HOME 特集

2023.12.27

名城大が6連覇なるか!?大東大、立命大、日体大、大阪学大、拓大に注目/富士山女子駅伝
名城大が6連覇なるか!?大東大、立命大、日体大、大阪学大、拓大に注目/富士山女子駅伝

富士山女子駅伝スタートの様子

2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)が12月30日に行われる。10月の全日本大学女子駅伝と並ぶ”2大駅伝”。覇権を奪うのは果たして。

最有力は女王・名城大で揺るがない。今大会は前回まで5連覇。さらに、全日本は今年まで6連覇と、圧倒的な強さを誇ってきた。前回優勝メンバーから山本有真(現・積水化学)と小林成美(現・三井住友海上)は抜けたものの、5人がV経験者。なかでも米澤奈々香、石松愛朱加の2年生が強力だ。そこに加え、前回は1区・柳樂あずみが区間賞で、そのまま逃げ切り。今年は原田紗希も全日本5区で安定した走りを見せている。この2年生を中心に据えつつ、主将の増渕祐香は有終の美を飾ることができるか。

広告の下にコンテンツが続きます

名城大を追う勢力は年々、力をつけておりその差を詰めている印象がある。前回躍進したのが2位の大阪学院大。区間賞はゼロだったが、全員が区間7位以内でつないだ。抜けるのは6区の野崎光のみ。上りの7区・佐藤千紘(4年)やエースの永長里緒(3年)らが軸となる。全日本では6位だったが、巻き返せるか。

全日本で2位の大東大、3位の立命大は優勝候補に挙がる。大東大は留学生のサラ・ワンジル(1年)、野田真理耶(1年)ら1年生5人で全日本を戦い抜いた。ここに前回経験者の鈴木日菜子(3年)らが復調すれば総合力はアップする。

かつての絶対女王・立命大も復活に近づいている。全日本では1区・村松灯(3年)、2区・太田咲雪(1年)が区間賞。3区途中までトップを走った。4区では中地こころ(3年)も区間賞。前回は序盤でやや苦戦しながらも巻き返して5位となっただけに、底力はやはりある。

城西大と日体大にも注目。全日本4位の城西大は兼子心晴(2年)や金子陽向(2年)らに勢いあり。兼子は前回1区4位と流れを作っている。日体大は絶対エースの山﨑りさ(3年)を中心に、保坂晴子(4年)、前回6区区間賞の嶋田桃子(3年)、齋藤みう(3年)とタレントは豊富。ミスなくつなげば前回3位からのジャンプアップもありそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

注目が拓大。前回9位、全日本12位とやや苦戦してきたが、待望の不破聖衣来(3年)が復帰予定。不破がケガで不在の間は、エースに頼らないように底上げを図ってきた。それだけに、不破が復帰すれば融合できる態勢は整ってきた。前々回6位以上が見えるか。全日本7位の関大、同8位の東北福祉大、順大、中大、大阪芸大、初出場の立教大も見逃せない。

暮れの霊峰を臨む女子大生の大一番。富士山女子駅伝は、静岡・富士山本宮浅間大社前スタート、富士総合運動公園陸上競技場フィニッシュのコースで、7区間43.4kmで争われる。レースは10時スタート。大会の模様はフジテレビ系列(テレビ静岡)で9時55分から生中継される。

2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)が12月30日に行われる。10月の全日本大学女子駅伝と並ぶ"2大駅伝"。覇権を奪うのは果たして。 最有力は女王・名城大で揺るがない。今大会は前回まで5連覇。さらに、全日本は今年まで6連覇と、圧倒的な強さを誇ってきた。前回優勝メンバーから山本有真(現・積水化学)と小林成美(現・三井住友海上)は抜けたものの、5人がV経験者。なかでも米澤奈々香、石松愛朱加の2年生が強力だ。そこに加え、前回は1区・柳樂あずみが区間賞で、そのまま逃げ切り。今年は原田紗希も全日本5区で安定した走りを見せている。この2年生を中心に据えつつ、主将の増渕祐香は有終の美を飾ることができるか。 名城大を追う勢力は年々、力をつけておりその差を詰めている印象がある。前回躍進したのが2位の大阪学院大。区間賞はゼロだったが、全員が区間7位以内でつないだ。抜けるのは6区の野崎光のみ。上りの7区・佐藤千紘(4年)やエースの永長里緒(3年)らが軸となる。全日本では6位だったが、巻き返せるか。 全日本で2位の大東大、3位の立命大は優勝候補に挙がる。大東大は留学生のサラ・ワンジル(1年)、野田真理耶(1年)ら1年生5人で全日本を戦い抜いた。ここに前回経験者の鈴木日菜子(3年)らが復調すれば総合力はアップする。 かつての絶対女王・立命大も復活に近づいている。全日本では1区・村松灯(3年)、2区・太田咲雪(1年)が区間賞。3区途中までトップを走った。4区では中地こころ(3年)も区間賞。前回は序盤でやや苦戦しながらも巻き返して5位となっただけに、底力はやはりある。 城西大と日体大にも注目。全日本4位の城西大は兼子心晴(2年)や金子陽向(2年)らに勢いあり。兼子は前回1区4位と流れを作っている。日体大は絶対エースの山﨑りさ(3年)を中心に、保坂晴子(4年)、前回6区区間賞の嶋田桃子(3年)、齋藤みう(3年)とタレントは豊富。ミスなくつなげば前回3位からのジャンプアップもありそうだ。 注目が拓大。前回9位、全日本12位とやや苦戦してきたが、待望の不破聖衣来(3年)が復帰予定。不破がケガで不在の間は、エースに頼らないように底上げを図ってきた。それだけに、不破が復帰すれば融合できる態勢は整ってきた。前々回6位以上が見えるか。全日本7位の関大、同8位の東北福祉大、順大、中大、大阪芸大、初出場の立教大も見逃せない。 暮れの霊峰を臨む女子大生の大一番。富士山女子駅伝は、静岡・富士山本宮浅間大社前スタート、富士総合運動公園陸上競技場フィニッシュのコースで、7区間43.4kmで争われる。レースは10時スタート。大会の模様はフジテレビ系列(テレビ静岡)で9時55分から生中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top