HOME 国内

2023.12.10

塩尻和也が「26分台」見える27分09秒80!3年ぶり日本新で5000mと2冠「自信を持って競技できています」/日本選手権10000m
塩尻和也が「26分台」見える27分09秒80!3年ぶり日本新で5000mと2冠「自信を持って競技できています」/日本選手権10000m

23年日本選手権男子10000mで27分09秒80の日本新で初優勝を飾った塩尻和也

◇第107回日本選手権10000m(12月10日 東京・国立競技場)

第107回日本選手権10000mが行われ、男子は塩尻和也(富士通)が27分09秒80の日本新記録で初優勝を飾った。6月の5000mを含む2冠に輝いた。

広告の下にコンテンツが続きます

同じ五輪イヤー前年の12月開催だった2020年の日本選手権。相澤晃(旭化成)が27分18秒75の日本新、伊藤達彦(Honda)が27分25秒73、田村和希(住友電工)が27分28秒92と、上位3人が従来の日本記録(27分29秒69)を塗り替え、相澤と伊藤が東京五輪標準を突破。相澤が代表に即時内定するという歴史的レースが繰り広げられた。

そしてこの夜、その歴史は塗り替えられた。その主役となったのが塩尻。9000mから圧巻のロングスパートを放ち、日本人で初めて27分ひとケタに乗せる激走に、「日本記録での優勝を目標を置いていた。達成できてうれしい」と胸を張った。

2位の太田が27分12秒53、3位の相澤も27分13秒04と従来の日本記録を上回り、田澤も自己ベストを更新する27分22秒31。日本歴代1~4位が一気に誕生する史上最高水準のレースとなった。

「中盤まで先頭について、勝負どころの8000m過ぎがポイントだと思っていた」という想定通り、電子ペーサーの最速ペース「27分15秒00」を視野に入れた先頭集団の流れに身を置く。

広告の下にコンテンツが続きます

5000mを13分40秒で通過した段階で、ペースメーカー役のシトニック・キプロノ(黒崎播磨)に続く先頭集団は8人。塩尻はその中央付近に陣取った。そこから1周ごとに人数が削られ、7000mではトヨタ自動車の太田智樹と田澤廉、小林歩(NTT西日本)、塩尻、相澤の5人となった。

いよいよ、塩尻が「勝負どころ」と見た8000mを過ぎる。その1周前に小林が脱落し、8400mで田澤が苦しくなった。そして9000m、満を持して塩尻が前に出る。

意識は「日本記録ペースだったので、無理に切り替えるよりは、落とさないようにすること」だったが、相澤、太田を一気に置き去りにした。

5月のブダペスト世界選手権選考レースだったゴールデンゲームズinのべおか、6月の日本選手権5000mなど、今季に入って塩尻が見せてきた終盤の強さを、ここでも見せつけた。

広告の下にコンテンツが続きます

パリ五輪の参加標準記録27分00秒00まであと10秒弱。「今回オリンピックの標準を突破すれば内定だったので、そこは達成できず力不足」と言いつつも、日本人初の26分台が十分に視野に入ってきた。「5000mに続いて勝つことができ、自信をもって競技に取り組んでいくことができると思います」と胸を張る。

順大2年だった2016年のリオ五輪には3000m障害で出場したが、大会直前の追加枠でのもの。東京五輪はケガなどで思うように走れない時期で選考にからむことすらできなかった。

27歳を迎え、充実期。塩尻は2度目の五輪に向けて突き進む。

◇第107回日本選手権10000m(12月10日 東京・国立競技場) 第107回日本選手権10000mが行われ、男子は塩尻和也(富士通)が27分09秒80の日本新記録で初優勝を飾った。6月の5000mを含む2冠に輝いた。 同じ五輪イヤー前年の12月開催だった2020年の日本選手権。相澤晃(旭化成)が27分18秒75の日本新、伊藤達彦(Honda)が27分25秒73、田村和希(住友電工)が27分28秒92と、上位3人が従来の日本記録(27分29秒69)を塗り替え、相澤と伊藤が東京五輪標準を突破。相澤が代表に即時内定するという歴史的レースが繰り広げられた。 そしてこの夜、その歴史は塗り替えられた。その主役となったのが塩尻。9000mから圧巻のロングスパートを放ち、日本人で初めて27分ひとケタに乗せる激走に、「日本記録での優勝を目標を置いていた。達成できてうれしい」と胸を張った。 2位の太田が27分12秒53、3位の相澤も27分13秒04と従来の日本記録を上回り、田澤も自己ベストを更新する27分22秒31。日本歴代1~4位が一気に誕生する史上最高水準のレースとなった。 「中盤まで先頭について、勝負どころの8000m過ぎがポイントだと思っていた」という想定通り、電子ペーサーの最速ペース「27分15秒00」を視野に入れた先頭集団の流れに身を置く。 5000mを13分40秒で通過した段階で、ペースメーカー役のシトニック・キプロノ(黒崎播磨)に続く先頭集団は8人。塩尻はその中央付近に陣取った。そこから1周ごとに人数が削られ、7000mではトヨタ自動車の太田智樹と田澤廉、小林歩(NTT西日本)、塩尻、相澤の5人となった。 いよいよ、塩尻が「勝負どころ」と見た8000mを過ぎる。その1周前に小林が脱落し、8400mで田澤が苦しくなった。そして9000m、満を持して塩尻が前に出る。 意識は「日本記録ペースだったので、無理に切り替えるよりは、落とさないようにすること」だったが、相澤、太田を一気に置き去りにした。 5月のブダペスト世界選手権選考レースだったゴールデンゲームズinのべおか、6月の日本選手権5000mなど、今季に入って塩尻が見せてきた終盤の強さを、ここでも見せつけた。 パリ五輪の参加標準記録27分00秒00まであと10秒弱。「今回オリンピックの標準を突破すれば内定だったので、そこは達成できず力不足」と言いつつも、日本人初の26分台が十分に視野に入ってきた。「5000mに続いて勝つことができ、自信をもって競技に取り組んでいくことができると思います」と胸を張る。 順大2年だった2016年のリオ五輪には3000m障害で出場したが、大会直前の追加枠でのもの。東京五輪はケガなどで思うように走れない時期で選考にからむことすらできなかった。 27歳を迎え、充実期。塩尻は2度目の五輪に向けて突き進む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top