。4区のルーキー・吉岡大翔がただ一人区間ひとケタとなる8位と力走した

◇第100回箱根駅伝(東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km)

第100回箱根駅伝が行われ、前回5位の順大は17位でシード権を逃した。1区・三浦龍司(4年)が区間10位。万全ではないなか何とか流れを作ったが、2、3区とふたケタ順位が続く。4区のルーキー・吉岡大翔は区間8位でまずまずの箱根デビューを飾り、5区の石井一希(4年)はなんとか10位で芦ノ湖へたどりついた。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、復路は一度も浮上のきっかけをつかめず。9区で三浦とダブル主将の藤原優希(4年)も何とか前を追ったが、鶴見中継所では無念の繰り上げスタートとなってしまった。

長門俊介監督は「区間ふたケタばかりで流れが完全に悪かった。学生たちはしっかり準備してくれましたが、準備段階での問題もある。指導者の責任かなと痛感しています」と唇を噛む。

11月下旬の三浦の故障など、数名は「状態が悪い」というのはあったが、「一難去って、また一難」と続き、「クリスマスあたりからようやく何事もなくできた」状況だったという。吉岡は「来年戻ってきて、この悔しさを晴らせるようにしたい」と思いをにじませる。

これまで総合11回の優勝を誇る名門。「先輩たちが築き上げてきた紅白のタスキを、この記念すべき100回大会で途切れさせてしまった。先輩方や支援してくださる方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、指揮官もまたOBとして忸怩たる思いがある。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、「力のある選手は多いので、私自身も考え直して、しっかり立て直していきたい。2つの予選会というのは試練。それをクリアしていくことでタフさが身につけば、必ず強い順大になる。選手の成長、私の成長と思って1年間やっていきたい」と再起を誓った。

◇第100回箱根駅伝(東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km) 第100回箱根駅伝が行われ、前回5位の順大は17位でシード権を逃した。1区・三浦龍司(4年)が区間10位。万全ではないなか何とか流れを作ったが、2、3区とふたケタ順位が続く。4区のルーキー・吉岡大翔は区間8位でまずまずの箱根デビューを飾り、5区の石井一希(4年)はなんとか10位で芦ノ湖へたどりついた。 しかし、復路は一度も浮上のきっかけをつかめず。9区で三浦とダブル主将の藤原優希(4年)も何とか前を追ったが、鶴見中継所では無念の繰り上げスタートとなってしまった。 長門俊介監督は「区間ふたケタばかりで流れが完全に悪かった。学生たちはしっかり準備してくれましたが、準備段階での問題もある。指導者の責任かなと痛感しています」と唇を噛む。 11月下旬の三浦の故障など、数名は「状態が悪い」というのはあったが、「一難去って、また一難」と続き、「クリスマスあたりからようやく何事もなくできた」状況だったという。吉岡は「来年戻ってきて、この悔しさを晴らせるようにしたい」と思いをにじませる。 これまで総合11回の優勝を誇る名門。「先輩たちが築き上げてきた紅白のタスキを、この記念すべき100回大会で途切れさせてしまった。先輩方や支援してくださる方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、指揮官もまたOBとして忸怩たる思いがある。 ただ、「力のある選手は多いので、私自身も考え直して、しっかり立て直していきたい。2つの予選会というのは試練。それをクリアしていくことでタフさが身につけば、必ず強い順大になる。選手の成長、私の成長と思って1年間やっていきたい」と再起を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top