月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】20km競歩ドーハ銅カールストレームが五輪参加標準突破


9月18日、リトアニアのアリートゥスで開催された国際競歩フェスティバル(the International Race Walking Festival in)の男子20km競歩で、ドーハ世界記録銅メダリストのP.カールストレーム(スウェーデン)が1時間20分58秒で優勝した。ロード競技については、9月1日よりオリンピックの選考として利用できるようになったため、来年の東京五輪の選考のためのパフォーマンスとして有効となる。カールストレームの優勝記録は1時間21分00秒の参加標準記録を突破した。

同大会の女子20km競歩で1時間30分54秒を出し優勝したリトアニアのB.ビルバリテも、五輪参加標準記録(1時間31分00秒)を上回るタイムでフィニッシュした。

9月19日には中国・台安での競歩選手権が行われ、王凱華(Wang Kaihua)が男子20km競歩を1時間20分49秒で制した。リオ五輪銀メダリストの蔡澤林(Zelin CAI)ら有力選手を抑えての優勝だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com