HOME 学生長距離

2023.12.23

箱根駅伝Stories/伝統校を10年ぶりに本戦へ導いた東農大キャプテン高槻芳照「思う存分、実力を発揮したい」
箱根駅伝Stories/伝統校を10年ぶりに本戦へ導いた東農大キャプテン高槻芳照「思う存分、実力を発揮したい」

3年ぶりの箱根路へ意気込みを口にする高槻芳照

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

不思議な縁に結ばれて東農大に入学

「11位、東京農業大学」のアナウンスを聞くと、涙があふれてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

10月14日の箱根駅伝予選会を突破し、10年ぶり70回目の出場を決めた東農大に、“新たな一歩”を呼び込んだのが主将の高槻芳照(4年)だ。

箱根予選会は1年時から3年連続のチームトップ。1年時には関東学生連合で8区に出走すると、今季は主将としてチームを引っ張ってきた。高槻が入学して、東農大は明らかに変わり始めたのだ。

そして高槻自身も、東農大と不思議な縁で結ばれていた。

福島・飯野中時代はバスケ部だったが、2年時に赴任してきた事務職員が高槻の走りを見て、「陸上を始めたほうがいいよ」と声をかけてきたという。

広告の下にコンテンツが続きます

その職員は東農大OBで、福島市陸上競技協会の会長を務めていた。通っていた中学に陸上部はなかったが、そこから高槻は長距離レースに出場するようになり、「走るのが楽しくなって、強豪校に行きたいと思うようになったんです」。

中学時代の3000mベストが9分19秒だった高槻は、全国屈指の強豪校である学法石川高に入学。より本格的に競技に取り組むようになる。

次の転機は高校2年時の7月にあった福島県選手権10000m。現在もチームメイトの長谷部慎と高槻が1位(32分00秒62)、2位(32分06秒09)と、暑さの中でも粘り強い走りを見せた2人は、東農大の小指徹監督から勧誘を受けて、東農大の進学を決めた。

「小指さんから『絶対に伸びるぞ』と言われたんです。その後、農大以外から特に勧誘もなかったですし、必要とされたのがうれしくて、力になりたいなと思ったんです」

広告の下にコンテンツが続きます

故障がありながらも、高槻は徐々に力をつけていき、3年時はインターハイを狙える位置にいた。

しかし、福島県大会の3000m障害を予選通過した後、胃腸炎になり、決勝は棄権している。

その後はロードで安定した走りを見せるようになり、全国高校駅伝は4区(区間20位)で出場。同学年の松山和希(東洋大)、2学年下の山口智規(早大)、長谷部らとタスキをつないで5位入賞を果たしている。

高3時の都大路は「雰囲気に飲まれた感じがありましたね」と振り返る。「長距離区間は別メニューで練習したんですけど、松山と渡辺亮太(現・東洋大4)は5000mベストが自分(14分22秒82)より20秒以上も速かったので、合わせるのが大変でした。特に松山とは実力差があったと思います」。

広告の下にコンテンツが続きます

「今は任せられた区間を必死に走りたい」

高槻は長谷部とともに東農大に入学。2020年の箱根予選会は総合17位に終わるも、高槻が個人34位、同期の並木寧音が同47位。学内ワン・ツーを飾ったルーキーが確実に成長していくことになる。

高槻は関東学生連合のメンバーに選ばれ、8区(区間12位相当)に出場した。実は往路を走る予定だったが、12月上旬に体調を崩してしまい、復路に回った経緯がある。当時を振り返り、「最初は悔しかったのですが、応援してくれる人が多く、すごく楽しかった思い出があります」と高槻。箱根路を駆け抜け、「自分のチームで走りたい」という気持ちが強くなった。

2年時は11月の日体大長距離競技会10000mで並木が28分20秒49、高槻が28分22秒69。3年時は12月の日体大長距離競技会10000mで高槻が28分11秒99、並木が28分16秒30をマークし、戸田雅稀(現・芝浦工大プレイングコーチ)が持っていた東農大記録(28分28秒27)を2人で幾度も更新した。

「2年時はまぐれと思われたかもしれませんが、3年時でベストを更新できて、自分たちの実力を証明できたと思います」

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、箱根予選会の結果は伸び悩む。高槻と並木が3年連続で学内ワン・ツーを果たすも、一昨年は総合18位、昨年は夏に集団でコロナ感染してしまい、同17位だった。

今季は、インターハイ5000m日本人トップの肩書きを持った前田和摩というスーパールーキーが加入。高槻、並木、前田の強力3本柱を形成し、6月の全日本大学駅伝選考会を14年ぶりに突破した。

箱根復帰の気運は高まっていたが、高槻は夏に左足底を痛めて戦線離脱。主将不在の夏合宿でチームの足並みが乱れかけるも、主将は決戦に向けて急ピッチで仕上げてきた。

「体調的には4割くらいだった」という予選会を個人67位(1時間3分36秒)でカバー。日本人トップの快走を見せた前田の快走はあったものの、主将として伝統校を10年ぶりの箱根駅伝出場に導いた。

広告の下にコンテンツが続きます

春先は花の2区を希望していたが、エース区間へのこだわりは消えつつある。

「2区は前田がいますし、並木も狙っている。今は任せられた区間を必死に走りたいと考えています」

自身では1区、3区、4区を考えているようで、「1区はあまり経験がないですけど、任せられたら早めにスパートしていきたい。3区なら結構前のほうでもらうことになると思うので、どんどん逃げたいですね。4区は起伏があるので、自分の得意なコース」と分析。いずれにしても、「思う存分、実力を発揮したい」と意気込む。

10月の予選会で安堵の涙を流した高槻。2024年の正月は笑顔でレースを終えるつもりだ。

広告の下にコンテンツが続きます

21年箱根駅伝では関東学生連合の8区に出走した高槻芳照

たかつき・よしてる/2001年5月18日生まれ。福島県福島市出身。福島・飯野中→学法石川高。5000m13分53秒02、10000m28分11秒99、ハーフ1時間2分19秒

文/酒井政人

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

不思議な縁に結ばれて東農大に入学

「11位、東京農業大学」のアナウンスを聞くと、涙があふれてきた。 10月14日の箱根駅伝予選会を突破し、10年ぶり70回目の出場を決めた東農大に、“新たな一歩”を呼び込んだのが主将の高槻芳照(4年)だ。 箱根予選会は1年時から3年連続のチームトップ。1年時には関東学生連合で8区に出走すると、今季は主将としてチームを引っ張ってきた。高槻が入学して、東農大は明らかに変わり始めたのだ。 そして高槻自身も、東農大と不思議な縁で結ばれていた。 福島・飯野中時代はバスケ部だったが、2年時に赴任してきた事務職員が高槻の走りを見て、「陸上を始めたほうがいいよ」と声をかけてきたという。 その職員は東農大OBで、福島市陸上競技協会の会長を務めていた。通っていた中学に陸上部はなかったが、そこから高槻は長距離レースに出場するようになり、「走るのが楽しくなって、強豪校に行きたいと思うようになったんです」。 中学時代の3000mベストが9分19秒だった高槻は、全国屈指の強豪校である学法石川高に入学。より本格的に競技に取り組むようになる。 次の転機は高校2年時の7月にあった福島県選手権10000m。現在もチームメイトの長谷部慎と高槻が1位(32分00秒62)、2位(32分06秒09)と、暑さの中でも粘り強い走りを見せた2人は、東農大の小指徹監督から勧誘を受けて、東農大の進学を決めた。 「小指さんから『絶対に伸びるぞ』と言われたんです。その後、農大以外から特に勧誘もなかったですし、必要とされたのがうれしくて、力になりたいなと思ったんです」 故障がありながらも、高槻は徐々に力をつけていき、3年時はインターハイを狙える位置にいた。 しかし、福島県大会の3000m障害を予選通過した後、胃腸炎になり、決勝は棄権している。 その後はロードで安定した走りを見せるようになり、全国高校駅伝は4区(区間20位)で出場。同学年の松山和希(東洋大)、2学年下の山口智規(早大)、長谷部らとタスキをつないで5位入賞を果たしている。 高3時の都大路は「雰囲気に飲まれた感じがありましたね」と振り返る。「長距離区間は別メニューで練習したんですけど、松山と渡辺亮太(現・東洋大4)は5000mベストが自分(14分22秒82)より20秒以上も速かったので、合わせるのが大変でした。特に松山とは実力差があったと思います」。

「今は任せられた区間を必死に走りたい」

高槻は長谷部とともに東農大に入学。2020年の箱根予選会は総合17位に終わるも、高槻が個人34位、同期の並木寧音が同47位。学内ワン・ツーを飾ったルーキーが確実に成長していくことになる。 高槻は関東学生連合のメンバーに選ばれ、8区(区間12位相当)に出場した。実は往路を走る予定だったが、12月上旬に体調を崩してしまい、復路に回った経緯がある。当時を振り返り、「最初は悔しかったのですが、応援してくれる人が多く、すごく楽しかった思い出があります」と高槻。箱根路を駆け抜け、「自分のチームで走りたい」という気持ちが強くなった。 2年時は11月の日体大長距離競技会10000mで並木が28分20秒49、高槻が28分22秒69。3年時は12月の日体大長距離競技会10000mで高槻が28分11秒99、並木が28分16秒30をマークし、戸田雅稀(現・芝浦工大プレイングコーチ)が持っていた東農大記録(28分28秒27)を2人で幾度も更新した。 「2年時はまぐれと思われたかもしれませんが、3年時でベストを更新できて、自分たちの実力を証明できたと思います」 しかし、箱根予選会の結果は伸び悩む。高槻と並木が3年連続で学内ワン・ツーを果たすも、一昨年は総合18位、昨年は夏に集団でコロナ感染してしまい、同17位だった。 今季は、インターハイ5000m日本人トップの肩書きを持った前田和摩というスーパールーキーが加入。高槻、並木、前田の強力3本柱を形成し、6月の全日本大学駅伝選考会を14年ぶりに突破した。 箱根復帰の気運は高まっていたが、高槻は夏に左足底を痛めて戦線離脱。主将不在の夏合宿でチームの足並みが乱れかけるも、主将は決戦に向けて急ピッチで仕上げてきた。 「体調的には4割くらいだった」という予選会を個人67位(1時間3分36秒)でカバー。日本人トップの快走を見せた前田の快走はあったものの、主将として伝統校を10年ぶりの箱根駅伝出場に導いた。 春先は花の2区を希望していたが、エース区間へのこだわりは消えつつある。 「2区は前田がいますし、並木も狙っている。今は任せられた区間を必死に走りたいと考えています」 自身では1区、3区、4区を考えているようで、「1区はあまり経験がないですけど、任せられたら早めにスパートしていきたい。3区なら結構前のほうでもらうことになると思うので、どんどん逃げたいですね。4区は起伏があるので、自分の得意なコース」と分析。いずれにしても、「思う存分、実力を発揮したい」と意気込む。 10月の予選会で安堵の涙を流した高槻。2024年の正月は笑顔でレースを終えるつもりだ。 [caption id="attachment_124200" align="alignnone" width="800"] 21年箱根駅伝では関東学生連合の8区に出走した高槻芳照[/caption] たかつき・よしてる/2001年5月18日生まれ。福島県福島市出身。福島・飯野中→学法石川高。5000m13分53秒02、10000m28分11秒99、ハーフ1時間2分19秒 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top