HOME 箱根駅伝

2024.01.02

「駒大1強のなかで、学生たちが頑張ってくれた」青学大が予想覆す往路V 復路も「自信を持って走ってほしい」/箱根駅伝
「駒大1強のなかで、学生たちが頑張ってくれた」青学大が予想覆す往路V 復路も「自信を持って走ってほしい」/箱根駅伝

往路優勝のフィニッシュテープを切る青学大・若林宏樹

◇第100回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

強い“アオガク”が箱根路に戻ってきた。

広告の下にコンテンツが続きます

大会前には圧倒的な戦力を持つ駒大の優位が予想されたが、青学大が4連覇を果たした15年~18年ごろのような強さをみせるレースとなった。

1区では荒巻朋照(2年)が先頭から35秒差の9位でリレー。「20秒差以内でと思っていたので目標は達成できなかった」と唇を噛んだが、ラスト2kmからの粘りで2区へとつないだ。

エース区間を任された黒田朝日(2年)はケニア人留学生もかわす走りを披露。「前だけを追って、ラスト3kmの坂もも上がれた。理想の走りができた」。自身も納得の走りで区間賞を獲得し、「3区に1秒でも縮めて(タスキを)渡そうと最後まで振り絞れた」と3区の太田蒼生(3年)にリレーする。

勝負を大きく左右したのが3区だった。太田は10000mで現役日本人学生歴代トップの駒大・佐藤圭汰に7km過ぎで追いつくと、しばらく併走。激しいつば迫り合いは「きつかったけど、楽しかった」と振り返りつつ、「『負けてたまるか!大作戦』の言葉どおり、強い気持ちで走ることができました」と終盤に佐藤を振り切る。

広告の下にコンテンツが続きます

太田は区間歴代2位の59分47秒で区間賞を獲得。佐藤も粘り4秒差でタスキをつないだが、この区間でリードを広げるつもりだった駒大に対して初めて先手を奪い、レースの主導権を握った。

続く4区でも佐藤一世(4年)が中継所直後から駒大を引き離す走りを見せて、連続区間賞を獲得する。

1分27秒差のリードをもらってスタートした若林宏樹(3年)も冷雨をものともしない走りで山を駆け上がると、区間2位ながら1時間9分33秒と従来の区間記録を更新。往路フィニッシュタイムの5時間18分13秒は従来の大会記録(5時間21分16秒)を3分以上も上回る驚異的なタイムとなった。

原晋監督は「能登震災で(箱根駅伝が)開催できるかどうかわらない中、また多くの被災にあわれた方がいる中で、箱根駅伝できること、本当に感謝申し上げたい」と感謝を述べつつ、「駒澤1強と言われる中で、学生たちが頑張ってくれた」と振り返った。

広告の下にコンテンツが続きます

ライバル駒大には2分38秒をつけて復路に臨むが、「伝統的に復路に強い。学生たちも堂々と自信を持って輝いて走ってもらいたい」(原監督)と2年ぶりの優勝に向けて力強く語った。

箱根駅伝の復路は1月3日朝8時にスタートする。

◇第100回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 強い“アオガク”が箱根路に戻ってきた。 大会前には圧倒的な戦力を持つ駒大の優位が予想されたが、青学大が4連覇を果たした15年~18年ごろのような強さをみせるレースとなった。 1区では荒巻朋照(2年)が先頭から35秒差の9位でリレー。「20秒差以内でと思っていたので目標は達成できなかった」と唇を噛んだが、ラスト2kmからの粘りで2区へとつないだ。 エース区間を任された黒田朝日(2年)はケニア人留学生もかわす走りを披露。「前だけを追って、ラスト3kmの坂もも上がれた。理想の走りができた」。自身も納得の走りで区間賞を獲得し、「3区に1秒でも縮めて(タスキを)渡そうと最後まで振り絞れた」と3区の太田蒼生(3年)にリレーする。 勝負を大きく左右したのが3区だった。太田は10000mで現役日本人学生歴代トップの駒大・佐藤圭汰に7km過ぎで追いつくと、しばらく併走。激しいつば迫り合いは「きつかったけど、楽しかった」と振り返りつつ、「『負けてたまるか!大作戦』の言葉どおり、強い気持ちで走ることができました」と終盤に佐藤を振り切る。 太田は区間歴代2位の59分47秒で区間賞を獲得。佐藤も粘り4秒差でタスキをつないだが、この区間でリードを広げるつもりだった駒大に対して初めて先手を奪い、レースの主導権を握った。 続く4区でも佐藤一世(4年)が中継所直後から駒大を引き離す走りを見せて、連続区間賞を獲得する。 1分27秒差のリードをもらってスタートした若林宏樹(3年)も冷雨をものともしない走りで山を駆け上がると、区間2位ながら1時間9分33秒と従来の区間記録を更新。往路フィニッシュタイムの5時間18分13秒は従来の大会記録(5時間21分16秒)を3分以上も上回る驚異的なタイムとなった。 原晋監督は「能登震災で(箱根駅伝が)開催できるかどうかわらない中、また多くの被災にあわれた方がいる中で、箱根駅伝できること、本当に感謝申し上げたい」と感謝を述べつつ、「駒澤1強と言われる中で、学生たちが頑張ってくれた」と振り返った。 ライバル駒大には2分38秒をつけて復路に臨むが、「伝統的に復路に強い。学生たちも堂々と自信を持って輝いて走ってもらいたい」(原監督)と2年ぶりの優勝に向けて力強く語った。 箱根駅伝の復路は1月3日朝8時にスタートする。

箱根駅伝往路歴代20傑

5.18.14 青学大   100回(24年) 優勝 5.20.52 駒大    100回(24年) 2位 5.21.16 青学大   96回(20年) 優勝 5.21.31 城西大   100回(24年) 3位 5.22.06 青学大   98回(22年) 優勝 5.22.49 國學院大  96回(20年) 2位 5.23.10 駒大    99回(23年) 優勝 5.23.40 中大    99回(23年) 2位 5.23.58 青学大   91回(15年) 優勝 5.24.33 東京国際大 96回(20年) 3位 5.24.38 東海大   96回(20年) 4位 5.24.43 帝京大   98回(22年) 2位 5.24.45 東洋大   88回(12年) 優勝◆ 5.25.13 青学大   99回(23年) 3位 5.25.20 東洋大   100回(24年) 4位 5.25.34 駒大    98回(22年) 3位 5.25.49 國學院大  98回(22年) 4位 5.25.55 青学大   92回(16年) 優勝 5.26.06 早大    100回(24年) 5位 5.26.10 順大    98回(22年) 5位 ◆は函嶺洞門を通過する旧コースの記録

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top