HOME 国内

2023.12.22

広沢真愛が東邦銀行を退部 ケガ続くも「応援のお陰でここまで頑張れた」大学時代にインカレ4冠、現役続行 中村美宇、馬場優純も退部
広沢真愛が東邦銀行を退部 ケガ続くも「応援のお陰でここまで頑張れた」大学時代にインカレ4冠、現役続行 中村美宇、馬場優純も退部

広沢真愛

東邦銀行は12月22日、今シーズン限りで広沢真愛、中村美宇、馬場優純の3選手が退部すると発表した。

広沢は東京出身の26歳。日体大3年時に200m、400m、4×100m、4×400m両リレーの4冠を成し遂げた。100mで11秒53、200mで23秒86、400mは53秒27のベストを持つ。2020年度から東邦銀行に加入も、その後は度重なるケガに泣いた。

東邦銀行を通じ、「私は初めて地元を離れて来ましたが、福島県の自然の中で、思いっきり陸上競技に集中して打ち込むことができました。考えて理解し、身体に落とし込むということなど、陸上競技をより一層学ぶこともできました」と言い、「ケガ続きではありましたが、さまざまな場面でのサポートや温かい応援のお陰で、ここまで頑張ることができました」と感謝のコメントを発表した。

中距離の中村は「2年間という短い期間ではありましたが、大好きな陸上競技を思う存分やらせていただけたこの環境にとても感謝しています」とコメント。

走幅跳の馬場優純は「これからはこの4年間で培ってきた知識や経験を生かし、また新たな環境で陸上競技に打ち込んでいきたい」とコメントしている。

広沢と馬場は新たな環境で競技を続け、中村については未定としている。

東邦銀行は12月22日、今シーズン限りで広沢真愛、中村美宇、馬場優純の3選手が退部すると発表した。 広沢は東京出身の26歳。日体大3年時に200m、400m、4×100m、4×400m両リレーの4冠を成し遂げた。100mで11秒53、200mで23秒86、400mは53秒27のベストを持つ。2020年度から東邦銀行に加入も、その後は度重なるケガに泣いた。 東邦銀行を通じ、「私は初めて地元を離れて来ましたが、福島県の自然の中で、思いっきり陸上競技に集中して打ち込むことができました。考えて理解し、身体に落とし込むということなど、陸上競技をより一層学ぶこともできました」と言い、「ケガ続きではありましたが、さまざまな場面でのサポートや温かい応援のお陰で、ここまで頑張ることができました」と感謝のコメントを発表した。 中距離の中村は「2年間という短い期間ではありましたが、大好きな陸上競技を思う存分やらせていただけたこの環境にとても感謝しています」とコメント。 走幅跳の馬場優純は「これからはこの4年間で培ってきた知識や経験を生かし、また新たな環境で陸上競技に打ち込んでいきたい」とコメントしている。 広沢と馬場は新たな環境で競技を続け、中村については未定としている。

東邦銀行を退部する3選手のコメント全文

●広沢真愛 私は初めて地元を離れて来ましたが、福島県の自然の中で、思いっきり陸上競技に集中して打ち込むことができました。陸上競技部では、ただ走るだけでなく、考えて理解し、身体に落とし込むということなど、陸上競技をより一層学ぶこともできました。また、社会人になってもチームみんなで刺激し合いながら活動することができ、とてもありがたい環境でした。 私自身この4年間は、怪我続きではありましたが、様々な場面でのサポートや温かい応援のお陰で、ここまで頑張ることができました。本当に感謝しています。ありがとうございます。 今後も、今まで学んできたことを生かして、目標を達成できるように頑張ります。これまで、本当にありがとうございました。 ●中村美宇 2年間という短い期間ではありましたが、大好きな陸上競技を思う存分やらせていただけたこの環境にとても感謝しています。 時には上手くいかないことがあっても、こうして今まで陸上競技に一生懸命打ち込めたのは、皆さまからの大きな支えや応援があったからこそだと強く感じています。 自分の思い描いたような結果を出すことはできませんでしたが、ここで学んできたことや得たことは、自分が成長してきた財産の1つとして残っています。この学び得たことをしっかりと握りしめて、これからの新しい道でもまた目標をもって突き進んでいこうと思います。 たくさんのご声援、本当にありがとうございました。 ●馬場優純コメント 高校卒業後、親元を離れ福島に引っ越し、慣れない土地での生活で初めは戸惑うこともたくさんありました。 改めてこの四年間を振り返れば、到底一人では乗り越えられなかった出来事が本当にたくさんあったと思います。 ですが、その度にチームメイトや職場の方々をはじめ、本当に沢山の方々に支えていただき、ここまで諦めずに陸上競技に打ち込むことができました。 今まで頂いてきた沢山の言葉や声援のおかげで今の自分があると思っています。 本当にありがとうございました。 これからはこの四年間で培ってきた知識や経験を活かし、また新たな環境で陸上競技に打ち込んでいきたいと思います。 改めまして、四年間本当にありがとうございました。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top