月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】日本選手権エントリーリストが発表 桐生は100mのみ 高橋萌木子7年ぶり出場へ


10月1日から3日まで、新潟・デンカビッグスワンで開催される第104回日本選手権のエントリーリストと競技日程が発表された。

男子短距離で昨年2冠を達成しているサニブラウン・アブデル・ハキームはエントリーせず。桐生祥秀(日本生命)は100mのみ出場予定。小池祐貴(住友電工)と飯塚翔太(ミズノ)は100m、200mの2種目でエントリーした。男子走幅跳や110mハードルといった注目種目の上位選手たちは順当に名を連ねている。

女子短距離では、昨年100mで高校生優勝を果たした御家瀬緑(住友電工)や、今季ケガで出遅れている土井杏南(JAL)らがエントリー。100m、200m日本記録保持者の福島千里(セイコー)は期間内に参加標準記録を突破できなかった。一方、高橋萌木子(ワールドウィング)が女子100m参加上限の40人目で資格を得ており、出場となれば2013年以来7年ぶりとなる。

■日本選手権(※長距離、混成競技は別日程)
10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワン
実施種目
1日目(15:00~19:45予定)
【男子】100m予選・準決勝/400m予選/1500m予選/400mH予選/砲丸投/やり投
【女子】100m予選・準決勝/400m予選/1500m予選/走高跳/走幅跳/棒高跳/砲丸投/やり投
2日目(14:30~20:40予定)
【男子】100m決勝/200m予選/400m決勝/800m予選/1500m決勝/110mH予選・準決勝/400mH決勝/走幅跳/棒高跳/ハンマー投(※)
【女子】100m決勝/200m予選/400m決勝/800m予選/1500m決勝/100mH予選・準決勝/400mH予選/三段跳/ハンマー投(※)
3日目(14:00~18:00)
【男子】200m決勝/800m決勝/110mH決勝/走高跳/三段跳/円盤投(※)
【女子】200m決勝/800m決勝/100mH決勝/400mH決勝/円盤投(※)
※=デンカスワンフィールド(補助競技場)で実施

日本陸連 日本選手権大会HP
エントリーリスト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com