HOME 学生長距離

2023.12.26

箱根駅伝に魅了されたHKT48市村愛里「無事にタスキをつないでください!」神奈川出身、現地観戦で感動!
箱根駅伝に魅了されたHKT48市村愛里「無事にタスキをつないでください!」神奈川出身、現地観戦で感動!

箱根駅伝好きと公言しているHKT48の市村愛里さん(提供写真)

第100回大会を迎える箱根駅伝を前に、特別な思いを持つ著名人の方々にインタビューした。箱根駅伝好きを公言しているHKT48の市村愛里さん。神奈川出身で幼い頃から家族と一緒に地元を走るランナーたちに熱視線を送っていた。駅伝を好きになったきっかけと選手へのメッセージ聞いた。

――箱根駅伝を好きになったきっかけを教えてください。

広告の下にコンテンツが続きます

市村 物心がついた頃から家族と一緒にテレビを見ていました。家族も全員、箱根駅伝が好きなんです。今は離れて暮らしているからこそ、家族みんなで箱根駅伝を見る時間がすごく幸せです。

私は中学、高校とバドミントン部だったのですが、体力に自信があってマラソン大会でも学年で1番でした。駅伝の時には市内の大会にも出たことがあります。それもあって、昔から駅伝を見るのも走るのも好きでした。

今年は熊本城マラソンも走りました! 走るってこういう気持ちなんだなって思いました。練習では孤独感もあってつらかったのですが、走る側になって応援のパワーの大きさを実感しました。

小学生くらいの時は早稲田大、明治大、東洋大が強かったというのを覚えています。でも、当時はどんな選手が強いとかいう印象はなくて、後になってから柏原竜二さんらのことを知りました。

広告の下にコンテンツが続きます

今はSNSなどでいろいろ調べています。「駅伝アイドル」の先輩でもある西村菜那子さん(元NGT48)のSNSもひっそりとチェックして勉強しています! “認知”していただけて、SNS上ですが交流できてうれしいです。

――どれくらい深く見るようになりましたか?

市村 やっぱり青山学院大が勝ち始めたのがすごく印象に残っています。しっかり見始めた時に連覇されていました。印象に残っているのは第96回大会です。1年生で2区を走った岸本大紀さんや、引退を決めて(※のちに翻意)走った4区の吉田祐也さんのシーンはいつ見ても感動します。

ハマってからは出雲駅伝や全日本大学駅伝も見るようになりましたし、高校生のことも調べるようになっていきました。

広告の下にコンテンツが続きます

市村さんが思い出に残っていると話す96回大会。写真は4区の青学大・吉田

――箱根駅伝の魅力とはどんなところですか。

市村 お正月ということで、家族みんなで見られるのも一つの魅力だと思います。山上り、山下りもあり、200km以上を2日間。そういうコースだからこそ、ドラマもたくさんあると思います。学生のみなさんもやっぱり箱根駅伝に懸けているのがわかりますし、応援している人も含めてすべての方々の熱量を感じます。

――実際に現地で応援されたこともありますか。

広告の下にコンテンツが続きます

市村 今年の第99回大会も観に行きました! 2区を観にいったのですが、選手一人ひとりの力強さ、迫力が本当にすごかったです。

順天堂大の三浦龍司選手はフォームがすごくきれいでした。駒澤大の田澤廉選手が来る前は、沿道にいる人たちもどこか構えているような、緊張感が伝わってきたんです。衝撃を受けたのは國學院大の平林清澄選手。あんなに細身の身体なのに颯爽と走っていく姿に引き込まれました。

――今大会ではどんなところが注目でしょう。

市村 やっぱり駒澤大が相当、強いと思います。前回6区の伊藤蒼唯選手や、強い4年生の中でも赤津勇進選手に注目しています。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、独走にならずに食らいつきそうなのは青山学院大、中央大、國學院大ですよね。青山学院大の若林宏樹選手が復活してきたので期待大です! 首位争いはもちろん、シード権争いも見応えがありそうです。

――100回大会に向けて選手にメッセージをお願いします!

市村 分野は違いますが、同世代の方々が頑張っている姿は見ているだけでパワーや勇気をもらえますし、自分も頑張らなきゃ!って思えます。大きな節目の大会で、選手のみなさんにとっても、観る人にとっても、歴史に残るようなレースになるといいなと思います。

ただ、まずは選手のみなさんがケガなく、無事に走りきってタスキをつないでほしいという思いが一番です! 応援する側も含めて、みんなで作る100回大会が素敵な大会になるように願っています。

広告の下にコンテンツが続きます

◎いちむら・あいり/2001年2月13日生まれ。22歳。神奈川県出身。2018年にHKT48の5期生としてデビュー。昨年、15thシングル『ビーサンはなぜなくなるのか?』で表題初選抜。ニックネームは「あいちー」。12月20日にリリースされた17thシングル『バケツを被れ!』でも選抜入りしている。

構成/向永拓史

第100回大会を迎える箱根駅伝を前に、特別な思いを持つ著名人の方々にインタビューした。箱根駅伝好きを公言しているHKT48の市村愛里さん。神奈川出身で幼い頃から家族と一緒に地元を走るランナーたちに熱視線を送っていた。駅伝を好きになったきっかけと選手へのメッセージ聞いた。 ――箱根駅伝を好きになったきっかけを教えてください。 市村 物心がついた頃から家族と一緒にテレビを見ていました。家族も全員、箱根駅伝が好きなんです。今は離れて暮らしているからこそ、家族みんなで箱根駅伝を見る時間がすごく幸せです。 私は中学、高校とバドミントン部だったのですが、体力に自信があってマラソン大会でも学年で1番でした。駅伝の時には市内の大会にも出たことがあります。それもあって、昔から駅伝を見るのも走るのも好きでした。 今年は熊本城マラソンも走りました! 走るってこういう気持ちなんだなって思いました。練習では孤独感もあってつらかったのですが、走る側になって応援のパワーの大きさを実感しました。 小学生くらいの時は早稲田大、明治大、東洋大が強かったというのを覚えています。でも、当時はどんな選手が強いとかいう印象はなくて、後になってから柏原竜二さんらのことを知りました。 今はSNSなどでいろいろ調べています。「駅伝アイドル」の先輩でもある西村菜那子さん(元NGT48)のSNSもひっそりとチェックして勉強しています! “認知”していただけて、SNS上ですが交流できてうれしいです。 ――どれくらい深く見るようになりましたか? 市村 やっぱり青山学院大が勝ち始めたのがすごく印象に残っています。しっかり見始めた時に連覇されていました。印象に残っているのは第96回大会です。1年生で2区を走った岸本大紀さんや、引退を決めて(※のちに翻意)走った4区の吉田祐也さんのシーンはいつ見ても感動します。 ハマってからは出雲駅伝や全日本大学駅伝も見るようになりましたし、高校生のことも調べるようになっていきました。 [caption id="attachment_124695" align="alignnone" width="800"] 市村さんが思い出に残っていると話す96回大会。写真は4区の青学大・吉田[/caption] ――箱根駅伝の魅力とはどんなところですか。 市村 お正月ということで、家族みんなで見られるのも一つの魅力だと思います。山上り、山下りもあり、200km以上を2日間。そういうコースだからこそ、ドラマもたくさんあると思います。学生のみなさんもやっぱり箱根駅伝に懸けているのがわかりますし、応援している人も含めてすべての方々の熱量を感じます。 ――実際に現地で応援されたこともありますか。 市村 今年の第99回大会も観に行きました! 2区を観にいったのですが、選手一人ひとりの力強さ、迫力が本当にすごかったです。 順天堂大の三浦龍司選手はフォームがすごくきれいでした。駒澤大の田澤廉選手が来る前は、沿道にいる人たちもどこか構えているような、緊張感が伝わってきたんです。衝撃を受けたのは國學院大の平林清澄選手。あんなに細身の身体なのに颯爽と走っていく姿に引き込まれました。 ――今大会ではどんなところが注目でしょう。 市村 やっぱり駒澤大が相当、強いと思います。前回6区の伊藤蒼唯選手や、強い4年生の中でも赤津勇進選手に注目しています。 ただ、独走にならずに食らいつきそうなのは青山学院大、中央大、國學院大ですよね。青山学院大の若林宏樹選手が復活してきたので期待大です! 首位争いはもちろん、シード権争いも見応えがありそうです。 ――100回大会に向けて選手にメッセージをお願いします! 市村 分野は違いますが、同世代の方々が頑張っている姿は見ているだけでパワーや勇気をもらえますし、自分も頑張らなきゃ!って思えます。大きな節目の大会で、選手のみなさんにとっても、観る人にとっても、歴史に残るようなレースになるといいなと思います。 ただ、まずは選手のみなさんがケガなく、無事に走りきってタスキをつないでほしいという思いが一番です! 応援する側も含めて、みんなで作る100回大会が素敵な大会になるように願っています。 ◎いちむら・あいり/2001年2月13日生まれ。22歳。神奈川県出身。2018年にHKT48の5期生としてデビュー。昨年、15thシングル『ビーサンはなぜなくなるのか?』で表題初選抜。ニックネームは「あいちー」。12月20日にリリースされた17thシングル『バケツを被れ!』でも選抜入りしている。 構成/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top