HOME 国内

2023.12.27

走幅跳・橋岡優輝 パリは「陸上人生の節目のオリンピック」冬季はケガなく順調
走幅跳・橋岡優輝 パリは「陸上人生の節目のオリンピック」冬季はケガなく順調

年末年始の一時帰国。日本でトレーニングする橋岡優輝

男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)が一時帰国し、都内で日大の後輩たちと汗を流した。

1年前から米国を拠点とし、サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と同じタンブルウィードTCで練習を積む。この冬もシーズン後は渡米。現地でトレーニングを積んできたが、年末年始に一時帰国した。

広告の下にコンテンツが続きます

この日は坂ダッシュやウエイトトレーニングを消化。拠点とする米国フロリダ州ジャクソンビルはこの時期でも20度近くなる日もあるようで、「東京は毎日、寒いです」と苦笑い。

今季は度重なるケガに泣き、「試合に出ていない」と冗談めかすほど。世界選手権も予選敗退。ただ、ダイヤモンドリーグには初出場すると、ファイナルでも3位に食い込んだ。

オフを挟んで米国へ。「ケガもなく順調に練習を積めています。去年よりも練習の質が上がっています」と橋岡。「週6回練習」で、1日はリカバリーに充てる。「実質、オフはない。外に出られません」というほど、ハードな日々だ。

その中でも、前年は冬季の間でも細かなケガがあったが、この冬はそれもなく「レイナ(・レイダー)コーチの意図を理解して身体を動かすことができるようになってきました。成長を実感できています」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

今年は同志とも言える北口榛花(JAL)が女子やり投で世界一となり、「すごいです。良き友であり、良きライバル。先を越されたなとは思いますが、喜びのほうが大きい」。

つかの間の帰国を経て、年明けすぐに再び渡米し、海外でシーズンインとなる予定だ。パリ五輪イヤーのスタート。「陸上人生の節目のオリンピックになると思っています」と覚悟がにじむ。「1試合目から参加標準記録(8m27)を跳びたい。とりあえずメダル」。まずは冬季練習後半で、新しいスプリントの動きと自分の感覚をすり合わせ、研ぎ澄ませていく。

男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)が一時帰国し、都内で日大の後輩たちと汗を流した。 1年前から米国を拠点とし、サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と同じタンブルウィードTCで練習を積む。この冬もシーズン後は渡米。現地でトレーニングを積んできたが、年末年始に一時帰国した。 この日は坂ダッシュやウエイトトレーニングを消化。拠点とする米国フロリダ州ジャクソンビルはこの時期でも20度近くなる日もあるようで、「東京は毎日、寒いです」と苦笑い。 今季は度重なるケガに泣き、「試合に出ていない」と冗談めかすほど。世界選手権も予選敗退。ただ、ダイヤモンドリーグには初出場すると、ファイナルでも3位に食い込んだ。 オフを挟んで米国へ。「ケガもなく順調に練習を積めています。去年よりも練習の質が上がっています」と橋岡。「週6回練習」で、1日はリカバリーに充てる。「実質、オフはない。外に出られません」というほど、ハードな日々だ。 その中でも、前年は冬季の間でも細かなケガがあったが、この冬はそれもなく「レイナ(・レイダー)コーチの意図を理解して身体を動かすことができるようになってきました。成長を実感できています」と言う。 今年は同志とも言える北口榛花(JAL)が女子やり投で世界一となり、「すごいです。良き友であり、良きライバル。先を越されたなとは思いますが、喜びのほうが大きい」。 つかの間の帰国を経て、年明けすぐに再び渡米し、海外でシーズンインとなる予定だ。パリ五輪イヤーのスタート。「陸上人生の節目のオリンピックになると思っています」と覚悟がにじむ。「1試合目から参加標準記録(8m27)を跳びたい。とりあえずメダル」。まずは冬季練習後半で、新しいスプリントの動きと自分の感覚をすり合わせ、研ぎ澄ませていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top