月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【陸上】21歳・キメリが10000m26分58秒97今季世界最高


9月19日、ライデン(オランダ)で開催されたゴールデンスパイクミーティングの男子10000mでN.キメリ(ケニア)が、自己新記録の26分58秒97で優勝した。この記録は今季世界最高。キメリは19年ドーハ世界選手権の5000mで8位に入賞している21歳(今月末に22歳になる)で、10000mのこれまでの自己記録は17年に出した29分52秒15。それ以来3年間この種目に出場しておらず、大幅な自己記録更新となった。

ダイヤモンドリーグ・ローマ大会が9月18日に行われ、女子100mでE.トンプソン-ヘラー(ジャマイカ)が10秒85の今季世界最高を出して優勝。16年リオ五輪100m、200mの覇者で、世界選手権でも複数回入賞している。男子3000mではJ.キプリモ(ウガンダ)7分26秒64の今季世界最高、ウガンダ記録をマークした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com