HOME 駅伝

2023.12.27

「GMOわくわく大作戦」発動!GMOインターネットグループがニューイヤー駅伝初優勝へ意気込み
「GMOわくわく大作戦」発動!GMOインターネットグループがニューイヤー駅伝初優勝へ意気込み

GMOインターネットグループの熊谷正寿代表(中央)、原晋EKIDENダイレクター、亀鷹律良監督

GMOインターネットグループは12月27日、元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に向けての「決戦直前記者会見」を開いた。

冒頭に同社代表取締役グループ代表の熊谷正寿氏が、優勝を目標に掲げながら5位だった前回を「最高の選手をそろえ、最高の練習環境を整えれば優勝できると甘く見ていた」と明かした。そして、その反省のうえで「万全の態勢でニューイヤー駅伝を迎えようとしている」と力強く語る。

陸上部の亀鷹律良監督、EKIDENダイレクターの原晋氏も同席したトークセッションでは、正月の決戦に向けての作戦名を発表。「GMOワクワク大作戦」を掲げ、初の頂点に挑む。

チームミーティングで作戦を決めた経緯について、熊谷代表は「会社としは『1番』が経営の信念。でも、1番でなければいけないとプレッシャーをかけ続けてはいけない。スポーツ心理学上、厳しい練習の後はリラックスして楽しむことが実力を発揮することにつながる」と説明。そして、「選手にたちにはここまでトレーニングを積み重ねたのだから、当日はワクワク、ドキドキしながら楽しんできてほしいというメッセージを伝えたかった」と続けた。

今回の作戦名は、原ダイレクターが監督を務める青学大が、箱根駅伝で初優勝を飾った2015年時に使った作戦名に、社名を加えたもの。原ダイレクターも「やるべきことをやれば、最後はワクワクしながら、未来志向でいくことで成果が出る、という論文などが出ていたので、それを利用した」と当時を振り返る。

そして、その「やるべきこと」は本番に向けて万端だという。

ニューイヤー駅伝では初出場だった2020年に、いきなり5位に入賞。その後は2年連続で9位と入賞に一歩届かなかったが、前回は、2022年10月にプレイングダイレクターとして参画した大迫傑(Nike)を軸に、再び5位を占めた。

今季は11月の東日本実業団駅伝では、MGC出場者を擁していたことで特例措置で完走すれば順位に関わらずニューイヤー駅伝の出場権を得らえる。そのため、あくまでもニューイヤーを見据えての調整の一環と割り切ったレースをして17位だった。ただ、亀鷹監督は「12月に入ってチーム状況が上向き、『勝てるんじゃないか』という雰囲気が出てきた。これは勝つしかないという思いでニューイヤーに臨む」と力強く語った。

熊谷代表が自らケニアに赴いてスカウトした2022年オレゴン世界選手権5000m銀メダリストのヤコブ・クロップ(ケニア)という大砲を擁しており、「(インターナショナル区間の)4区でトップに立ち、5区以降を逃げ切る」(亀鷹監督)というのがメインプラン。そのために、2連覇中のHonda、富士通、トヨタ自動車らに2区、3区で「30秒差以内で食らいつくこと」をポイントに挙げる。

今大会から4区までの区間距離がガラリと変わり、前回まで4区だった最長区間が2区に。各チームはそこにエースを投入すると見られる。そこでの力の差を冷静に捉えつつ、出足の1区で、前回は村山鉱太が果たしたトップ中継の再現を狙い、流れをつかみにいく。5~7区には「駅伝に強い選手を並べる」と自信を持っており、前半の戦い方次第で目標達成に届く想定だ。大迫については亀鷹監督は「出走します」ときっぱりと語り、区間については「ワクワクする区間で」と話した。

また、「GMOわくわく大作戦」の一環として、優勝した暁には選手にプライベートジェットでの「ご家族・大切な方への恩返しの旅」を贈ること、さらにSNSを使った総額200万円のプレゼントキャンペーンを行うことも発表された。

2015年に熊谷代表が、原ダイレクターの「これまでにない新しいチームを作ってほしい」という要望を受け、2016年にスタートしたGMOインターネットグループ陸上部。1月1日に「1番」に輝くための体制は、整った。

GMOインターネットグループは12月27日、元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に向けての「決戦直前記者会見」を開いた。 冒頭に同社代表取締役グループ代表の熊谷正寿氏が、優勝を目標に掲げながら5位だった前回を「最高の選手をそろえ、最高の練習環境を整えれば優勝できると甘く見ていた」と明かした。そして、その反省のうえで「万全の態勢でニューイヤー駅伝を迎えようとしている」と力強く語る。 陸上部の亀鷹律良監督、EKIDENダイレクターの原晋氏も同席したトークセッションでは、正月の決戦に向けての作戦名を発表。「GMOワクワク大作戦」を掲げ、初の頂点に挑む。 チームミーティングで作戦を決めた経緯について、熊谷代表は「会社としは『1番』が経営の信念。でも、1番でなければいけないとプレッシャーをかけ続けてはいけない。スポーツ心理学上、厳しい練習の後はリラックスして楽しむことが実力を発揮することにつながる」と説明。そして、「選手にたちにはここまでトレーニングを積み重ねたのだから、当日はワクワク、ドキドキしながら楽しんできてほしいというメッセージを伝えたかった」と続けた。 今回の作戦名は、原ダイレクターが監督を務める青学大が、箱根駅伝で初優勝を飾った2015年時に使った作戦名に、社名を加えたもの。原ダイレクターも「やるべきことをやれば、最後はワクワクしながら、未来志向でいくことで成果が出る、という論文などが出ていたので、それを利用した」と当時を振り返る。 そして、その「やるべきこと」は本番に向けて万端だという。 ニューイヤー駅伝では初出場だった2020年に、いきなり5位に入賞。その後は2年連続で9位と入賞に一歩届かなかったが、前回は、2022年10月にプレイングダイレクターとして参画した大迫傑(Nike)を軸に、再び5位を占めた。 今季は11月の東日本実業団駅伝では、MGC出場者を擁していたことで特例措置で完走すれば順位に関わらずニューイヤー駅伝の出場権を得らえる。そのため、あくまでもニューイヤーを見据えての調整の一環と割り切ったレースをして17位だった。ただ、亀鷹監督は「12月に入ってチーム状況が上向き、『勝てるんじゃないか』という雰囲気が出てきた。これは勝つしかないという思いでニューイヤーに臨む」と力強く語った。 熊谷代表が自らケニアに赴いてスカウトした2022年オレゴン世界選手権5000m銀メダリストのヤコブ・クロップ(ケニア)という大砲を擁しており、「(インターナショナル区間の)4区でトップに立ち、5区以降を逃げ切る」(亀鷹監督)というのがメインプラン。そのために、2連覇中のHonda、富士通、トヨタ自動車らに2区、3区で「30秒差以内で食らいつくこと」をポイントに挙げる。 今大会から4区までの区間距離がガラリと変わり、前回まで4区だった最長区間が2区に。各チームはそこにエースを投入すると見られる。そこでの力の差を冷静に捉えつつ、出足の1区で、前回は村山鉱太が果たしたトップ中継の再現を狙い、流れをつかみにいく。5~7区には「駅伝に強い選手を並べる」と自信を持っており、前半の戦い方次第で目標達成に届く想定だ。大迫については亀鷹監督は「出走します」ときっぱりと語り、区間については「ワクワクする区間で」と話した。 また、「GMOわくわく大作戦」の一環として、優勝した暁には選手にプライベートジェットでの「ご家族・大切な方への恩返しの旅」を贈ること、さらにSNSを使った総額200万円のプレゼントキャンペーンを行うことも発表された。 2015年に熊谷代表が、原ダイレクターの「これまでにない新しいチームを作ってほしい」という要望を受け、2016年にスタートしたGMOインターネットグループ陸上部。1月1日に「1番」に輝くための体制は、整った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top