HOME 学生長距離

2023.12.27

箱根駅伝Stories/順大主将の三浦龍司「同じ熱量で頑張ってきた仲間」と挑む最後の箱根路 胸に秘める同期や後輩たちへの思い
箱根駅伝Stories/順大主将の三浦龍司「同じ熱量で頑張ってきた仲間」と挑む最後の箱根路 胸に秘める同期や後輩たちへの思い

順大を牽引する三浦龍司

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

2020年。当時1年生だった彼らが4年生で迎える100回大会は、どんな大会となるのだろうか。三浦龍司(順大)、吉居大和(中大)、石原翔太郎(東海大)。“最強世代”が迎える最後の箱根路の物語――。

駅伝主将として過ごした1年

世界選手権の上位争いをするような選手、コーチたちは驚くかもしれない。三浦龍司というランナーが、ダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルで5位になった後は、まとまった休養を挟むことなく距離を延ばして調整することを。それだけ異質な道を3年間、繰り返してきた。

3000m障害で日本記録を持ち、21年東京五輪と今夏のブダペスト世界選手権で6位入賞。世界トップランナーの1人といっても過言ではない。3000m障害を主戦場とする選手の多くは1500mや3000mでスピードを磨くし、レースに出るとしても5000mまでというのがほとんど。10000mやハーフに出ることは稀だが、走ったとしても調整や練習の一環。だが、三浦は1月2日に20kmもの距離を“ガチンコ”で走ってきた。もちろん、パリ五輪イヤーの2024年も、走る。

「駅伝は好きですよ。個人競技ではなく、チームで戦うからこそ達成感や充実感が増しますから」

全身がヒリヒリするような“個”のぶつかり合いとは違う、駅伝を目指し、走る日々でしか味わえないものがある。

今年は駅伝主将に自ら手を挙げた。1学年上の先輩だった西澤侑真(現・トヨタ紡織)の影響が大きかった。自分の陸上人生、いや、人生において、この経験は大きなものになる。「引っ張っていくタイプではない」し、朝起きるのが苦手だったりもする。それでも、三浦は手を挙げた。

ただ、「どうしても海外レースが中心になってしまう」。三浦は、同期の藤原優希に「一緒にやってほしい」と声をかけた。

「前回の箱根駅伝を走ったあと、藤原の姿勢や走りに変化がありました。同じキャプテンをする上で実績的な部分も必要です。Cチームから上がってきて、いろいろな視点を持っているし、後輩たちもコミュニケーションを取りやすい。そういう人物がリーダーであるのは大きな意味があります。(キャプテンに)ふさわしい存在です」

前半シーズンは世界選手権を中心にスケジュールを組み立てたため、想定通りチームを離れる日が多かった。「全体への声かけも難しかったですし、今までキャプテンをされてきた方々のようにはできませんでした」。ただ、「藤原がいてくれるからこそ、頼っていました」と言う。三浦は個別に1年生や伸び悩んでいる選手たちに声をかけつつ、9月以降は駅伝に向けて自身も調整していった。

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。 2020年。当時1年生だった彼らが4年生で迎える100回大会は、どんな大会となるのだろうか。三浦龍司(順大)、吉居大和(中大)、石原翔太郎(東海大)。“最強世代”が迎える最後の箱根路の物語――。

駅伝主将として過ごした1年

世界選手権の上位争いをするような選手、コーチたちは驚くかもしれない。三浦龍司というランナーが、ダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルで5位になった後は、まとまった休養を挟むことなく距離を延ばして調整することを。それだけ異質な道を3年間、繰り返してきた。 3000m障害で日本記録を持ち、21年東京五輪と今夏のブダペスト世界選手権で6位入賞。世界トップランナーの1人といっても過言ではない。3000m障害を主戦場とする選手の多くは1500mや3000mでスピードを磨くし、レースに出るとしても5000mまでというのがほとんど。10000mやハーフに出ることは稀だが、走ったとしても調整や練習の一環。だが、三浦は1月2日に20kmもの距離を“ガチンコ”で走ってきた。もちろん、パリ五輪イヤーの2024年も、走る。 「駅伝は好きですよ。個人競技ではなく、チームで戦うからこそ達成感や充実感が増しますから」 全身がヒリヒリするような“個”のぶつかり合いとは違う、駅伝を目指し、走る日々でしか味わえないものがある。 今年は駅伝主将に自ら手を挙げた。1学年上の先輩だった西澤侑真(現・トヨタ紡織)の影響が大きかった。自分の陸上人生、いや、人生において、この経験は大きなものになる。「引っ張っていくタイプではない」し、朝起きるのが苦手だったりもする。それでも、三浦は手を挙げた。 ただ、「どうしても海外レースが中心になってしまう」。三浦は、同期の藤原優希に「一緒にやってほしい」と声をかけた。 「前回の箱根駅伝を走ったあと、藤原の姿勢や走りに変化がありました。同じキャプテンをする上で実績的な部分も必要です。Cチームから上がってきて、いろいろな視点を持っているし、後輩たちもコミュニケーションを取りやすい。そういう人物がリーダーであるのは大きな意味があります。(キャプテンに)ふさわしい存在です」 前半シーズンは世界選手権を中心にスケジュールを組み立てたため、想定通りチームを離れる日が多かった。「全体への声かけも難しかったですし、今までキャプテンをされてきた方々のようにはできませんでした」。ただ、「藤原がいてくれるからこそ、頼っていました」と言う。三浦は個別に1年生や伸び悩んでいる選手たちに声をかけつつ、9月以降は駅伝に向けて自身も調整していった。

同じ熱量で頑張ってきた仲間とともに

出雲駅伝はある程度早くから見送りを決め、「全日本、箱根に向けて“溜め”を作る」ことに注力。ある程度の準備はできたはずだった全日本では「1kmは突っ込んで、2kmでは落ち着いて走った。そんなに感覚は悪くなかった」。それでもタイムは上がらず「どうしてだろう」という結果に終わっている。 出雲10位、全日本11位と、苦しい駅伝が続く。「選手それぞれ、力を出すことができていません。チーム力はあるのですが」。その原因の一つには「上級生の選手層の厚さ」とも。「安心感や厚みが足りない。だから、吉岡(大翔)らが伸び伸び走らせてあげられていない」と責任を感じている。裏を返せば「戦力としては過去2年と大差はない」。どう力を発揮できるチームに仕立てられるか。 1年時は1区、そして2、3年と2区を走ってきた。決して“大エース”という役割ではない。「これまで1、2区しかないので、今回も序盤区間だと思います」とし、「できれば1区で」と笑う。実は「1年生の最初は下りも得意だと思っていたので6区を走りたいと思ったこともありましたが、今は苦手です」。 “花の2区”を2度経験した三浦。「2区は最長区間ですし、絶対的なスタミナ、タフさは必要。最初にレースが動く場所ですし、重要度は高い。いろいろな準備が必要です」とコースの印象を語る。 オリンピアンである三浦が走れば、世間の人々は“そういう目”で見る。周囲の求める結果と、自分の走りや結果に対する感触。そのギャップは、埋めがたい。「仕方ないこと」と割り切っているが、悔しさがないはずはない。 それでも、三浦は箱根駅伝を走る。果たして今回は1区か、2区か。それとも。 [caption id="attachment_124757" align="alignnone" width="800"] 駅伝W主将を務めてきた三浦と藤原[/caption] 「15人いる同期は、それぞれ目指す場所や実力は違っても、同じ熱量で頑張ってきた仲間。だから僕らも奮起できたんです。石井(一希)とは1年目から同じ大会に出てきた戦友。ここぞというところで期待に応えてくれます。最高学年として、後輩たちに残せるのはシード権。そして同じ目標に向かって頑張ること。それは最後までやりとおしたい」 100回目を迎える箱根駅伝に、世界トップランナーの1人がいる。どんな選手でも、同じ熱量で、同じようにタスキをつなぐ。だから箱根駅伝は100回続いてきた。 世界へと巣立つための土台を作り、送り出してくれた順天堂大学。そのユニフォームを着て、タスキをかける最後の駅伝。「世界のMIURA」ではなく、「順天堂大学の三浦龍司」として、最高の仲間とともにあの舞台を駆け抜ける。 文/向永拓史

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top