HOME 高校

2023.12.23

仙台育英は中盤の経験者で勝負 立命館宇治は序盤に主力投入 神村学園はアンカーで逆転狙う/全国高校駅伝女子
仙台育英は中盤の経験者で勝負 立命館宇治は序盤に主力投入 神村学園はアンカーで逆転狙う/全国高校駅伝女子

左から仙台育英・長岡みさき、立命館宇治・大西桃花、神村学園・瀬戸口凜

明日12月24日に行われる全国高校駅伝(京都・たけびしスタジアム京都発着)のオーダーが12月23日発表された。

【男子】倉敷は3区キバティ、4区桑田で主導権を握る布陣 佐久長聖は1区永原、5000m13分台6人全員投入

広告の下にコンテンツが続きます

女子(5区間21.0975km)の優勝候補はそれぞれの特色が出たオーダーとなった。

前々回覇者の仙台育英(宮城)は県大会の1区で19分07秒の区間新をマークしている細川あおい(2年)を1区に。前回に続き留学生のデイジー・ジェロップ(2年)が2区、長岡みさき(2年)が3区を務める。この2年生トリオで昨年と同様、トップを奪い逃げ切りを狙う。「それぞれ選手のストロングポイントを生かしたオーダーを組むことができた。4区終了時点で立命館宇治(京都)に15秒、留学生が控える神村学園(鹿児島)に1分10秒前後リードを奪いたい」と釜石慶太監督も力を込める。

11年ぶりの優勝を目指す地元・立命館宇治(京都)は、1区に前回3位と好走しているエースの山本釉未(3年)、2区に大西桃花(2年)と二枚看板を序盤に並べた。「ここまで大きな故障などもなく順調に練習を積んでこれたことが大きい。仙台育英に2区でリードを奪われても、15秒前後なら後半で巻き返せる。1時間7分前後の決着となると思うが、そのタイムを出すだけの力はついている」と荻野由信総監督も自信をのぞかせる。

2018年以来の頂点を狙う神村学園(鹿児島)は前回に引き続いて留学生のカリバ・カロライン(3年)をアンカーに起用。優勝を争うであろう「仙台育英、立命館宇治とは1分以内でアンカーにつなげれば逆転可能」と有川哲蔵監督。ポイントは2区に入ったルーキーの野口紗喜音。4区の予定だったというが、調子を上げており、3番目に長い区間への起用となった。1区の瀬戸口凜(1年)とのルーキーリレーで好位置につけて流れに乗れるか。

広告の下にコンテンツが続きます

連覇を目指す長野東(長野)は前回1区4位と流れを作った名和夏乃子(3年)が今回もスタート区間を担い、2区にはルーキーの田畑陽菜が入った。アンカーには前回2区で区間7位と力走した窪田舞(2年)を起用。東日本女子駅伝などで好走していた真柴愛里(1年)がメンバーから外れたのがどう響くか。

前回6位の薫英女学院(大阪)は1区に前回2区を担ったエースの塚本夕藍(2年)を配置。2、3区に河村璃央、仁賀あかりの1年生コンビを務める。持ち前の総合力を生かしたタスキリレーでどこまで上位に迫れるか。

注目の1区は、3000mでインターハイ7位、国体少年Aでも3位に食い込んでいる大分東明(大分)・奥本菜瑠海(3年)、インターハイ3000m8位の北九州市立(福岡)・下森美咲のほか、日本陸連のダイヤモンドアスリートに認定されている浜松市立(静岡)澤田結弥(3年)が務める。立命館宇治・山本、仙台育英。細川らとともにトップ争いを展開するか。主導権を握るためにも、ここでしっかり流れを作っておきたい。

女子は今回が第35回の記念大会。都道府県代表47校に加え、11の地区代表が争う。スタートは12月24日、10時20分だ。
文/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます
明日12月24日に行われる全国高校駅伝(京都・たけびしスタジアム京都発着)のオーダーが12月23日発表された。 【男子】倉敷は3区キバティ、4区桑田で主導権を握る布陣 佐久長聖は1区永原、5000m13分台6人全員投入 女子(5区間21.0975km)の優勝候補はそれぞれの特色が出たオーダーとなった。 前々回覇者の仙台育英(宮城)は県大会の1区で19分07秒の区間新をマークしている細川あおい(2年)を1区に。前回に続き留学生のデイジー・ジェロップ(2年)が2区、長岡みさき(2年)が3区を務める。この2年生トリオで昨年と同様、トップを奪い逃げ切りを狙う。「それぞれ選手のストロングポイントを生かしたオーダーを組むことができた。4区終了時点で立命館宇治(京都)に15秒、留学生が控える神村学園(鹿児島)に1分10秒前後リードを奪いたい」と釜石慶太監督も力を込める。 11年ぶりの優勝を目指す地元・立命館宇治(京都)は、1区に前回3位と好走しているエースの山本釉未(3年)、2区に大西桃花(2年)と二枚看板を序盤に並べた。「ここまで大きな故障などもなく順調に練習を積んでこれたことが大きい。仙台育英に2区でリードを奪われても、15秒前後なら後半で巻き返せる。1時間7分前後の決着となると思うが、そのタイムを出すだけの力はついている」と荻野由信総監督も自信をのぞかせる。 2018年以来の頂点を狙う神村学園(鹿児島)は前回に引き続いて留学生のカリバ・カロライン(3年)をアンカーに起用。優勝を争うであろう「仙台育英、立命館宇治とは1分以内でアンカーにつなげれば逆転可能」と有川哲蔵監督。ポイントは2区に入ったルーキーの野口紗喜音。4区の予定だったというが、調子を上げており、3番目に長い区間への起用となった。1区の瀬戸口凜(1年)とのルーキーリレーで好位置につけて流れに乗れるか。 連覇を目指す長野東(長野)は前回1区4位と流れを作った名和夏乃子(3年)が今回もスタート区間を担い、2区にはルーキーの田畑陽菜が入った。アンカーには前回2区で区間7位と力走した窪田舞(2年)を起用。東日本女子駅伝などで好走していた真柴愛里(1年)がメンバーから外れたのがどう響くか。 前回6位の薫英女学院(大阪)は1区に前回2区を担ったエースの塚本夕藍(2年)を配置。2、3区に河村璃央、仁賀あかりの1年生コンビを務める。持ち前の総合力を生かしたタスキリレーでどこまで上位に迫れるか。 注目の1区は、3000mでインターハイ7位、国体少年Aでも3位に食い込んでいる大分東明(大分)・奥本菜瑠海(3年)、インターハイ3000m8位の北九州市立(福岡)・下森美咲のほか、日本陸連のダイヤモンドアスリートに認定されている浜松市立(静岡)澤田結弥(3年)が務める。立命館宇治・山本、仙台育英。細川らとともにトップ争いを展開するか。主導権を握るためにも、ここでしっかり流れを作っておきたい。 女子は今回が第35回の記念大会。都道府県代表47校に加え、11の地区代表が争う。スタートは12月24日、10時20分だ。 文/花木 雫

女子全58チームのオーダーをチェック!

■左からチーム名、1区、2区、3区、4区、5区 ●都道府県代表 旭川龍谷(北海道) 中野芽衣(3年)―益塚稀(3年)―山本望結(3年)―丸山琴音(3年)―合田安伽梨(1年) 青森山田(青森) 鈴木維莉(3年)―中美姫咲(2年)―對馬万歩(2年)―野呂あかり(1年)―ルーシー・ドゥータ(2年) 花巻東(岩手) 澤村里桜菜(3年)―白木美樹(3年)―佐藤祥(3年)―橋端仁惟奈(2年)―角舘音緒(2年) 仙台育英(宮城) 細川あおい(2年)―デイシー・ジェロップ(2年)―長岡みさき(2年)―磯陽向(1年)―橘山莉乃(3年) 大曲(秋田) 鈴木彩花(2年)―菅原苺波(3年)―鈴木来都(2年)―細井杏桜(2年)―藤村愛歩(1年 山形城北(山形) 小松めい(3年)―荒木結心(1年)―大泉藍來(1年)―志釜蘭星(1年)―廣田菜々美(1年) 学法石川(福島) 湯田和未(1年)―佐藤美空(3年)―石川乃亜(2年)―佐藤舞歩(1年)―山田桃子(3年) 茨城キリスト(茨城) 木村真桜(1年)―倉科りょう(1年)―岡彩倖(2年)―幕田彩奈(1年)―山形一華(3年) 宇都宮文星女(栃木) 松本瑠莉(1年)―粕谷雫(3年)―人見芽依(1年)―深澤雫月(3年)―枝野光里(2年) 常磐(群馬) 河野愛沙美(3年)―髙橋くるみ(3年)―羽入田暖愛(3年)―田中のん(1年)―伴場瑠奈(1年) 埼玉栄(埼玉) 福山若奈(1年)―長濱心咲(1年)―丹野菜々美(3年)―成塚沙季(2年)―柿澤りん(2年) 市船橋(千葉) 中後心晴(3年)―飯田和代(3年)―横山桃花(1年)―藤重桃子(1年)―石川舞桜(1年) 錦城学園(東京) 茂野葉湖(3年)―本橋温那(1年)―今井亜実(3年)―外間結那(2年)―位田明優(3年) 白鵬女(神奈川) 古田島彩(3年)―勝呂遥香(2年)―村井菊理(1年)―沼田実菜(1年)―ジェシンタ・ニョカビ(2年) 山梨学院(山梨) 川越愛実(2年)―シャロン・ムワンティ(1年)―井手笑菜(3年)―新井帆乃花(2年)―西本佑菜(2年) 新潟明訓(新潟) 橋本和叶(2年)―寺木みのり(3年)―深澤陽菜(1年)―石倉心結(3年)―安達梨絢(3年) 長野東(長野) 名和夏乃子(3年)―田畑陽菜(1年)―下嶋優菜(3年)―橋詰史歩(3年)―窪田舞(2年) 富山中部(富山) 原舞子(2年)―佐伯紅南(3年)―春日咲重(2年)―高倉亜子(1年)―柴田美冴(2年) 遊学館(石川) 中島喜愛(2年)―任田玲実(2年)―福島七海(2年)―北村美咲(2年)―村田楓心(1年) 鯖江(福井) 上島円羅(1年)―宮川陽(2年)―中森優花(3年)―清水凜(3年)―堀結葉(3年) 浜松市立(静岡) 澤田結弥(3年)―匂坂有希(2年)―鈴木しえる(2年)―大谷芽以(1年)―鳥居夕里佳(1年) 豊川(愛知) 秋竹凛音(2年)―野村通子(3年)―小山和月(2年)―谷凪紗(1年)―藤田紅良(1年) 鈴鹿(三重) 松本未空(3年)―林里音(2年)―嵐夢乃(1年)―山中千佳(2年)―山北梨乃(1年) 美濃加茂(岐阜) 加藤萌(3年)―篠田心晴(1年)―伊藤綾音(2年)―長谷川蘭菜(3年)―宇納杏莉(2年) 比叡山(滋賀) 山中彩愛(2年)―松岡陽花(2年)―網治美空(1年)―西田咲心(2年)―大原瑚子(3年) 立命館宇治(京都) 山本釉未(3年)―大西桃花(2年)―芦田和佳(1年)―佐藤ゆあ(2年)―池田悠音(3年) 薫英女学院(大阪) 塚本夕藍(2年)―河村璃央(1年)―仁賀あかり(1年)―向井友希(3年)―小田美月(2年) 須磨学園(兵庫) 池野絵莉(1年)―関本遥(3年)―生田翠(3年)―種知里(1年)―黒田奈那(3年) 智辯カレッジ(奈良) 岡本藍里(3年)―渡邊歩花(2年)―梅本温加(3年)―中島栞菜(3年)―嶌田咲希(3年) 和歌山北(和歌山) 宮崎彩湖(2年)―折田優希(2年)―大川菜々美(1年)―松平風花(3年)―久保瑚都(2年) 鳥取城北(鳥取) 河本乙花(3年)―林千遥(1年)―土橋日菜子(3年)―金子りん(2年)―宮垣葵(2年 益田東(島根) 石田萌笑(3年)―エスター・ワンジル(3年)―広山舞(3年)―小田倫加(2年)―村上倫(3年) 興譲館(岡山) 樋口美桜(3年)―坪島さくら(3年)―大住早永(2年)―持田亜姫(3年)―チェプコルコル・アイリン(2年) 世羅(広島) 山田依茉(3年)―井上菜名(2年)―廣崎夢音(1年)―後藤彩香(3年)―ローズ・ワングイ(2年) 西京(山口) 佐々木凜(2年)―富岡一咲(2年)―中嶋菜月(1年)―佐内瑞希(3年)―神田青葉(2年) 四学香川西(香川) 香川莉々(3年)―杉村実優(3年)―豊田晄子(1年)―佐々木咲(3年)―大西由菜(2年) 鳴門(徳島) 松谷里緒(3年)―竜田そら(3年)―竜田ふわり(1年)―大塚琴心(2年)―大田愛結(2年) 八幡浜(愛媛) 清水ことね(3年)―小野琴実(2年)―山本碧唯(1年)―島袋愛央(2年)―三宅わかば(1年) 山田(高知) 穗岐山芽衣(2年)―谷渕結夏(1年)―嵐花(1年)―清藤奈穂(2年)―安喜梨花(2年) 北九州市立(福岡) 下森美咲(3年)―中村愛琉(1年)―犬塚萌衣(1年)―江藤杏梨(3年)―長町くらら(2年) 佐賀清和(佐賀) 古澤由奈(2年)―弓山由依乃(2年)―塚本海碧(3年)―坂口結音(2年)―内野彩愛(1年) 諫早(長崎) 髙瀬詩織(2年)―糸瀬陽菜(2年)―増丸奈央(2年)―北浦りりあ(2年)―森田そよ香(2年) 大分東明(大分) 奥本菜瑠海(3年)―瀧川ゆめ(1年)―藤戸華(2年)―井心音(2年)―萩原こころ(2年) ルーテル学院(熊本) 古木愛莉(2年)―吉田あゆ(2年)―藤岡真実(2年)―角銅菜々(2年)―日置澪(2年) 小林(宮崎) 菅原心菜(1年)―石川美沙希(2年)―河野咲羽(2年)―櫨元美波(1年)―片山乙葉(3年) 神村学園(鹿児島) 瀬戸口凜(1年)―野口紗喜音(1年)―黒神璃菜(2年)―小倉陽菜(2年)―カリバ・カロライン(3年) 北山(沖縄) 親川杏花(2年)―江洲桃(1年)―城間風華(3年)―喜瀬桜子(2年)―仲村奈穂(3年) ●地区代表 札幌創成(北海道) 吉田彩心(1年)―北村美紅(2年)―松坂在里(3年)―小林澪歩(2年)―森口まなか(3年) 盛岡誠桜(東北/岩手) 川端心(2年)―金野清佳(2年)―佐々木結彩(1年)―平野結(3年)―岡田愛里(3年) 水城(北関東/茨城) 鈴木凜皇(2年)―鈴木綾乃(3年)―神奈川心菜(2年)―大山凛(1年)―畠山美希(2年) 東海大相模(南関東/神奈川) 近藤希美(3年)―菅野こころ(2年)―横山夕夏(3年)―森美空(2年)―増尾栞菜(1年) 帝京長岡(北信越/新潟) 山田優花(2年)―パウリン・ワンジク(1年)―村山愛純美(3年)―井沢心々凪(1年)―相浦小姫(3年) 豊田大谷(東海/愛知) 石川桜子(3年)―山本滝穂(3年)―森千莉(3年)―嵯峨崎恋花(3年)―中馬蘭奈(3年) 東大阪大敬愛(近畿/大阪) 野上菜那(3年)―北村凜(2年)―朝野流南(1年)―黒木優依(2年)―新井えりか(3年) 銀河学院(中国/広島) 森安桃風(3年)―髙橋美月(3年)―山根優奈(1年)―坂﨑莉奈(1年)―細見芽生(2年) 高松工芸(四国/香川) 松田ひな乃(2年)―木内菜摘(2年)―後藤小羽音(2年)―植松愛波(3年)―石谷亜由(3年) 筑紫女学園(北九州/福岡) 金森詩絵菜(2年)―大熊さわ(1年)―明石初花(2年)―福山光(3年)―佐々木玲奈(1年) 千原台(南九州/熊本) 平方杏奈(2年)―吉原碧彩(1年)―本田心七海(3年)―松野姫子(2年)―槌田美空(2年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top