HOME 編集部コラム

2023.11.24

編集部コラム「箱根駅伝1万5000人目の走者は誰だ!?」

毎週金曜日更新!?
★月陸編集部★
攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第223「箱根駅伝1万5000人目の走者は誰だ!?(大久保雅文)

広告の下にコンテンツが続きます

11月も下旬となり、日に日に駅伝界も編集部も「箱根駅伝モード」となりつつあります。

2024年の大会は記念すべき100回大会ということで、来週29日には月刊陸上競技増刊「箱根駅伝 百継 未来への襷」を発売します!さらに12月以降にも発売される月刊陸上競技、2024年箱根駅伝公式ガイドとともに、お手にとっていただければと思います。

「箱根駅伝 百継 未来への襷」

さて、次回で100回を迎える箱根駅伝。これまで何人の選手が箱根路を走ったかをご存じでしょうか。箱根駅伝は今も昔もスタートは東京、フィニッシュは箱根。往路、復路それぞれ5区間ずつに分けて、1チーム10人の選手が走ってきました。

広告の下にコンテンツが続きます

今年の99回大会までに出場した学校はオープン参加を含めると44校。前々回、初出場を果たした駿河台大が44チーム目でした。さらに、79回大会から編成されている関東学生連合(89回大会までは関東学連選抜)や80回大会で出場した日本学連選抜も加えると46チームが出場したことになります。

出場回数は中大の96回が最多で、以下、早大の92回、日大の89回と続きます。これらの出場校の出場回数を積み重ねた数字は1490回です。ただ、これだけではありません。筑波大の出場回数は61回となっていますが、第23回、25回大会は前身の東京文理科大と東京体育専門学校が重複で出場しており、この重複分の2回を加える必要があります。

さらに昭和20年代までは、走行していた選手がケガなどで走れなくなった場合は、補欠が手前の中継所から走り直せば棄権とはならないというルールがありました。このルールが適用されたのは第29回大会までに5例あり、正式記録には残らないものの、5人が箱根路を走っています。

以上の計算を合わせると、これまで走った1492チームの10人に、途中棄権で走行不能になった5人を加えて、のべ14925人がタスキを掛けて箱根駅伝を走ったことになるのです。

広告の下にコンテンツが続きます

そして、次の100回大会では箱根駅伝15000人目のランナーが誕生します。

15000-14925で、75人目に出走する選手がそれに該当しますが、100回大会の出場チームは23チーム。3区までに69人が走るので、4区を6番目にスタートする選手が記念ランナーとなるのです。

「箱根駅伝 百継 未来への襷」では箱根駅伝の歴史を出場した選手や監督達のインタビュー、対談などを含めて紹介しており、データでも出身高ランキングなど普段は表にでないようなものを掲載しています。数量限定ですので、書店やオンラインストアなので、お早めにご購入いただければと思います。

大久保雅文(おおくぼ・まさふみ)
月刊陸上競技編集部
1984年9月生まれ。175cm、63kg。三重県伊勢市出身。小学1年から競泳、レスリング、野球などをするも、吉田沙保里さんにタックルを受けたこと以外は特にこれといった実績も残せず。中学で「雨が降ったら練習が休みになるはず」という理由から陸上部に入部。長距離を専門とし、5000mと3000m障害で県インターハイ決勝出場(ただし、三重県には支部予選もなく、県大会もタイムレース決勝である)
毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第223「箱根駅伝1万5000人目の走者は誰だ!?(大久保雅文)

11月も下旬となり、日に日に駅伝界も編集部も「箱根駅伝モード」となりつつあります。 2024年の大会は記念すべき100回大会ということで、来週29日には月刊陸上競技増刊「箱根駅伝 百継 未来への襷」を発売します!さらに12月以降にも発売される月刊陸上競技、2024年箱根駅伝公式ガイドとともに、お手にとっていただければと思います。 「箱根駅伝 百継 未来への襷」 さて、次回で100回を迎える箱根駅伝。これまで何人の選手が箱根路を走ったかをご存じでしょうか。箱根駅伝は今も昔もスタートは東京、フィニッシュは箱根。往路、復路それぞれ5区間ずつに分けて、1チーム10人の選手が走ってきました。 今年の99回大会までに出場した学校はオープン参加を含めると44校。前々回、初出場を果たした駿河台大が44チーム目でした。さらに、79回大会から編成されている関東学生連合(89回大会までは関東学連選抜)や80回大会で出場した日本学連選抜も加えると46チームが出場したことになります。 出場回数は中大の96回が最多で、以下、早大の92回、日大の89回と続きます。これらの出場校の出場回数を積み重ねた数字は1490回です。ただ、これだけではありません。筑波大の出場回数は61回となっていますが、第23回、25回大会は前身の東京文理科大と東京体育専門学校が重複で出場しており、この重複分の2回を加える必要があります。 さらに昭和20年代までは、走行していた選手がケガなどで走れなくなった場合は、補欠が手前の中継所から走り直せば棄権とはならないというルールがありました。このルールが適用されたのは第29回大会までに5例あり、正式記録には残らないものの、5人が箱根路を走っています。 以上の計算を合わせると、これまで走った1492チームの10人に、途中棄権で走行不能になった5人を加えて、のべ14925人がタスキを掛けて箱根駅伝を走ったことになるのです。 そして、次の100回大会では箱根駅伝15000人目のランナーが誕生します。 15000-14925で、75人目に出走する選手がそれに該当しますが、100回大会の出場チームは23チーム。3区までに69人が走るので、4区を6番目にスタートする選手が記念ランナーとなるのです。 「箱根駅伝 百継 未来への襷」では箱根駅伝の歴史を出場した選手や監督達のインタビュー、対談などを含めて紹介しており、データでも出身高ランキングなど普段は表にでないようなものを掲載しています。数量限定ですので、書店やオンラインストアなので、お早めにご購入いただければと思います。
大久保雅文(おおくぼ・まさふみ) 月刊陸上競技編集部 1984年9月生まれ。175cm、63kg。三重県伊勢市出身。小学1年から競泳、レスリング、野球などをするも、吉田沙保里さんにタックルを受けたこと以外は特にこれといった実績も残せず。中学で「雨が降ったら練習が休みになるはず」という理由から陸上部に入部。長距離を専門とし、5000mと3000m障害で県インターハイ決勝出場(ただし、三重県には支部予選もなく、県大会もタイムレース決勝である)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top