HOME 国内

2023.12.02

長嶋幸宝がU20日本歴代2位の27分44秒86!!高卒で実業団選択「涙を流したこともあった」「プロとして陸上界を盛り上げたい」/日体大NCG
長嶋幸宝がU20日本歴代2位の27分44秒86!!高卒で実業団選択「涙を流したこともあった」「プロとして陸上界を盛り上げたい」/日体大NCG

NCG10000mでケニア人ランナーや学生を抑え、トップでフィニッシュした長嶋幸宝

第311回日体大長距離競技会兼第7回NITTAIDAI Challenge Gamesが12月2日に行われ、NCG男子10000mで長嶋幸宝(旭化成)がU20日本歴代2位となる27分44秒86をマークした。

会心のレースを終えた後、「よっしゃー!」と雄叫びを上げ、スタッフと喜びを分かち合うと、「大野さんの記録は超えましたか!?」と長嶋。1週間前、佐藤圭汰(駒大)に抜かれるまでは、長くU20日本記録として君臨していた27分59秒32は旭化成の大先輩でもある大野龍二が作った記録だった。佐藤の27分28秒50、そして大野の記録は高校卒業2年目のもの(早生まれ)。そのため、高卒1年目として初めて27分台をマークしたランナーとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

ペースを示すウエーブライトの27分50秒をターゲットに進んだレース。ペースメーカーを含め「外国人の方々のペースが上がったり、下がったりしていました」と、記録を狙う大会としては安定しなかった。しかし、「海外レースでもあること」と切り替え、27分台ランナーの吉田礼志(中央学大)にピタリとついた。

「絶対に離れちゃダメ」と粘ると、ラスト2000mでややペースが落ちた時に「日本人トップも狙っていた。これは一番を取るしかない」と、元々は残り150mからと考えていたスパートだったが、残り2周を切ったところで鮮烈なロングスパートをかけて引き離した。会場にいたギャラリーや、運営している日体大の学生たちから「やばい」「出るぞ」と声が聞こえるなか、勢いよくフィニッシュに飛び込んだ。

中学時代から全中3000mで3位と世代トップクラスのランナーで、兵庫の名門・西脇工高では5000mで13分37秒46(当時高校歴代6位)をマークし、昨年の全国高校駅伝1区でも独走劇で区間賞を獲得した。大学ではなく世界への近道だと選んだのは旭化成だった。

1年目からU20アジア選手権3000mと5000mの2冠など活躍したが、「前半シーズンはまったく結果が出なくて泣いてしまったこともありました」。だが、刺激になったのは、同じ兵庫で競い合ってきた前田和摩(東農大)の存在だった。

広告の下にコンテンツが続きます

大学長距離界で輝きを放つ前田に「一番近くで走ってきた選手。彼が走れて僕が走れないわけがない」と大きな刺激を受けた。「ケガなく練習が積めるようになった」と言い、11月の九州実業団駅伝では旭化成Bとオープンながら1区4位相当と力走。10000mでは10月に28分39秒16。着実に成長している中で迎えた今回のレース。「これで前田君とまた同じ舞台で走って競り合えるように」と自信を深めた。

実業団を選んだことで「無理だとか思われたかもしれませんが、自分には絶対にできるんだ、とその声に逆らいたかった」。そして「(プライドも)ありますが、プロとして活動しているようなものなので、自分だけの結果ではなく、陸上界を盛り上げたい気持ちがあります」と語る。

「日体大は記録が出ると聞いていて、最高の準備をして作り上げてくださって、そうした最高の舞台で結果を出せて本当にうれしいです」と感謝の言葉を並べる。

12月の日本選手権には間に合わなかったが、来年5月の日本選手権10000mを見据える長嶋。「チーム内にも強い先輩たちがいます。トラックでオリンピックや世界選手権に出て、世界の選手と勝負がしたい。来年のパリはポイント(ワールドランキング)的にも厳しいと思いますが、東京世界選手権に出たいです。まだ1年目なので、まずは土台作りをしていきます」。

広告の下にコンテンツが続きます

「幸宝」と書いて「そなた」と呼ぶ長距離界のホープ。その名をしっかりと刻んでおかなくてはならないだろう。

第311回日体大長距離競技会兼第7回NITTAIDAI Challenge Gamesが12月2日に行われ、NCG男子10000mで長嶋幸宝(旭化成)がU20日本歴代2位となる27分44秒86をマークした。 会心のレースを終えた後、「よっしゃー!」と雄叫びを上げ、スタッフと喜びを分かち合うと、「大野さんの記録は超えましたか!?」と長嶋。1週間前、佐藤圭汰(駒大)に抜かれるまでは、長くU20日本記録として君臨していた27分59秒32は旭化成の大先輩でもある大野龍二が作った記録だった。佐藤の27分28秒50、そして大野の記録は高校卒業2年目のもの(早生まれ)。そのため、高卒1年目として初めて27分台をマークしたランナーとなる。 ペースを示すウエーブライトの27分50秒をターゲットに進んだレース。ペースメーカーを含め「外国人の方々のペースが上がったり、下がったりしていました」と、記録を狙う大会としては安定しなかった。しかし、「海外レースでもあること」と切り替え、27分台ランナーの吉田礼志(中央学大)にピタリとついた。 「絶対に離れちゃダメ」と粘ると、ラスト2000mでややペースが落ちた時に「日本人トップも狙っていた。これは一番を取るしかない」と、元々は残り150mからと考えていたスパートだったが、残り2周を切ったところで鮮烈なロングスパートをかけて引き離した。会場にいたギャラリーや、運営している日体大の学生たちから「やばい」「出るぞ」と声が聞こえるなか、勢いよくフィニッシュに飛び込んだ。 中学時代から全中3000mで3位と世代トップクラスのランナーで、兵庫の名門・西脇工高では5000mで13分37秒46(当時高校歴代6位)をマークし、昨年の全国高校駅伝1区でも独走劇で区間賞を獲得した。大学ではなく世界への近道だと選んだのは旭化成だった。 1年目からU20アジア選手権3000mと5000mの2冠など活躍したが、「前半シーズンはまったく結果が出なくて泣いてしまったこともありました」。だが、刺激になったのは、同じ兵庫で競い合ってきた前田和摩(東農大)の存在だった。 大学長距離界で輝きを放つ前田に「一番近くで走ってきた選手。彼が走れて僕が走れないわけがない」と大きな刺激を受けた。「ケガなく練習が積めるようになった」と言い、11月の九州実業団駅伝では旭化成Bとオープンながら1区4位相当と力走。10000mでは10月に28分39秒16。着実に成長している中で迎えた今回のレース。「これで前田君とまた同じ舞台で走って競り合えるように」と自信を深めた。 実業団を選んだことで「無理だとか思われたかもしれませんが、自分には絶対にできるんだ、とその声に逆らいたかった」。そして「(プライドも)ありますが、プロとして活動しているようなものなので、自分だけの結果ではなく、陸上界を盛り上げたい気持ちがあります」と語る。 「日体大は記録が出ると聞いていて、最高の準備をして作り上げてくださって、そうした最高の舞台で結果を出せて本当にうれしいです」と感謝の言葉を並べる。 12月の日本選手権には間に合わなかったが、来年5月の日本選手権10000mを見据える長嶋。「チーム内にも強い先輩たちがいます。トラックでオリンピックや世界選手権に出て、世界の選手と勝負がしたい。来年のパリはポイント(ワールドランキング)的にも厳しいと思いますが、東京世界選手権に出たいです。まだ1年目なので、まずは土台作りをしていきます」。 「幸宝」と書いて「そなた」と呼ぶ長距離界のホープ。その名をしっかりと刻んでおかなくてはならないだろう。

男子100000m U20日本歴代10傑

27.28.50 佐藤圭汰(駒大2)      2023.11.25 27.44.86 長嶋幸宝(旭化成)      2023.12. 2 27.59.32 大野龍二(旭化成)      2004. 6. 5 28.03.51 前田和摩(東農大1)     2023. 6.17 28.03.90 吉居大和(中大2)      2021.12. 4 28.05.91 石原翔太郎(東海大2)    2021. 5.20 28.06.27 吉居駿恭(中大1)      2022.11.26 28.07.39 佐藤悠基(佐久長聖高3長野) 2004.11.27 28.10.32 佐藤秀和(仙台育英高3宮城) 2004.11.27 28.12.81 北村 聡(日体大1)     2004.11.27

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top